«  「大江戸歌舞伎はこんなもの」が面白い | トップページ |  幸徳秋水と大逆事件 »

2009年3月 7日 (土)

 武士の誇りと 庶民の欲

昨日3月6日(金)「大江戸歌舞伎はこんなもの。」と言うタイトルのブログを書いたが、すこし続きを書きたい。
別に、江戸期以前のサムライ階級が立派だったとも思わないが、少なくとも江戸期の武士階級に護民官的な要素がなければ幕藩大名は成り立たなかっただろう。読書階級の武士は平時には官僚組織として働いたが、悪政を敷けば幕府に取りつぶされたからだ。

司馬遼太郎はヨーロッパ人の眼を借りて、ある幕末小説の中で庶民の生態を次のように描写している。これは開港直後の横浜港関内の外にたむろする人足達を見た白人の観察録から採られているようだ。”胸はくぼんでおり、ガニ股で歩く土民たち”。彼等は貧相でやせており、下帯ひとつで路傍で賭けをし、始終大声でやかましく立ち騒いでいる。”、欧米人の眼から見て武士階級と庶民階級は全く人種が違うと思われていた。その位、肉体や顔かたち、立ち居振る舞いは武士と庶民では大きく異なっていた。

武士は富を持つことは許されなかったが代わりに誇りを持たされ、農民や町人は土地や富を持つことは許されたが誇りを持つことは許されなかった。その結果、百姓町人は武士階級に対して際限なく卑屈に振舞うことを余儀なくられた。とも司馬遼太郎は続ける。もちろん、大名貸しをするほどの大商人はその限りではなかったろうが。

司馬遼太郎は現代のサラリーマンが上司や社長に対して時に見せる卑屈さが、どうにも遣り切れないと書く。そこに江戸封建の階級差が放つ270年の腐臭を嗅ぐからだろうか、とこのブログで書いたら穿ち過ぎか。僕等の大部分は非サムライ階級の出身である。

日本人の80%は農民であり町人であったのだ。司馬遼太郎の言う、「誇りを持たされなかった階層だ。」僕等・私達は文字通り、これも司馬遼太郎の言う”馬の骨”だ。その子孫である僕等、私達が明治維新後、そう簡単に自分達に自信が持てたはずがない。帝国大学が出来、士官学校や兵学校が造られた当初はまだ、士族や地主、大商人の息子達が進学出来た位だったろう。庶民が新階層の階段を登れるようになるには20世紀の初頭、1900年代まで待つ必要があったのだろう。それでも、欧州・ロシ以外で陸海軍士官が貴族階級出身でなかったのは日本人だけだった。

イザべラ・バードの描いた「日本奥地紀行」の東北地方は明治11年(1878年)のそれだが、庶民と氏族地主階級との差は全くなくなっていないことに驚かされる。イザベラ・バードは日光、金谷旅館で歓待されるのだが、奥方や娘、その兄、上流階級の立ち居振る舞いに魅了される。イギリスの上流階級に通じるものが有り、それが彼女の心に安らぎを与えてようだ。

今日のブログの締めに、明治政府の偉さを見せてくれる証拠を一つ、それは、どんな田舎でも一番立派な建物は小学校。全国に学校がどんどん建てられ子供達通い出している近代草創期の日本。これを僕等はいまでも誇りにして良いことだと思う。司馬遼太郎は下級武士出身の役人、官僚はほとんど汚職をしなかったと書いている。それが社会資本を充実させてゆく。これも僕等の誇りとして良い歴史的事実の一つだと思う。

参考書籍

イザベラ・バードの「日本奥地紀行」読む 宮本常一 平凡社 2002/07

|

«  「大江戸歌舞伎はこんなもの」が面白い | トップページ |  幸徳秋水と大逆事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/29529766

この記事へのトラックバック一覧です:  武士の誇りと 庶民の欲:

«  「大江戸歌舞伎はこんなもの」が面白い | トップページ |  幸徳秋水と大逆事件 »