« 森田健作の偽装人生 | トップページ | 第1章 周作もどき  第1話~第3話 »

2009年5月30日 (土)

いまでも弁証法的発展があっても良いではないか。

人気ブログランキングへ「世に倦む日々」ブログを購読して3ヶ月程になる。新自由主義、まあ、これはジャングル資本主義だから今になれば反対するのが大勢だろうが、2004年当時は新自由主義に賛意を唱えるのが、何か新しく見えたものだ。その2004年当時から小泉自民党を止めようとささやかな抵抗運動を繰りひろげていのがこのブログだ。

僕の周りでも小泉に賛成する大都市住民は多かった。そして、この詐欺師にころりと騙され、現在の惨状に皆放り出されている。僕は自民党を信用したことはないので、どうせひどい目合うだろうと思っていたが、それだけ官僚支配にうんざりしていた国民が多かったと言うことだから、支持した人達が悪かった訳ではない。たらい回し麻生謀略政権はあっと言う間に高給役人の言いなりなり、古証文は反故にしてしまったが、小泉も麻生も同じ屋根の下に棲む不良息子の二代目、三代目、彼らはそんなことには何ら痛痒も感じていない。

我々は騙され易いのだ。謀略政治家と役人が出てくればいちころだ。今でも小泉を支持する人々が少なくないと言うのには驚かされる。ヒトラーも謀略と暴力で政権を取っている。他人事ではないのだ。
何しろ、麻生の頭ではヒトラーとスターリンが2大偉人だそうだ。この二人の共通点は自国民も入れてそれぞれ、2千万人づつ殺していることなのだが。

それにしても、「世に倦む日々」ブログ主は政権交代に悲観的過ぎると思う。いくら鳩山由紀夫と背後の小沢一郎が旧自民党出身で民主党の党是が新自由主義であっても、政権交代は必要だ。本多勝一がどこかで書いていたが、社会党政権が成立した途端、裁判所の判決に変化の出たフランスの例もある。
世の中は弁証法的に発展すると信じたい。駄目ならまた変えれば良い。ここは期待しようではないか。

|

« 森田健作の偽装人生 | トップページ | 第1章 周作もどき  第1話~第3話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/29865522

この記事へのトラックバック一覧です: いまでも弁証法的発展があっても良いではないか。:

« 森田健作の偽装人生 | トップページ | 第1章 周作もどき  第1話~第3話 »