« 細田官房長官と 漆間副長官の思い上がり | トップページ | 「1Q84」と「国境の南、太陽の西」  »

2009年9月 9日 (水)

EUの政治状況にようやく追いついた日本

人気ブログランキングへ

ポチっとよろしくお願いします。

本日9月9日(水曜日)は、日本の政治状況が漸くEUの市民社会の水準に追い付いた記念すべき日となる。それは民主党と2野党との連立政権の合意が得られる瞬間がやってくるからだ。1989年のべルリンの壁崩壊そしてドイツ統一から20年後の今年2009年に、同じ敗戦国であったドイツにようやく国際的地位でも肩を並べることが出来る。それは統一ドイツがソ連のくびきから脱することが出来た1989年から20年後、日本が引きずる敗戦と占領のくびきからようやく解放される日が来たと言えるのだ。僕等は今日、巨大な米国支配の影から離れられる記念すべき日に立ち合えるのだ。それは民主党を勝たせることで僕等・私達が自分たちで選び取ることが出来た幸福だ。民主党と社民党・国民新党との3党連立合意文書は次のようになるだろう。1)世界の国々と協調しながら国際貢献を進めて行く。その手段として国連平和維持活動への主体的役割を果たす。2)緊密で対等な日米同盟関係をつくる。その一環として沖縄の米軍基地の見直しを行う。3)東アジアでの平和を希求する手段として共同体の構築をめざす。4)90年比25%の温室効果ガス削減をめざす。これら4つの合意項目は「世に倦む日々」ブログが指摘するように、オバマ新政権の米国単独行動から多国間協調路線にも合致する。その新しい流れに付いて行けない古臭い反動マスコミと民放テレビは反連立政権キャンペーンを張るだろう。それでも流れは止められない。私達の日本は今日ようやく、欧州と伍して行ける独立国の体裁を整える。

|

« 細田官房長官と 漆間副長官の思い上がり | トップページ | 「1Q84」と「国境の南、太陽の西」  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/31295465

この記事へのトラックバック一覧です: EUの政治状況にようやく追いついた日本:

« 細田官房長官と 漆間副長官の思い上がり | トップページ | 「1Q84」と「国境の南、太陽の西」  »