« 冤罪? 自分が裁判員に選ばれたら | トップページ | 「酒井法子容疑者の供述内容」 »

2009年8月 9日 (日)

酒井法子・高相祐一シャブ中夫妻と仲間たち

人気ブログランキングへ記事が気になったらポチっとお願いします。

「きっこの日記」は志の高いブログだ。ただ、話は堅いばかりでもない。彼女は芸能人の話題も豊富に掲載している。話題の押尾学や酒井法子の麻薬乱用事件も独自の視点と情報網でいち早く取り上げている。彼女のブログには「武士は食わねど高楊枝」的な潔癖さと正義感が溢れている。まあ、法の下の平等などどいうお題目を大上段に振りかざす訳ではないが、自民党の力を借りて覚せい剤やコカインを使っても捕まることのなかったタレントや芸能人の名前を「世田谷通信」で取り上げたくてうずうすしている。彼女の元には高相祐一が警視庁の取り調べで早々にウタッタ覚せい剤使用仲間、それも10数人に上る大物芸能人や大物政治家の孫の含まれるリストが集まっていると言う。

押尾学が自由に出入りを許されていた六本木ヒルズにあるセックス部屋。卑劣・臆病にも程がある押尾学は愛人の銀座ホステスの様子がおかしくなると、全裸の彼女をさっさと見捨てて六本木ヒルズのセックス部屋から逃げ出している。さて、その六本木ヒルズと言えばホリエモン。自分勝手の権化、堀江貴文と親しかった下着通販会社女社長はホリエモンが捕まりそうになると彼からの電話にも出なくなり、堀江貴文が東京拘置所に収監されると堀江のホの字も口にしなくなり、周囲の友人には「あんな人は知らない」とまで言い出したそうだ。

この女社長は一時マスコミへの露出も多かったN・Mではないかとネット上では言われている。彼女はITや新興ベンチャー社長と親しいばかりではなく、若手女性歌手の相談相手にもなっていたと、これは一般紙に出ていた記事だ。相変わらず出版界をにぎわしている佐藤優はインテリジェンスの90%は公開情報で分析出来るといつも言っている。それほど大袈裟な話でもないがその若手女性歌手は大手芸能事務所の男優と恋仲だが、その芸能事務所所属歌手や俳優のスキャンダルがテレビ・スポーツ紙に載ることは過去なかった。それほどの影響力を持つ芸能事務所はさほど多くない。

そこで厚労省直属の麻薬取締事務所の出番だ。8月7日の「世田谷通信」でも触れているが自称プロサーファーは件の大手芸能事務所所属大物芸能人夫妻とはサーフィンを通じて親しかったという。この高相祐一・酒井法子シャブ中夫妻との繋がりを関東麻薬取締事務所は独自に捜査するだろう。握りつぶし圧力が警視庁に効いても厚労省には効かない可能性も高い。ここ数日は「世田谷通信」から眼が離せない展開になって来た。

|

« 冤罪? 自分が裁判員に選ばれたら | トップページ | 「酒井法子容疑者の供述内容」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/30888762

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井法子・高相祐一シャブ中夫妻と仲間たち:

« 冤罪? 自分が裁判員に選ばれたら | トップページ | 「酒井法子容疑者の供述内容」 »