« 英語使いと出世 | トップページ | シビル・ミニマムの確保を »

2009年9月23日 (水)

主張する日本

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

本日の「きっこの日記」内「世田谷通信」記事を読んで頂きたい。タイトルは「新たな日米関係の第一歩」となっている。下記は世田谷通信論評の結論部分の引用だ。

「鳩山内閣の誕生に合わせて、日本のマスコミは一貫して新政権批判を繰り返し、日米関係に対しても「米国を怒らせる民主党のやり方ではうまく行かない」という内容の偏向報道を繰り返して来たが、現実は日本国内の報道とは大きく違い、鳩山内閣の主張はほぼ受け入れられたようだ。米国の言いなりだったこれまでの主従関係から、新政権が目指している対等な日米関係へと、新たな一歩を踏み出したと言えるだろう。(2009年9月23日)」

旧自民党政府関係者とマスコミは、あまりにも長い間対米関係で従属状態にあったため自立を恐れていた。また、もちろん、旧来のままのほうが儲かる勢力があり、外務省は自分たちの旧悪と無能を暴かれたくはない。マスコミ、特にテレビ・マスコミは自らを権力の一部と考えているので民主党の政策は実行されれば都合が悪い。
かくして、ありもしない国民の不利益をあたかも既に存在するかのように3者がぐるになり、偏向報道をこれからも流し続けるだろう。日米関係偏向報道は今回は粉砕されたが、油断は出来ない。テレビ・4大新聞は市民の味方を決してしない。

|

« 英語使いと出世 | トップページ | シビル・ミニマムの確保を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/31484596

この記事へのトラックバック一覧です: 主張する日本:

« 英語使いと出世 | トップページ | シビル・ミニマムの確保を »