« 普天間移設に社民党は妥協してはいけない | トップページ | アメリカは日本を守らない »

2009年12月12日 (土)

「産経新聞の記事は創作」

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

ここは12月04日付(世田谷通信)を読んで欲しい。

岡田克也外相とルース駐日大使との4日に行なわれた会談について、産経新聞が5日付でルース大使が激怒したと報じたが、これがすべて産経新聞の記者の創作した事実無根の内容であったことが、8日の岡田外相の記者会見で分かった。産経新聞の該当記事では「いつも温厚で知られるルース氏は、岡田克也外相と北沢俊美防衛相を前に顔を真っ赤にして大声を張り上げ、年内決着を先送りにする方針を伝えた日本側に怒りをあらわにした」という内容が書かれているが、この記述の真偽について8日の記者会見で質問された岡田外相は「ルース大使との議論も、誰かが見ていたようなことを書いていますが、全くの創作です。もちろん、ルース大使もしっかりと自らの主張を言われましたが、別に顔を真っ赤にするとか、怒鳴り上げるとか、(こうした捏造報道は)冗談じゃないと思っております。(会談をした部屋の中には)私(大臣)、北沢防衛相、ルース大使と通訳しかいませんから、何を根拠にそのようなことを言っているのかと思います」とはっきり否定した。産経新聞は過去にもこのような捏造記事を報じており、ジャーナリズムとして資質を問われている。産経新聞は決してジャーナリズムの世界で生きていない。捏造を続ける度にそれでなくとも少ない購読者を落とし続けることになる。サンケイグループは誰のためにこのような捏造を続けるのだろう。少なくとも彼らは僕ら市民の味方では決してない。とても分かりやすい理由を「きっこさん」が下の記事で指摘している。それをNHKニュースで放映を見た方は多いと思うが、パネリストの一人、自民党の元石破防衛大臣をカメラはわざと撮らせず、コメントも取っていない。誰が見てもこれが旧売国政権のプロパガンダであることは明白だ。

「ローレス『前』米国防副次官、アーミテージ『元』米国務副長官、グリーン『元』米国家安全保障会議アジア上級部長‥‥ってワケで、コイツラ、みんな、前ブッシュ政権時代の人間で、今のオバマ政権とは関係ないんだよ。今のオバマ政権の現職の国防副次官だの国務副長官だのが出て発言しているならともかく」

そう、ここはじっくり構えて自民党とその利権にからむ日米双方の陰謀に乗せられないことが今の民主党と僕らに必要な事だ。デマ記事で右往左往することはない。

|

« 普天間移設に社民党は妥協してはいけない | トップページ | アメリカは日本を守らない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/32579054

この記事へのトラックバック一覧です: 「産経新聞の記事は創作」:

« 普天間移設に社民党は妥協してはいけない | トップページ | アメリカは日本を守らない »