« 毎日新聞と産経新聞のデタラメ記事  | トップページ | 春名幹夫はCIA工作員か? »

2009年9月 3日 (木)

NY TIMES 鳩山報道の裏

人気ブログランキングへポチっとよろしくおねがいします。

アメリカからの従属を断ち切り自立した対等な日米関係を築こうと言う民主党の主張は至極まともで常識的だと殆どの国民は感じていただろう。それにわざわざ波風を立てようとしていたのは、ジェラルド・カーチスだったのか。その背後には小泉純一郎がいると本日付け「世田谷通信」は報じている。学生時代に「代議士の誕生」と言う論文を書いて博士号を取り、その後コロンビア大学の教授になった人物だ。フィールドワークの研究対象は自民党代議士。そこから小泉純一郎との関係が始まっていたのだろう。くわしくは本日の「きっこの日記」を参照されたい。小泉の息子の面倒をアメリカで見たのもジェラルド・カーチスだと言う。G・カーチスは米国の国益を考えて民主党を牽制していると考えた方が良い。極東で米国の立場が弱められるのはこれからの中国の台頭を考えると不都合とG・カーチスが考えていても不思議はない。ブッシュのポチだった小泉純一郎なら米国の言うがままですんだ。ジェラルド・カーチスにすれば、ここで少しでも日本の自立の芽を摘んでおきたい。鳩山政権は在日米軍維持費の費用負担の軽減も考えているから、それもこの際邪魔をしておきたい。日本側が軽減させた駐留維持費はそのまま米国内での増税に結びつくのだから彼にすれば当然の妨害だ。如何に小泉が米国のポチだったかがこれでも明らかだ。

|

« 毎日新聞と産経新聞のデタラメ記事  | トップページ | 春名幹夫はCIA工作員か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/31224416

この記事へのトラックバック一覧です: NY TIMES 鳩山報道の裏:

« 毎日新聞と産経新聞のデタラメ記事  | トップページ | 春名幹夫はCIA工作員か? »