« 鳩山由紀夫は勝利宣言演説を | トップページ | 「麻生首相の失言が全世界に配信」 »

2009年8月24日 (月)

民主党内閣の顔ぶれ

人気ブログランキングへポチっとよろしくおねがいします。

22日の「世に倦む日々」ブログは民主党内閣の顔ぶれを予測している。詳しくはブログを見て頂きたい。従って、ここでは簡単にその予測を書き留めるだけにしたい。明けて23日の週刊誌各誌の見出しも民主党組閣予測を載せている。それらと比較して見るのもおもしろいのではないだろうか。それでは組閣予測を下に掲げる。

官房長官 菅直人 外務大臣 田中真紀子 財務大臣 岡田克也 総務大臣 片山善博 法務大臣 平岡秀夫 防衛大臣 前原誠司 環境大臣 松本鋼明 経済産業大臣 寺島実郎 文部大臣 文部大臣 輿石東 国土交通大臣 田中康夫 厚生労働大臣 長妻明などが候補ではないか?と世に倦むブログ主は予測している。

23日のサンデー・プロジェクトでは朝日の星浩が「来年の参議院選挙が終わるまでは民主党も低姿勢で行く」とコメントしたように野党共闘で行く以上、民社・国民・新党日本からの入閣は当然予想される。それより民主党政権獲得後の心配はやはり小沢一郎の暗躍だろう。「世に倦む日々」ブログ主や24日発売のアエラも予測しているように小沢一郎グループは100人を超えるのではないか。世に倦むブログ主はそれを民主党の中に小沢一郎の私党が誕生し、政権獲得直後から小沢一郎の仕掛ける自民党残党を巻き込んだ暗闘に民主党は翻弄されると予測している。小沢一郎の最終目標は集団的自衛権を獲得し、国連軍に自衛隊を派遣することだ。そこで国際的な信認を得て常任理事国になり、最終的には米国からの自立を目指す。それには憲法9条を変えなくてならない。それが小沢一郎の究極目標だとすれば戦慄すべき政治状況が遠からず日本を襲う。

それはそれとして麻生総理は23日大学生の質問に「金が無いなら結婚なんかするな」と答えて又、顰蹙を買っている。「自分はそうじゃなかったけど」とまで言っている。無神経で酷薄な性格の麻生が演説する度に票を減らすだろうと「世に倦む」ブログはかつて予言していたが、やはりその通りになった。小選挙区当落線上の100人の自民党衆議院議員候補者はたまったのではないだろう。この発言で当落線上の自民党候補は20人ほど落ちるのではないだろうか。

|

« 鳩山由紀夫は勝利宣言演説を | トップページ | 「麻生首相の失言が全世界に配信」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/31091146

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党内閣の顔ぶれ:

« 鳩山由紀夫は勝利宣言演説を | トップページ | 「麻生首相の失言が全世界に配信」 »