« 北九州で続く野宿者への無慈悲な仕打ち | トップページ | 三宅 一生 NY TIMESに寄稿   »

2009年7月15日 (水)

麻生謀略内閣最後の賭け

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

麻生謀略内閣の最強兵器・漆間巌官房副長官がこのまま座して政権の死を待つはずがないと15日付けの「世に倦む日々」は力説している。西松建設事件の謀略で小沢一郎の追い落としに成功した麻生と漆間巌は、この機会に2匹目のどじょうを狙って来ると断言している。それは鳩山由紀夫に対する個人献金偽装疑惑の捜査であり、石井一に対する白山会事件の立件であるかも知れない。自民党という組織と自分の権力を守る為にはどんな汚い手でも遣うのが麻生と漆間巌だと世に倦む日々ブログは主張している。

もうひとつの謀略は森と青木による総裁・総理分離戦略ではないかとブログ主は推測する。自民党総裁を小池百合子か野田聖子あたりに擬し、麻生は総理として9月30日まで居座るのではないかと推理して見せている。自分の権力を維持するために何でもする麻生謀略内閣はマスコミを煽り、解散風を吹かせてメディア・ジャックを続ける。それはそのまま新総裁の人気につながり、少なくとも負けることは阻止出来るのではないかとも「世に倦む日々」ブログ主は書いている。

どちらも当たって欲しくない予測だが、自民党の両院議員総会の開催が出来る自民党議員は1/3以上の数を集めたと今晩のニュース・ステーションは報道している。両院議員総会が21日以前に開かれれば麻生総理おろしが実現する。もし7月21日に解散が出来なければ、総理・総裁分離論は現実のものとなる。これが出来レースであれば、星浩の想像力をはるかに超えた事態も起き得る。

話は違うが、今日の朝日朝刊15面に元英国エコノミスト東京支局長・編集長のビル・エモットが政権交代に向けた準備が民主党には出来ていないではないかと言う批判に反論する記事を載せている。長い民主主義の伝統のある英国、僕等の議会制民主主義のお手本の国のジャーナリストが「準備の出来た野党などない」と民主党にエールを送っているのではないが、民主主義の効用が日本でもようやく試されることを歓迎し、単純に喜んでいるのが僕には何となく
嬉しい。民主党には政策もきちんと準備されており、欧州並みの社会保障の組み立てを実現させようとしていることもビル・エモットは大変評価している。そう、民主党が市民生活にとって害毒でしかないを新自由主義をいまだにテーゼにしていても政権交代後、その政策を変えざるを得ないこともあり得る。今は民主党の躍進を応援したい。

|

« 北九州で続く野宿者への無慈悲な仕打ち | トップページ | 三宅 一生 NY TIMESに寄稿   »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/30560598

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生謀略内閣最後の賭け:

« 北九州で続く野宿者への無慈悲な仕打ち | トップページ | 三宅 一生 NY TIMESに寄稿   »