« 菅直人にエールをおくる | トップページ | 貧困対策こそ公約 »

2009年10月15日 (木)

湯浅 誠が政権特別参与に

ポチっとよろしくお願いします。人気ブログランキングへ

今朝の朝日新聞では報道されていないのが不思議なのだが、昨日オンライン・ネットの一部では湯浅誠が菅直人に請われて国家戦略室特別参与として貧困対策に取り組むことが報道されてていた。今日の「世に倦む日日」を読んでいる訳ではないが、一両日中には取り上げられそうな気がする。湯浅誠による「反貧困」は名著だ。実践活動に裏打ちされた提言に満ちた中身となっている。自公政権ではやろうともしなかった貧困率の調査提言も湯浅誠によるものだし、それをマニフェストに掲げたのが現連立政権だ。湯浅誠の活動に賛同して、僕もささやかだが「もやい」に関わっている。「世に倦む日々」ブログは元来、反貧困に関心が高く、そのような集会にも定期的に顔を出し、その活動報告をブログに載せているからだ。湯浅誠は民間人ながら民主党の頭脳集団の中にも多い官僚出身者と互角に渡り合える人材だ。支え合えるなら「社会と言うのはもう少しましに出来るのではないか」と考えて、湯浅誠は反貧困運動を始めたとその著書に書いてある。みんなで底辺を支え合える気持ちの持てる社会でないのなら、国のセィフティ・ネットだけではどうしてもこぼれ落ちる人達が出るだろう。まずは雇用対策に湯浅誠の知恵が試される。これが成功すれば菅直人は政権内で再浮上が図れる。成熟した市民社会の到来を心待ちしていた僕らにとっても菅直人と湯浅誠のタックの成功はとても大切だ。試みの成功を固唾を呑んで見守ることになる。

|

« 菅直人にエールをおくる | トップページ | 貧困対策こそ公約 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/31800365

この記事へのトラックバック一覧です: 湯浅 誠が政権特別参与に:

« 菅直人にエールをおくる | トップページ | 貧困対策こそ公約 »