« 湯川豊著「須賀敦子を読む」 | トップページ | 資格と仕事のミスマッチ »

2009年9月20日 (日)

新政権、官邸記者クラブ開放で新提案

ひとつ訂正させてもらいます。。9月18日(金)に自らのブログに「平野新官房長官とマスコミの癒着」と言う題材で鳩山新政権が官邸記者クラブを開放するという約束を破ったと書いた。その後、最新の「きっこの日記」を同日に覗いてみると、鳩山由紀夫は取材者を外国記者や地方記者にまで拡大する提案を行ったと書いてあった。まあ、妥協案ではあるが、自称記者、たとえばブログ記者やフリーランス記者など誰にでも開放すれば、テロの恐れもある。その点は「きっこさん」のおっしゃる通りだ。官邸記者クラブの開放が少しでも進めば良しとすべきだろう。僕らも「きっこの日記」が主張するように新政権発足から4日、すこし長い眼で見守る必要があるようだ。
ただ、官邸記者クラブ開放つぶしの裏にはナベツネの暗躍があるらしいのは許せない。

|

« 湯川豊著「須賀敦子を読む」 | トップページ | 資格と仕事のミスマッチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/31447834

この記事へのトラックバック一覧です: 新政権、官邸記者クラブ開放で新提案:

« 湯川豊著「須賀敦子を読む」 | トップページ | 資格と仕事のミスマッチ »