«  「反貧困」 | トップページ |  「地下鉄のザジ」 »

2009年3月14日 (土)

 漆間巌と「ねじまき鳥クロニクル」

<人気ブログランキングへp>3月14日付「世に倦む日々」のブログ記事、”漆間巌と「ねじまき鳥クロニクル」ー 対ソ謀略工作員の運命”を読んで見た。漆間巌と村上春樹。一見すると関係が無さそうなふたりを結びつける記号が旧ソ連だ。

「世に倦む日々」ブログ主が注目する現在官僚トップの怪人物、漆間巌。ブログ主は彼の経歴は対ソ諜報工作責任者、それも軍事諜報エリートとして警察庁から出向していたキャリア官僚のそれではないかと疑っている。それも自分で望んで出向したとすれば、不気味な趣向の官僚と言える。隠密裏にすべては決定されてゆく。謀略も然りだ。

そこから、日頃それほど注目されないノモンハン事件、(1939年)に話を持って行っているのは、流石だと思う。村上春樹は「辺境・近境」の中で、”まるで戦闘直後の現場そのもの”と50年後の戦場跡を訪れ、その感想を書き留め、司馬遼太郎に書くべき資料を集めるだけ集めてさせて”この戦争を書いたら僕は死んでしまう”と言わせたノモンハン戦争。

僕は田中克彦の著作に出会うまで、この戦争をモンゴル共和国が「チチハル河の戦い」と呼び、祖国防衛戦争と歴史的に位置付けていることを全く知らなかった。モンゴル共和国の立場に立てば、正にモンゴル共和国内を流れているチチハル河挟み、1939年5月から8月まで断続的に戦われた大戦争なのだから当然なのだ。

もちろん、モンゴル共和国軍もソ連の武器で共同して日本の帝国陸軍と戦っている。この戦争の戦略的位置付けは「世に倦む日々」の3月14日付けタイトル記事を読んで貰えば理解出来るのでここでは触れない、ただ、双方が19,000人前後の死傷者を出し、日ソが他国の領土で戦った2度目の戦争だったことは覚えて置きたい。

ノモンハン戦争については不思議な程日本語での著作は少ない。ただ、米ソで優れた著作が出されており下記のように日本語訳で読むことが出来る。日本映画では山本薩夫監督「戦争と人間」第3部(1973年日活)を観て欲しい。敗戦間際、旧満州で絶望的な戦闘を強いられた作家、五味川純平の実体験に基づいて作られた大作として知られている。

本日の最後に、どう有っても漆間巌、大林宏、安部晋三による謀略に乗せられてはいけないと言いたい。彼等はロシアとの戦争を諦めてはいない。折しも安倍晋三は復活を狙っている。米国は植民地兵として自衛隊が戦争に参加するのは大賛成だろう。自衛隊兵を自分達の楯にすれば良いだけなのだから。米国の戦略は大統領が変わったからと言って変わりはしない。

参考書籍

「ことばと国家」田中克彦 岩波新書 1981

「ノモンハンの戦い」S.N.シュシキン 田中克彦訳 岩波書店 2001

「ノモンハン草原の日ソ戦 1939」A.D.クックス 岩崎俊夫 吉本晋一郎訳 朝日新聞社1989 

|

«  「反貧困」 | トップページ |  「地下鉄のザジ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/29543765

この記事へのトラックバック一覧です:  漆間巌と「ねじまき鳥クロニクル」:

«  「反貧困」 | トップページ |  「地下鉄のザジ」 »