« 「麻生首相の失言が全世界に配信」 | トップページ | 歴代政府の欺瞞 麻生首相の愚劣 »

2009年8月26日 (水)

タモガミと麻生太郎

人気ブログランキングへポチとよろしくお願いします。

昨日 25日付け朝日新聞朝刊に例の頭がおかしいとしか思えない「田母神俊雄・元航空幕僚長は24日、堺市で衆院選大阪17区に立候補している改革クラブ前職の応援演説に立ち、6日に広島市で開かれた平和記念式について、「被爆者はほとんどいない」「並んでいるのは左翼」と述べた。被爆者団体は反発している。」と出ている。さらに「並んでいる人は広島市民も広島県民もほとんどいない」と続けた上に、「左翼の大会なんです、あれは」とまで言い切っている。式を主催した広島市は5万人の参加が有り、被爆者やその家族、遺族用の約2500席はいっぱいだったとコメントしている。座りきれない被爆者の方々は一般席にいた。市幹部は「市民・県民も多く参加した。事実誤認も甚だしく、これに言及する価値もない」と呆れている。式に参列した広島県原爆被害者団体協議会の坪井直理事長は「虚偽の発言であり、許しがたい」と述べた。タモガミの無神経な事実誤認の発言は被爆者とその家族・遺族の気持ちを深く傷つけた。田母神は式には出ておらず、発言の根拠を聞かれると「広島の知人がみんなそう言っている」と説明したそうだ。例のタモガミ論文と同じ位、彼の発言は事実誤認を繰り返している。簡単な事実の確認すら自分で出来ない男なのだろう。それでも右翼陣営はタモガミを使い続ける。イデオロギーはそれ自体虚偽であり、タモガミの存在を煽動的に宣伝に使えればそれで良いのだ。ヒトラーやスターリン由来の古典的手法がここでも繰り返される。

右翼と言えば、錯乱状態にある麻生首相は「民主党は国旗を引き裂いた」と絶叫し続けている。総選挙後の自民党の残党は極右政党として生き残りを図るのだろうか。渋谷の街の街宣車も顔負けと「世に倦む日々」ブログが形容するように麻生は最後の拠り所に古い国旗イデオロギーを持ち出して保守層を繋ぎ止めようと躍起になっている。
政権投げ出し安部晋三・酔いどれ中川昭一・チキン麻生太郎3人の共通点は世襲の他に売りは極右だという点だ。「右翼は悪党の隠れ蓑、右翼は悪人の最後の砦」とは良く言ったものだ。この3人の中で誰が今度の衆院選で生き延びるかは分からないが、誰が生き残るにしろ、タモガミのように事実誤認のデマゴーグとして右翼的言辞を弄しながら定向進化を遂げて滅び去る日も遠くないことだろう。

|

« 「麻生首相の失言が全世界に配信」 | トップページ | 歴代政府の欺瞞 麻生首相の愚劣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/31115723

この記事へのトラックバック一覧です: タモガミと麻生太郎:

« 「麻生首相の失言が全世界に配信」 | トップページ | 歴代政府の欺瞞 麻生首相の愚劣 »