« 森田健作の偽装人生と新型インフルエンザ。 | トップページ | 1930年代を思い起こせ。 »

2009年5月23日 (土)

朝日新聞主流の堕落。

人気ブログランキングへ

朝日新聞の政治コラムを担当している「早野透」という男は編集委員なのか編集主幹なのかは知らないが、麻生太郎首相と密会食事をする位だから、朝日新聞の中では相当立場が上なのだろう。

早野透が誰と食事しょうと勝手だが、朝日新聞のコラムで執拗に小沢一郎の追い落としを画策していたとしたら話は違って来る。一見、進歩的なふりをした朝日を使い、麻生謀略内閣の策略に加担し続けているのは、読者を欺く悪質な裏切り行為だ。

別に「世田谷通信」の記事を追わなくとも、早野透のコラムをいくつか読めば、早野透が麻生太郎シンパであることが簡単に分かる。僕は4月17日にも自らのブログで早野透が小沢・民主党に不利なコラムを書いていることを指摘して来た。

事情がありブログの場を変えたが、開設から3か月、100日で累計3000ヒットあったそのブログでは早野透の偏向を再三取り上げて来た。「きっこの日記」で指摘されるまでもなく、官僚と癒着している朝日の編集方針は、社説でも再三主張しているように消費税上げに固まっている。

現在の朝日は読売、毎日、産経と並んで決して野党支持ではない。このような小さなブログは泡のようにむなしいもの過ぎないが、3大マスコミは民放テレビと並び決して市民の味方ではないことを強調して置きたい。早野透の言説を読んでいると尚、その思いを強くした。

|

« 森田健作の偽装人生と新型インフルエンザ。 | トップページ | 1930年代を思い起こせ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/29754215

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞主流の堕落。:

« 森田健作の偽装人生と新型インフルエンザ。 | トップページ | 1930年代を思い起こせ。 »