« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »

2009年4月12日 - 2009年4月18日

2009年4月18日 (土)

朝日新聞の今を見る。

09年4月9日(木)朝日新聞朝刊。8面の国際欄の片隅に「経済気象台」と言う秀逸なコラムを見つけた。題して「異形の国家」。コラムの要約は次の通りだ。

1.北米発の金融危機の結果、ゼロ金利の円を借りて金利の高い通貨で運用するFXが 破綻。 銀行・証券業者が 慌てて運用通貨を引き上げた結果、主要国の通貨が暴落し円が高騰。

2.本来円高は日本を豊かにするはずなのに、過度の輸出に頼る自国経済は円高不況に慄き、自国通貨が強くなることを恐れる異形の国家が姿を現した。と書く。

3.円高不況には内需拡大が最良の処方箋なのに環境、医療など未来型の産業育成に政策は向かず、財政出動を口実に政治家は利権に走り、ダムや道路で環境を破壊し、官僚は良いように自分達の為に膨大な税金を使い続ける。どちらも持ちつ持たれつで彼等に取って好都合。

4.米の減反政策が良い例で、食料自給率を低下させ、農村を荒廃させながら、農協を肥え太らせて、米の価格を維持させる為の族議員と農林高給役人をいびつな形で結託させて来た。某農林大臣が首をくくるのも、国民が発ガン物質で汚れた米をたべさせられるのも必然だった。

5.買う側ではなく売る側の利益と、自分達政治屋・高給官僚だけがおいしい思いをすれば良いのだ。彼らが長く癒着して来た結果、年寄り、妊婦や子供、失業者、母子家庭など弱い者達が隅に追いやられ社会が崩壊に向かっている。繁栄から急速に衰退に向かう「異形の国家」がここにある。

署名は読めないので放置しておくが、同日に掲載された早野透のなにが言いたいのか良く分らない「小沢氏の事件」という、自己肥大の見本のようなコラムよりよほど素晴らしい。

この「異形の国家」コラムを書かれた記者の活躍をこれからも期待したい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 「雑兵たちの戦場 」 追記。

今回のブログ「雑兵たちの戦場」で僕が一番書きたかったことを2つだけまとめてみた。もちろん、著書からの引用なのだが、「目からウロコが落ちる」。発見は出版から時が経っていてもある。何度か紹介されている歴史的問題提起を改めて書いておく。

1.謙信配下の雑兵たちもやっていた戦場の奴隷狩り。雑兵には「愛」なんてない。

上杉謙信は度々、冬、雪の閉ざされる11月に越後を出て春、5,6月まで雪のない関東平野で「いくさ」を行っている。それには一定の周期性があり、永禄3年(1560)から天正2年(1574)までだけでも結局都合14年にも及んだと言う。越後兵は毎年、恒例のように上越の遅い春を待つかのように端境期の春5,6月過ぎまで毎年関東平野に残り、やっていたことと言えば馬乗りの武士階級はともかく、雑兵達はもっぱら喰う為に戦場の奴隷狩りに精を出していた。さて、その上で戦場で狩られた農民達、女や子供たちはどこへ売られたのか?と言う疑問が出るのは当然だ。戦争奴隷の多くはヨーロッパ人の手で東南アジアの都市に売られて行ったらしい。各地にあった日本人町も関係はあるのだろう。

2.江戸幕府 鎖国の本当の理由

謙信配下の雑兵により関東平野で狩られた戦争捕虜はビタ銭で奴隷仲介商人に売り払われ、折から戦国・日本に布教の為に滞在していたスペイン、ポルトガル人宣教師はなにも書き残していないが、その大量の戦争奴隷はポルトガル、スペイン人の黒船に売り渡されていた。長く戦乱の続いた故郷で飽くことのない戦いを強いられた上に敗北し、戦場で狩られた下人達もまた雑兵上がりだった。それは無限の最強兵士を、東南アジアで抗争を繰り広げるオランダ・イギリス連合とスペイン・ポルトガル連合の双方に傭兵を供給することを意味していた。時代は少し下るものの、家康は新教旧教の激しい対立を良く知っており、漸く訪れた平和をヨーロッパ人達の宗教抗争に引きずりこまれ、徳川幕府による天下統一構想が乱されるのを恐れた。それが、鎖国の本当の理由だろうと著者は結論付けている。鎖国は3代目家光で完成する。江戸のキリシタン弾圧は1623年12月、高輪・札の辻で50人に及ぶ火刑で幕を閉じるが、1623年12月が文化・宗教的鎖国の始まりだったのだろう。

参考書籍:

「雑兵たちの戦場」 中世の傭兵と奴隷狩り 藤木久志著 朝日新聞社 1995

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度の選挙で棄権はしない。

若い人たちは選挙に無関心だ。「自分に関係ない。選挙に行っても何も変わらない」。というが、本当にそうだろうか? 派遣切りも、成績が良くても進学を諦めなくてはならないのも本来、政治が解決出来ることだ。もちろん、全てはお金が掛ることだ。欧州では派遣切りや進学希望に有る程度対応出来ているにしても、高い税金で手元に現金が残らない生活が続く。中々解雇が出来ないから若い人の職はない。進学にしてもエリートの進む大学や士官学校には初めから階級の壁がある。スペインのように有期雇用ばかりで人の育たない国もある。ギリシャの若者の暴動も職がないからだ。それでも選挙には行く若者は少なくない。

ジミントーがようやく、ミンシュトーの案を飲んで、これから行われる衆議院選挙対策とは言え、一時的にでも国民の不満に対応しようとしている。彼らが選挙に勝ったら、全て反故にするかもしれない。雇用対策や進学に政府の金・我々の税金を出そうとしているのも衆院選挙があるからだ。若者が投票行動を起こせば少し事態が動く。自分の意思で投票所に足を向けよう!経済的・政治的弱者も平等な権利を行使出来る唯一の機会を捨ててはいけない。

選挙に関心のない方々に呼びかけたい。どうか、自らの判断で投票所へ出向こう。投票行動に責任を持とう。弱者・強者とも唯一平等な権利を持つのが選挙権だ。実際には田舎での投票は、その一票は本当に貴重なのだが、十把一からげにされて、予め決められた候補者に投票するように、お年寄りや弱者は誘導されている。地域ボスに良いように
させてはならない。

弱い立場の人々は有力者の言うことを唯々諾々と聞く傾向にある。地方なら、なおさらそうだろう。もちろん、都会でも会社の言いなり組合の言いなりの人は多い。その結果はどうなったか?過疎地のお年寄り、障害者、母子家庭、失業者は益々不利益な取り扱いを受けている。皮肉なことに地方ボスや属する組織のセンセイの言うことを聞いてジミントーとナンミョウトーに投票した結果得たものは医療・福祉・介護・年金・雇用から切り捨てられている自らの境遇だ。大会社の組合も唯唯諾諾と経営者の言うことを聞いた結果、自分も組合員も会社の外に放り出されている。上場企業もどんどん倒産する世の中だ。投票も自分を守ってくれそうな候補者に投票しなければ路上での生活が待っていだけだ。

繰り返すが、ジミントーとナンミョウトーは衆院選挙目当てに一時的な税金のバラマキをやるが、財源は赤字国債だから全て後で利子を付けて返さなくてはならない私達の借金だ。麻生謀略政権は2年後の回収を目論んでいる。当然5%の消費税を8%まで上げようとする。騙されてはならないのは日本の消費税率の高さだ。EUは18.7%だから一見高そうだが、TVA(欧州大陸での呼び名)・付加価値税は食料品や水道、ガス、電気、電話などには掛らない。

日本の消費税5%は既に充分に高いのだ。消費税を又上げると言うことは収入のない人たち。社会的弱者を痛めつけるということだ。残念ながら社会的弱者の人たちほどお金を取られ易い仕組みになっているのが今の日本だ。だいたい必要な情報から切り離されている場合が多い。周囲で支えておられる方々はジミントーとナンミョウトーに弱い人たちが騙されないように見守り、自分の為に選挙に行くように説得して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

 共産党国会議員 小池晃の傲慢。

「愛国心とは、ならず者達の最期の拠り所である。」 サミュエル・ジョンソン

この言葉は中川昭一や安倍晋太郎にこそふさわしいのだが、元々廉恥「恥を知る。」心などないのだから、このふたりに向かって言っても無駄だろう。相変わらず愛国を売り物にしているのだが。

彼等世襲議員は自分達は特別に選ばれた人間だから世間の規範に縛られない。と思っているふしがある。ただ、彼等だけが思い違いをして傲慢になっている訳ではない。どうも国会議員の大半はそのように思っているのではないか。

僕が購読している著名な「世に倦む日々」ブログでは、共産党の小池晃の傲慢ぶりが取り上げられている。愛国右翼から一番遠いはずの共産党議員も自民党議員と同じ態度をとるのだ。とここで書き留めておきたい。

ブログ主が4月13日の派遣法抜本改正集会で、おそらく改正派遣法の時期をめぐる質問を小池晃にしようと試みたのだろう。その時、小池は質問を遮り「けんもほろろ」の態度だったようだから、相当なものだ。 

この集会を溯ること3ヶ月前、1月15日にブログ主は社民党党首福島瑞穂に同じ主旨の審問をしており、その冷たい視線や傲慢な物言いにびっくりしているのだが、「その福島瑞穂が可愛いほどに思えた。」と言うのだから、野党とは言え政治家の傲慢さは似たようなものなのだろう。

小池よ、福島よ。現代は一般人を装う、著名なブログ作家が貴方がたの言動に注目し、質問さえしているのだ。あくまで、製造業労働者派遣法抜本改正を後押ししたいだけなのだ。貴方の味方ではないか。心して質問に答えることは貴方の利益にさえなるのだ。

ちなみに「世に倦む日々」のアクセス数は累計1,400万を超え、「きっこのブログ」に至っては、そのアクセス累計は8,000万を優に超えるおばけブログだ。その影響力ははかり知れない。政治家達!テレビ・カメラや新聞記者の眼だけを気にしている時代は終わった。これからは「素」のままのあなた方の姿が試される。気を付けることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉地検よ.森田健作の捜査をしないのか。

千葉地検,森田健作の捜査開始か。

僕はここ数日、自らのブログで再三、千葉地検よ!市民からの告発を受けて森田健作の捜査を開始しないのか。と書いて来た。

東京地検が政治資金規正法違反で小沢一郎の大久保公設秘書を逮捕したのなら、森田健作の嫌疑も捜査しろ。と言うのが世論だろう。千葉地検よ。千葉県民ばかりではなく東京都民も捜査を見守っている。法の下の平等がお題目だけか、それとも権力を握った麻生のお友達・森田健作にも通用するのかどうかが今、試されている。

下記は4月16日付け「きっこの日記」・(世田谷通信)からの報道を抜粋編集し直したものだ。

1億円を軽くを超える巨額の迂回献金疑惑を始め、公職選挙法違反や政治資金規正法違反などの疑いを指摘されている千葉県知事の森田健作氏に対する告発状が、4月15日、千葉地検特別刑事部に受理された。告発状を提出した「森田健作氏を告発する会」(井村弘子代表)には、4月13日の締切日までに連日数十通もの告発状が届き続け、受付を開始後わずか数日で854通もの告発状が集まった。「告発する会」メンバーで千葉県議の大野ひろみ氏は「目標の8倍を超える数が集まった。」と語った。千葉地検特別刑事部では、高瀬一嘉特別刑事部長が対応し、854通の告発状と委任状を受理した。こうした告発で初めから地検の幹部クラスが対応に出ることは稀で、問題の大きさを物語っている。高瀬特別刑事部長は「本日は委任状を受け付けさせていただいた。内部で捜査担当を決め十分な捜査を行ないたい」と「告発する会」に確約した。

おそらく、4月16日の夕刊に出ていたのだろうが、「森田健作は違法献金になると思しき金額の50%、480万円を返金した。」とネットの速報でていた。いつも思うのだが、政治資金規制法とは違法献金分を返金したり収支報告書を訂正すれば罪に問えないのか? そんなことはあるまい。現に大久保秘書は逮捕され起訴されているのだから。
検察当局は必ず森田健作を起訴すべきだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生政権の不発に終わった謀略。 

ベスト電器捜索も国策捜査の疑いが強いと、本日4月17日付けの「世田谷通信」(きっこの日記)が報じている。大阪地検は捜査着手日程をこと細かにテレビ・マスコミに流していたらしい。詳しくは上記日付のブログを読んで欲しいが、これは一連の西松建設摘発報道と全く同じ手法だ。西松建設事件では東京地検がマスコミに捜査日程まで
リークし続け、フジ・サンケイと読売グループが主導して報道し続けた。

僕は自分のブログで4月7,8日、14日と麻生謀略内閣が繰り出す次の一手は何かと続けて書いて来た。民主党にダメージを与える為の次の一手とはこのことだったのだろう。 悪質な犯罪者達を摘発すると言うならどんどんやって欲しい。ベスト電器事件に関わる被疑者達が政治家と癒着しているなら、もちろん暴いたら良い。だが、忘れないで欲しいのは「西松事件捜査」のその後だ。自民党側への捜査は一体どうなっているのだ。二階・森・尾身周辺に一向に捜査の手が及ばないではないか?やはり、小沢一郎に対する「国策捜査」だったのか、と国民の大多数は思っているだろう。

 そこへ新手の麻生謀略が飛び込んで来た。それはここ16、17日連日朝日の報道に端的に現れている。 この2,3日朝日新聞の報道がおかしな動きをしていたので変だなとと思っていたら裏はこれか。「ベスト電器事件」に関連して盛んに特定の民主党議員の名前を挙げているのだ。朝日新聞は総力を上げて小沢一郎を追い落とそうとしている。

一連の報道を見ていれば、朝日の意図が明確に透けて見える。 検察と公安、官僚とマスコミは麻生の謀略に加担している。だが、今回は自民党都議の名前も取りざたされている。一方的に民主党を追い込むことにはならないだろう。

 どうであれ、私達はテレビ・新聞に騙されてはいけない。彼等は検察・警察の発表記事をそのまま流しているだけだ。マスコミは情報産業であって、ジャーナリズムではない。ただの金儲け産業の一部なのだ。従ってテレビも新聞も私達・市民に決して味方しない。彼等は私達を煽り、利用はするが決して市民の側には付かない。あくまでも現在の体制の側にある。彼らに幻想を抱いてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

 麻生謀略政権を次の衆院選で勝たせてはならない。

20代から良く分らないまでもナチズムやファシズムの成り立ちについて沢山の著作物を読んで来た。その殆どは英語で書かれたもので、日本語であればどれも欧米で出版されたものの翻訳である。何故、日本の現代史家や学者のものがないのかは自分でも良く分らない。多分、ナチズム・ファシズムの研究・歴史書を翻訳した方の解説を読む必要を感じなかったからだろう。原書か翻訳書をそのまま読めば良いだけなのだから。

さて前置きが長くなったが、ファシズム・全体主義は近代民主主義の敵だが、議会制民主主義を敷いて来た国が一夜にしてファシズムに体制変換する訳ではない。言うまでもなく帝国日本が国家総動員体制に転換し、司馬遼太郎風に言えば、軍部に占領された状態で全く勝ち目のない大戦争に突入して行ったにしても、一夜にして軍部独裁が完成した訳ではない。新聞や財閥、軍部がそれを煽り、反対意見を表明するものは政治警察や憲兵のむきだしの暴力にさらされ、恐怖で口をつぐんだ。

ヨーロッパの中でも民主主義を血であがなってきた英国やフランス。大英帝国からの独立が民主革命そのものだったアメリカ合州国などは民主主義の基層が分厚いので簡単にファシズムやナチズムに思想的集団感染しなかった。 ここで取り上げるまでも無く、後発資本主義国であるドイツとイタリアそして日本は、議会制民主主義の成立も後発で、先に挙げた3カ国と比べてもその成熟度が低かった。当然、人々の人権意識も低く、それが秘密警察による公然たる拷問や殺害の横行を許し、人々は恐怖の輪で締め付けられた。この世の中で白色テロ(権力によるテロ)ほど恐ろしいものはない。なぜなら、拷問、殺害実行者が罰せられることは決してないのだから,彼らの多くは役人達だ。

なにしろ、「民主主義は時間が掛かる。」物事を決定するにしても議論を重ね、すり合わせ、幾重にも渡る承認までの手続きが必要だ。この段階であせりは危険だ。私達には忍耐が必要になる。「「民主主義は時間が掛かる。」は米国の政治家が良く口にする台詞だから知っている方も多いだろう。僕が今回のブログで言いたいのは別にファシズム・ナチズムに関してではない。如何に現代日本の政治が愚劣でも、軽蔑と無関心だけでは何も解決しない。忍耐を持ちながら政治変えて行く意思を持たないと危険だと言いたいのだ。政治家への軽侮と投票に対する無関心は麻生政権と官僚達の思う壷だ。税金を自由に使い続けようとする彼等はあらゆる手を使い民主党政権を阻止しようとするだろう。麻生政権の謀略とそれに知恵を貸す官僚達に騙されてはならない。特にサンケイ・読売新聞の記事と系列の日本テレビとフジテレビの番組をそのまま信用してはならない。私達は彼等の誘導に載せられてはならない。彼等の目的は唯一つ、自民党を勝たせることに尽きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アエラの記事を嗤う。

何年も前のことだが、ある日の朝、朝日新聞・アエラの広告に「嫌いな人とは仕事をしない。」という、どこかの若いIT企業社長の話が全面に出ていて呆れたことがある。その広告を見てしまい、その日一日とても不愉快だった。

この記事がいつのものだったかは関係ない。このIT社長の幼児性を持ち上げる当時のアエラ編集部と言うのはどんなところだったのだろう。そのおもねりも醜い。相手が好きでも嫌いでも仕事なら付き合わざるを得ない立場の人のことをこの号のアエラは全く考慮に入れていない。毎日、理不尽なクレームを処理せざるを得ない電話オペレータの女性達のことを、この頃のアエラ編集部は考えたことが果たして有ったのだろうか?アエラは多くの支持層を持つ、働く女性の味方ではないのか??

顧客先の社長の人格に問題が有っても、嫌われたら仕事にならない。そんな営業の立場をアエラ編集部はなにも考慮に入れていない。この傲慢IT社長にしても嫌いな人間とは仕事をしない??付き合わない??笑わせてはいけない。この社長、下に書いたような事例ではどう対応するのか想像して見て欲しい。

1.麻生総理や石原東京都知事、だれが見ても好きになれそうもない、人格に大いに問題のありそうな権力者に呼ばれても本当このIT社長はに出向かないのか?権力者は呼んでおいて厭味を言うよ。ま、相手は傲慢な高給??官僚でも良いが。

2.IT社長さん、不幸にして癌になりました。その癌は特殊な手術をしないと直りません。その癌を直せる唯、ひとりの医師につてを辿って漸く会う事が出来ましたが、この傲慢IT社長、このようなキャラですから彼の癌を治せる医師と喧嘩をしてしまいました。当然、彼を嫌いになります。それでも彼にすがらないと断言出来るのか?

3.IT社長さんは次の構想を実現する為に巨額の資金を調達しなければなりません。そこで、付き合いのある銀行か投資会社のトップに頭を下げなくてはなりません。そのトップの性格がひどく悪くて一度言い合いをしました。融資をしてもらうためには彼、彼女にもう一度会わなければならないが、さあ、どうする。

結論。IT社長さん。どん嫌いな人でも、その全員に会わずに社会生活は送れません。年老いて臨終の席に呼ばれた坊主か牧師か神父か禰宜の性格がどんなに悪くても、まあ、IT社長さん、もう意識はないだろうから、関係はないが彼岸へ送って貰うために付き合わなくはならないでしょうね。生前の評判を聞いて、あまり、感心しないなと思いながら野辺送りする人も多いだろう。大体、そんな幼稚な発言をしていたら失笑を買うだけだろう。 アエラも良識はないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »