« 白山会事件の仕掛けはこれから幕を開ける | トップページ | 第2章 第6話 どこにでも居る卑劣な男 »

2009年6月24日 (水)

迂回献金 先物会社が与謝野氏、渡辺喜氏に ダミー通じ

人気ブログランキングへ

さて、西松献金事件も検察審査会審議で二階側の不起訴は不当とされたばかり、自民党には毎日新聞の索引を見ただけでもパーテイ券問題などで森や尾身など真っ黒疑惑議員が何人もいる。その最中タイトルのような迂回献金が明らかになったと6月24日の毎日朝刊が報じている。

これから、与謝野、渡辺喜美はどうする。これで、自民党は西松建設事件で民主党つながりで小沢を攻める手がかりを失うことになるだろう。麻生謀略内閣も政権中枢の違法献金が明らかになり、全く身動くが取れなくなるだろう。

また、障害者団体のための郵便割引制度不正利用疑惑・白山会事件も民主党側議員を起訴立件に持ち込むことは難しくなるだろう。

下記はその抜粋記事だ。

 与謝野馨財務・金融・経済財政担当相と渡辺喜美元行政改革担当相が総務省に後援団体として届け出ていた政治団体が、商品先物取引会社「オリエント貿易」(東京都新宿区)などグループ5社が企業献金をするためのダミー団体だったことが分かった。団体は92~05年、与謝野氏側に計5530万円、95~05年、渡辺氏側に計3540万円を献金していた。後援団体への寄付者には所得税の一部が控除される優遇制度があり、5社は毎年幹部社員ら約250人の給与から計約4000万円を天引きして団体に寄付させ、控除を受けさせていた。

 ◇後援団体として届け出、寄付社員の税控除をおこなう

 与謝野、渡辺両氏はいずれも金融担当相を務め、先物取引の規制問題にかかわった。後援団体指定が違法性の強い献金を支えていたことになり、両氏と団体との密接な関係が問われだろう。

 問題の政治団体は、81年に設立された「政経政策研究会」(政経会)。政治資金収支報告書などによると、オ社の加藤幸男社主が代表を、関連会社の社長らが会計責任者を務めている。加藤社主が経営から退く06年まで、団体事務所はオ社東京支社に置かれていた。

 政経会から政治家への献金は5社の幹部社員らの給与から天引きした寄付金が原資で、政経会をダミーにした企業献金だった疑いが強く、政治資金規正法(第三者名義の寄付・企業献金禁止)に違反するとみられる。

 与謝野氏は81~01年、政経会を後援団体として旧自治省・総務省に届け出ていた。00年の衆院選で落選したことから、01年途中から08年まで渡辺氏が後援団体として届け出た。

 政経会は92~05年、与謝野氏の資金管理団体「駿山会」に年250万~650万円を献金した。このうち680万円は、与謝野氏が先物取引を指導・監督する旧通産相時代(98~99年)だった。また金融担当相だった06年には、一部の先物取引を規制する金融商品取引法の成立にもかかわった。駿山会の報告書には政経会の所在地を「オリエント貿易(株)内」と記していた。

 一方、渡辺氏の資金管理団体「温故知新の会」も95~05年、年100万~600万円を受けていた。渡辺氏は金融担当相だった07~08年も政経会を後援団体に指定していた。

 尚、オ社は07年にエイチ・エス証券の完全子会社になり、08年に商号をエイチ・エス・フューチャーズに変更した。加藤社主が退任。エイチ・エス証券が経営参画するようになった06年以降、オ社社員からの寄付もなくなった。

<西松関連>
西松建設献金事件:パー券問題、二階氏側の不起訴不当--検察審
西松建設裏金:違法献金 二階氏側聴取へ 政治団体、パー券規制逃れも
西松建設裏金:自民党 志帥会と宏池会がパー券記載漏れ
質問なるほドリ:政治献金、どうすれば違法になるの?
断ち切れぬ「政治とカネ」/1 西松建設問題

|

« 白山会事件の仕掛けはこれから幕を開ける | トップページ | 第2章 第6話 どこにでも居る卑劣な男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/30252306

この記事へのトラックバック一覧です: 迂回献金 先物会社が与謝野氏、渡辺喜氏に ダミー通じ:

« 白山会事件の仕掛けはこれから幕を開ける | トップページ | 第2章 第6話 どこにでも居る卑劣な男 »