« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009年7月12日 - 2009年7月18日

2009年7月18日 (土)

広島・長崎への原爆投下の不当性を際立たせるために

人気ブログランキングへ

三宅 一生が被爆体験を初めて明らかにし、核廃絶に向けた思いをNY TIMESに寄稿したが、彼の願いはオバマ合州国大統領が8月6日に広島へ詣でる事だ。昨日の日記にそこまで書いて何か足りないことに気が付いた。

そう、僕等日本人は広島・長崎を被害者の立場だけで語りがちだが、決してそれだけではないのは自明のことだ。

アメリカ合州国大統領トルーマンは日本に原爆を投下することを正当化したが、それは非白人には何をしても良いと言う意識がなかったとは言えまい。

原爆投下の対象が、その時から、時間をさかのぼること3か月前に降伏したナチス・ドイツだったらどうだったか。合州国のマイノリティの一つ、黒人の多くは、それはもちろん、日本人が白人では無かったからだと断言している。

もうひとつ忘れてならないのは日本に占領され、戦場にされたアジアの国々に取って広島への原爆投下は、被抑圧民族の解放であり、侵略され、夥し死の強制からの解放を意味した事実だ。アメリカ合州国の暴虐が許されないのは当然のことだが、当時の中国、韓国、朝鮮やフィリピンにとっても帝国日本の行った暴虐は許すことも、忘れることも出来ない歴史的事実だ。

ドイツは最近になって、ようやく、なんとかナチスの暴虐の歴史清算を済ませることが出来た。2000万人のロシア人の死や250万人のポーランド人の死、そして言うまでもないが、570万人とも言われるユダヤ人の死に責任のあるドイツ人が自国民は750万人が軍、民間人とが合わせて亡くなったと一方的に主張しても説得力を持ち得ない。

僕等は被害と加害との関係を切り離して広島、長崎の原爆投下の不当性を語ることは出来ない。世界に向かって核廃絶を訴えるなら、自らの加害の歴史も語り継ぐ覚悟がどうしても必要だろう。それでようやく世界は原爆投下の不当性の訴えに耳を傾けてくれることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

三宅 一生 NY TIMESに寄稿  

人気ブログランキングへクリックよろしくお願いします。

7月14日付けニューヨーク・タイムズに三宅 一生が核廃絶に向けてオバマ大統領の行動を促す一文を寄稿したことが、16日朝の新聞・テレビで一斉に報道された。この世界的に名の知られたデザイナー・三宅 一生が7歳児の時に広島で母と共に被曝し、その大切な母は彼が10歳の時に被爆が原因で亡くなっていると彼はニューヨーク・タイムズ紙上に書いている。

そのような衝撃的な事実を僕等は全く知らなかった。三宅 一生は広島で被爆したデザイナーというレッテルが張られた状態で仕事をすることを潔しとしなかった。それが被爆体験を彼に語らせない理由だったと紙上には書かれていた。もちろん、それだけが理由ではなく、自らの才能と感性だけを頼りに世界を相手に仕事をして来た男の自負心も滲む。

破壊より美しい物を創造するデザイナーになる道を選んだと言う彼の言葉には広島での痛切な体験によって裏打ちされたとても強い信念を感じ取って方は多いだろう。言葉では到底言い表わされない凄惨な光景が眼を閉じれば今も瞼の裏に浮かぶと言う。

かくも長い間沈黙を保って来た、その月日の長さに三宅 一生の絶望と悲しみの深さを思うと暗澹としてしまう。
アウシュビッツと広島・長崎の悲劇は僕等が引き受けなければならない人類の愚行であることは間違いない。

そのうえで三宅 一生はプラハでの核廃絶に向けたオバマ・アメリカ合衆国大統領の演説に一筋の希望を見出し、自らの被爆体験を語ることに倫理的責任を感じたと書く。

オバマ大統領が8月6日の広島におけるメモリアル式典の招待を是非お受け頂きたいと語り掛けてその筆を置いている。

広島・長崎に詣でるオバマ大統領を是非この目で見てみたいと皆さんもお思いになりませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

麻生謀略内閣最後の賭け

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

麻生謀略内閣の最強兵器・漆間巌官房副長官がこのまま座して政権の死を待つはずがないと15日付けの「世に倦む日々」は力説している。西松建設事件の謀略で小沢一郎の追い落としに成功した麻生と漆間巌は、この機会に2匹目のどじょうを狙って来ると断言している。それは鳩山由紀夫に対する個人献金偽装疑惑の捜査であり、石井一に対する白山会事件の立件であるかも知れない。自民党という組織と自分の権力を守る為にはどんな汚い手でも遣うのが麻生と漆間巌だと世に倦む日々ブログは主張している。

もうひとつの謀略は森と青木による総裁・総理分離戦略ではないかとブログ主は推測する。自民党総裁を小池百合子か野田聖子あたりに擬し、麻生は総理として9月30日まで居座るのではないかと推理して見せている。自分の権力を維持するために何でもする麻生謀略内閣はマスコミを煽り、解散風を吹かせてメディア・ジャックを続ける。それはそのまま新総裁の人気につながり、少なくとも負けることは阻止出来るのではないかとも「世に倦む日々」ブログ主は書いている。

どちらも当たって欲しくない予測だが、自民党の両院議員総会の開催が出来る自民党議員は1/3以上の数を集めたと今晩のニュース・ステーションは報道している。両院議員総会が21日以前に開かれれば麻生総理おろしが実現する。もし7月21日に解散が出来なければ、総理・総裁分離論は現実のものとなる。これが出来レースであれば、星浩の想像力をはるかに超えた事態も起き得る。

話は違うが、今日の朝日朝刊15面に元英国エコノミスト東京支局長・編集長のビル・エモットが政権交代に向けた準備が民主党には出来ていないではないかと言う批判に反論する記事を載せている。長い民主主義の伝統のある英国、僕等の議会制民主主義のお手本の国のジャーナリストが「準備の出来た野党などない」と民主党にエールを送っているのではないが、民主主義の効用が日本でもようやく試されることを歓迎し、単純に喜んでいるのが僕には何となく
嬉しい。民主党には政策もきちんと準備されており、欧州並みの社会保障の組み立てを実現させようとしていることもビル・エモットは大変評価している。そう、民主党が市民生活にとって害毒でしかないを新自由主義をいまだにテーゼにしていても政権交代後、その政策を変えざるを得ないこともあり得る。今は民主党の躍進を応援したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

北九州で続く野宿者への無慈悲な仕打ち

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

「福岡県朝倉市の市教委職員が、市の体育施設の敷地内で暮らしていた無職男性(62)を、福岡市で生活保護を受けさせるため同市のホームレス支援団体に連れて行き、置き去りにしていたことが分かった。厚生労働省は今年3月、住居がなくても生活保護申請を ...」

上記は昨日13日に毎日新聞ネットで報じられていた記事だ。おそらく同日の毎日新聞朝刊で小さく掲載されていたものだろうが、同日の朝日には何も載っていなかったように思う。

自分は自立支援ネットや国境なき医師団にささやかに参加しているだけで偉そうなことはなにも言えないのだが、この朝倉市・地方役人の無慈悲なやり口には憤りを感じる。

彼にすれば、面倒なことは他人に押し付ける。それも善意の非営利団体に野宿者を押し付けようとする無残な行為だ。本来、小役人とは言え、公務員が責任を持って、自らの市の生活保護課に相談すべき仕事ではないか。

呆れ返ることに、こともあろうに福岡市に押し付けようとしたと言う。この男性は誰にも迷惑を掛けずに生きていたのだろう。この朝倉市は人口5万人程度のどこにでもある地方都市のようだが、市教委職員と言えば地方教員のヒエラルキーでは一番上に位置するのだろう。彼は憲法25条の規定をどう考えているのだろう。一度聞いて見たいものだ。

それにしても北九州で相変わらず続く野宿者への迫害は何を意味するのだろうか。近代史の中で棄民の悪しき伝統が北九州にあることは知らない訳ではない。貧しさゆえのからゆきさん。炭鉱閉山後のドミニカへの棄民。役人たちが棄民はあたり前だと思っているのならとんでもないことだ。彼らの不作為は犯罪として罰せられなけばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

戦いはこれからだ。

人気ブログランキングへポチッとよろしくお願いします。都議選で勝利した民主党は余勢を駆って衆議院選に勝利することは確実だ。その衆議院に先立ち都議会でまず、あの傲慢な石原慎太郎の得手勝手が許されなくなることが嬉しい。それはそれとして、まだ石原慎太郎都知事を支持する都民が50%もいるという世論調査結果が僕には信じられない。大体あれほど露骨に人種差別発言を続ける石原都知事が政治家としての地位を失うこともないのは日本特有の現象だ。これがヨーロッパや北米であれば、人種差別発言が明らかになったその瞬間に政治生命を失うだろう。同じことが東国原宮崎県知事にも言える。東国原は少女買春で逮捕起訴された過去がある。犯罪の次元が違うと言う人もおられるかも知れないが、18歳未満の少女買春の過去が暴かれれば、その時点で欧州と北米では政治家としてのキャリアは終わりを告げる。その意味では現在の日本の民度が問われているとも言えよう。

ところで、 「世に倦む日々」ブログは民主党が政権を取ることを全く歓迎していない。経団連から裏書を貰った民主党は道州制と新自由主義をマニュフェストに掲げて8月30日の総選挙に勝利するだろうが、それはさらなる不幸を僕等にもたらすと再三警告している。その危惧十分理解出来るが、まずは変化を勝ち取ろう。僕等の戦いはこれからだ。歴史は弁証法的に発展すると僕は信じたい。まずは民主党に政権を取らせ、僕等は彼らの政策に監視を強めて行けば良いではなかろうか。民主党の背信を許さない。それをまずは肝に銘じたい。戦いはこれからだ。まずは自民党を利してはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

拙いブログへのコメント有難うございます。

深井少佐の甥様、7月11日付け記事「外務官僚の嘘・外務大臣の嘘・・・・」にご賛同のコメントを頂きありがとうございます。今朝、妻と都議選投票に行って来ましたが、いつもとは様子が違い、小さな投票所に長い列が出来ていました。今回の都議選、そして遠くない衆院選に寄せる都民の思いが伝わった来るような日曜日の朝でした。

週末、浅草でほうずき市を冷やかし、紹介されたお寿司さんで早い時間に飲んだのですが、カウンターで隣合わせになった3人の熟年女性たちは政治の貧しさによる近い将来の不安を口ぐちに語っておられました。僕らも友人達と一緒でしたので、会話に口を挟むような無粋なことはしませんでしたが。

ちょうど今、手にとっている岩波現代文庫版、新藤兼人の「「断腸亭日乗」を読む」の中に「墨東綺譚」のことが出ていたので吉原大門のあたりを散歩してみました。ただ、浅草裏や下谷あたりはひどく閑散としており、土曜日の昼下がりでも、歩いている人の姿はまばらでした。

荷風は自分で選んだことですが、79歳の時に本八幡の仮寓先にて窮死を遂げています。この本の解説に老人政策などなにもないこの国の政府に頼ることなどなにひとつ出来ない。と出ています。荷風の覚悟の孤独死に共感する新藤兼人は80歳で「墨東綺譚」を撮っています。

97歳の今も次の映画制作の準備を進めているという監督の生き方に励まされながら、僕らも政府に頼れない老境を向かえるのでしょうか。政治に参加し、発言を続けることで状況を少しでもよい方向に一緒に持って行きましょう。暑いさかりです。ご自愛下さい。 

はぐれおすより。

参考書籍:

「断腸亭日乗」を読む  新藤兼人著 岩波現代文庫 2009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「脱構築」論の見直しを進めよう

人気ブログランキングへご賛同の方のクリックをお願いしています。

期を一にして「世に倦む日々」ブログと本日12日朝日朝刊7面・耕論で「脱構築」と言う名の価値解体を進めた連中の罪を論難している。これは偶然の一致だろうか。80年代にポスト・モダン論とかいうものがもてはやされたが、それは泡経済がはじける前のつかのまの繁栄に安住していた若い左翼知識人の言葉遊びだったのではないだろうか。

「世に倦む日々」ブログ主が激しく非難しているのは民主党が橋本大阪府知事に煽動されたような形で道州制に舵を切ったからだ。州知事の権限は最大限に増すから現知事は導入に諸手を挙げて賛成するのは頷けるが、そこに住む住民は財源がなければ最低限必要な住民サービスも受けられないことに誰も気が付かないことを指摘している。

良い例が昨日NHKテレビで流れた米国発のニュースだ。カリフォルニア州では現在州政府職員の給与削減のため、平日であるにも関わらず州政府出先機関が臨時閉鎖になり、住民が車検登録や住民税の支払が出来なかったというものだ。

大阪府民は確かに財政再建を果たそうとしている橋本府知事を熱狂的に支持している。それはもちろん正しいことだが、必要な住民サービスが受けられなくなるのはこれからだ。地域の学校や病院が閉鎖され、府民税が上がり、水道料金が高くなっても大阪府民は橋本府知事を支持し続けるだろうか。もちろん、大阪府や市職員の給与が30%も下がれば支持はするだろうが、自治労があり、足元には府議会の関門がある。

「世に倦む日々」が危惧する、ジャングル資本主義そのものの新自由主義を経団連が道州制の導入に賛成するのは当然だ。法人税が安い州に大企業が移転を進め、州政府は結果として税収に不足を来す。その結果、その州政府住民は十分な公的住民サービスが受けられなくなる。医療や年金も最低限のサービスだけとなり、それすら進出企業に勤める従業員のみに提供される現在の米国型に日本もなる可能性すらある。

足元のしっかりしたジャーナリストの本多勝一や作家というより行動する市民運動家だった小田実などは子供だましの「脱構築」やポスト・モダン論などには決して組しなかった。その意味では解体脱構築論は、今ですら危うい市民生活の足元を突き崩す無責任な言説であるという朝日と世に倦むブログ主両者の指摘はきちんと覚えておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »