«  第1章 第五話 続き、そして話は元に戻る。 | トップページ | お薦めミステリー 「ミレニアム2」 »

2009年6月 3日 (水)

麻生謀略内閣 最後のあがき

人気ブログランキングへポチッとよろしくお願いします。

09年6月01日付朝日新聞朝刊の社会面に、「白山会による郵便割引制度不正疑惑で厚生労働省の係長が適用団体と認めた決済文書を偽造したとされる事件で、係長の上司だった元障害保険福祉部長が大阪地検特捜部の任意の聴取を受け、同会への対応について「国会議員から直接頼まれ、部下らに伝えた」と言う趣旨の証言をしたことがわかった。」と出ていた。

この国会議員とは民主党の牧義夫を指しているのではないかともっぱらの噂だ。白山会代表の倉沢邦夫容疑者は10年程前に数ヶ月間だけ石井一の私設秘書を勤め、その後も勝手に同代議士の秘書を名乗る為に名刺を持ち歩いていたと言う。ご存知ように牧義夫は石井一の側近だ。

この事件はかねてから「きっこの日記」でも指摘されていたように、麻生内閣による民主党追い落とし謀略第2弾ではないかと言われている。西松事件では小沢一郎に決定的なダメージを与えられなかった為、今度は白山会事件を利用しようとしている節がある。

6月2日の朝日社会面では二階俊博側へのパーティー券購入問題は東京地検特捜部が前日の1日に不起訴処分にしたと出ている。

この公正を欠いて捜査には開いた口が塞がらないが、4大マスコミと民放テレビのちょうちん報道には今後も注意したい。彼らは決して市民の味方には付かない。

官僚がやりたい放題に税金を使うには自民党のほうが都合が良い。朝日新聞を筆頭に社説で消費税を上げることを主張している新聞マスコミは官僚の御用を務め続ける。新聞・テレビ報道に騙されてはならない。

|

«  第1章 第五話 続き、そして話は元に戻る。 | トップページ | お薦めミステリー 「ミレニアム2」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/29933283

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生謀略内閣 最後のあがき:

«  第1章 第五話 続き、そして話は元に戻る。 | トップページ | お薦めミステリー 「ミレニアム2」 »