« 2009年8月2日 - 2009年8月8日 | トップページ | 2009年8月16日 - 2009年8月22日 »

2009年8月9日 - 2009年8月15日

2009年8月15日 (土)

村上春樹を読んで8月15日を振り返る

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

ここに書かれているのは村上春樹が「アンダーグラウンド」で著者初めてのインタビュー取材を終えての率直な感想・感慨だ。

「ねじまき鳥クロニカル」という小説を書くために以前、1939年の「ノモンハン戦争(事件)の綿密なリサーチをしたことがあるが、資料を調べれば調べるほど、その当時の帝国陸軍の運営システムの杜撰さと愚かしさに、ほとんど言葉を失ってしまった。なぜ、このような無意味な悲劇が、歴史の中でむなしく看破されてしまったのだろう。

でも、今回の地下鉄サリン事件の取材を通じて、私が経験したこのような閉鎖的、責任回避型の社会体質は実のところ当時の帝国陸軍の体質とたいして変わっていないのだ。」と村上春樹は「アンダーグラウンド」で少し長い解説のようなのものを「あとがき」に替え書いている。

また、同じノモンハン戦争における陸軍の無責任体質は司馬遼太郎をして「この戦争のことを書いたら僕は死んでしまう。」と言わせたほど愚かな戦争だった。今もこの戦争の真相は完全には明らかにされていない。

作戦立案責任のある関東軍参謀だった辻政信は、その後も全く責任を問われておらす、あろうことか、後のちも帝国陸軍内で出世し、インパール作戦で帝国陸軍を実質的に壊滅させている。辻は人に自決を迫りながら自分だけは戦後も生き延びている。瀬島龍三も生涯、高級参謀としての敗戦責任を語ることはなかった。

村上春樹が強く指摘するのは、地下鉄サリン事件でも現場は命がけで対応したが、地下鉄、消防庁、警察庁のトップがそれに見合うだけの働きをしたとは到底思えないと言う事実だ。

僕ら自身が政治の失敗の本質を分析し、情報の開示を迫り、トップを追及する体質を獲得しない限り、高級役人はいつまでもおいしい生活を続け、私たちを踏みつけにする。地方役人を地方都市に住む市民が追及することももちろん、これからは大切になる。

話を戻すと、この愚かな局地戦争の失敗が検証されることはなく、軍部は2年後の1939年に太平洋戦争に突き進み、ノモンハンと同じ種類の愚劣な失敗を繰り返しながら私達の国を破局の淵にまで追い込んで行く。当時の米軍作戦司令部は、日本軍について「一般兵士は極めて勇敢で優秀。下級将校は生真面目。それ以上の将官は愚かで無能」と記録している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊現代」の大胆選挙予測が現実に

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

自民 44 公明 9 民主 390 共産 8 社民 15 国民 8 日本 2 が「週刊現代」で掲げた最新の衆院選挙予測だが、その根拠は独自調査で全体の傾向として出ている得票率にある。それは民主党 38.1%、自民党 14.6%を各党が小選挙区で獲得した数字として出している。そこで下の記事を読んで頂きたい。これを読むと獲得予測数字は必ずしも絵空事ではないと思えて来る。

「時事通信社が7~10日に実施した8月の世論調査によると、衆院選比例代表の投票先は、民主党が35.9%(前月比1.5ポイント減)、自民党が18.8%(同0.7ポイント減)と、民主党が大きくリードを保っていることが分かった。麻生内閣の支持率は16.7%(同0.4ポイント増)、不支持率は63.1%(同1.1ポイント減)だった」

さて、週刊現代の予測通りとなるかどうか、8月30日の20時が楽しみだ。選挙ステーションにチャンネルを合わせ、ワインを飲みながら民主党の勝利を文字通り味わいたいものだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

民主党 390議席 自民党 44議席 ??

ポチっとよろしくお願いします。

人気ブログランキング ポチっとよろしくお願いします。p>民主党 390議席 自民党 44議席 ??</p>

<p><span style=最新の「世に倦む日々」は週刊現代8月22日・29日合併号の「3万人アンケート当落予測表」を取り上げている。その予測は実に驚きに満ちている。自民党は驚愕の44議席に激減と出ているのだ。この3万人調査はいい加減なものではないと、あの冷静な分析で定評のある「世に倦む日々」ブログが今回取り上げているところに記事の意味がある。

この300選挙区で各100人のネット調査の精度は、期間として前後した朝日や共同の調査結果に遜色はないとブログ主は太鼓判を押している。その独自調査によれば民主党は小選挙区で268議席を獲得する。比例区でも122議席に達し、合計で390議席を獲得すると言う驚異の予想を載せている。

一方の自民党は小選挙区で獲得出来るのは3議席に止まり、比例区でも41議席しか獲れず、計44議席になると言う。
いくらなんでもと、読者も思うだろうと週刊現代の編集も書いているが、得票率傾向は民主党が38.1%で自民党が14.6%と極端に差が開いており、05年度の小選挙区での得票率の差は11ポイント強に過ぎなかった。そこから類推すると今回の予測はあながちおかしくはないと結論付けている。

そこまで民主党を勝たせて良いのかと言う世論の揺り戻しは必ず起き、そこに橋本・東国原連合が新党結成で対抗して行く。後ろだては言わずと知れた経団連。東国原は麻生に似たようなトリック・スターの役割を振られただけなので、舞台場面が変われば別の人間が主役に踊り出てくるのかも知れない。そこに保守派のくさびが打たれることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

酒井法子 夫婦の末路

人気ブログランキングへ

今頃「欧米か!」と言われそうだが、キリスト教が背景にある国ではセックスに罪の意識がどこかであると言う。矛盾する話だが、その罪の意識を消すために夫婦間のセックスだけではなく、白人間のスワッピング(夫婦交換)などでマリファナやコカインが使われことが多いらしい。これは日本に住んでいる白人男性と交際経験のある日本人主婦が彼から聞いた話として「妻たちの性の記録」(ホーム・トーク編)のどこかに載っていた。「セックスでも日本人は生まじめだ。」とセックス・パートナーの白人男性が寝物語にベッドで交換相手の日本人主婦に語るのが何だか可笑しい。

彼等は、米国内で日常的にコカインを使用しているらしい。「富める者の麻薬」コカインが貧しい中南米の国々・コロンビアやメキシコから米国に流れ込み続ける訳だ。マネー・ゲームで儲けた一部の富裕層が日常的なセックスで日常的にコカインを使い続けるという構図が出来上がる。結果、コカインを常用している支配層の米国人に麻薬の撲滅など出来る訳がない。

と言いながら、覚せい剤の乱用が一向に止まない日本は他人のことなど言えた義理でもない。麻薬にも国民性があるらしく勤勉で真面目な日本人には眠くならない、疲れない麻薬・覚せい剤がやはり合うらしい。シャブ漬けセックスに溺れていた酒井法子・高相祐一夫婦が覚せい剤を断ち、更生するのは大変難しいと言う。覚せい剤に溺れる女は身体と心がどこまでも汚くなるらしい。女も男も永遠に続くと錯覚させられたセックスの絶頂感に溺れ、覚せい剤が切れた後はどうしようもない倦怠感に苛まれる。今はだれも読まなくなったが、作家の青野聡は「覚せい剤を使うことは人生の前借りだ」と言っている。借りは利息を付けて必ず返さなくてはならない。そこには地獄からの取立人が待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

麻生首相が早くも敗北宣言か?

<人気ブログランキングへp>

下段は(世田谷通信)と今朝の朝日新聞に出ていた記事だ。

8月11日(火曜日)、千葉県野田市の「鈴木貫太郎記念館」の前で街頭演説した麻生太郎首相は、終戦時の首相、鈴木貫太郎の発言をあげて、「鈴木先生は『負けっぷりはよくせにゃいかん。鯉はまな板の上に載せられてからは包丁をあてられてもびくともしない。あの調子で負けっぷりをよくやってもらいたい』と吉田茂に言っている。これは事実の話。吉田内閣は長いこと続いたが、いろいろな意味で教えていただいた」と語った。麻生首相としては、別に他意はなく、鈴木貫太郎と自分の祖父の吉田茂との発言を取り上げただけなのであろうが、自民党の大敗がほぼ確定している衆院選に向けての演説で「負けっぷりはよくせにゃいかん」という投げやりともとれる発言を引用したことで、多くの自民党候補者の間から「選挙を前にして縁起でもない」「麻生さんは負ける気で選挙に臨んでいるのか」「今から敗北宣言か」など不安や批判の声があがった。

購読している「世に倦む日々」ブログが数ヶ月前なら予測しているように麻生は回りの空気など気にもせず、演説をすればするだけ自民党の基礎票を減らすことになるようだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子の供述を夫が否定

人気ブログランキングへ

ポチっとよろしくお願いします。

酒井法子容疑者の夫、誰も知らなかった高相祐一の供述によれば酒井法子容疑者の覚せい剤使用歴は去年の夏ごろからなどではない。彼女の供述を明確に否定していると言う。妙に口の軽い、この夫はここ数日で急に有名人となり、本人も満足だろう?捜査当局がそこで酒井法子容疑者を追い詰めるには、毛髪鑑定や友人・知人からの証言で証拠を集めることだ。本人の供述をひっくり返すには、誰から覚せい剤を入手していたか、それは何年前からかを立証しなければならない。次にだれが捜査の網に掛るのか興味は尽きない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

酒井法子に不起訴の可能性も

人気ブログランキングへ呆れ果てている鯉のぼりのクリックをお願いします。

下段のネット速報記事を読んで欲しい。5日間逃げ切った酒井法子の作戦勝ちだ。いったい誰が彼女に知恵を付けたのだろう?逃走直前にドンキ・ホーテで大量のミネラル・ウオーターを買い込んだと「世田谷通信」を読んで昨夜書き込んだのだが、覚せい剤漬けの証拠がおしっこと共に流れ去った。実にみごとな手際ではないか。

「覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された歌手で女優の酒井法子容疑者(38)が、覚醒剤の大量摂取を続けていた疑いが高まっている。別居中だった夫の高相祐一容疑者(41)は「たまに会うたびやせていた」と、酒井容疑者の“薬漬け”を示唆している。一方で、酒井容疑者の自宅から見つかった覚醒剤がごく微量だったため、「起訴できない可能性もある」と指摘する専門家も現れた。(夕刊フジ)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報 浜岡原発に異常放射能が発生か

人気ブログランキングへ午前6時NHK速報

駿河湾を震源とする震度6の地震が午前5時7分ごろ発生。浜岡原発に異常放射能発生か。ただ、原子炉は4,5号機が自動停止した模様。

東海大地震の発生が予測される立地にはかねてから不安の声が寄せられていた。このまま原子力発電に頼っていてよいのか。僕らに原子力の制御は出来ない。 

興味がおありの方は4月19日付け当ブログ「柏崎刈羽原発事故は繰り返される。」もお読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

8月9日の「世田谷通信」から

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

麻生太郎についての最新記事

今朝の朝日新聞にも出ていた記事だが、麻生のアホウがまた漢字を読み間違えた。それも9日、長崎での「平和祈念式典」に参列し、あいさつで傷跡をショウセキと読んだのだ。麻生は長崎の被爆者を前に核抑止力を説き憤激を買っている。「世に倦む日々」ブログ主は早くから酷薄で残忍な性格の麻生総理は世論の動向に無関心だから、その彼が応援演説をする度に票を減らすだろうと書いている。事はブログの予測どおりに進んでいるが、時と場所が最悪だ。広島・長崎の平和の願いを踏みにじりに来たようなものではないか。この男を政治の表舞台に立たせ続けさせてはならない。と書いて。。。

酒井法子についての最新記事

「きっこの日記」を覗くと酒井法子の覚せい剤使用歴は数年に及ぶのではないかと「世田谷通信」は伝えていた。「この酒井法子と言う女、元アイドルにしては中々したたかではないか。旦那の高相が逮捕された際に渋谷署への同行を求められると任意かどうかを確認した上に拒み、逃走にあたり大量にミネラル・ウオーターを買い込んでいる。5日間水を飲み続ければ覚せい剤の痕跡を消すことは出来る」きっこさんの読み通り案の定、今夜のニュース・ステーション報道によれば彼女の尿から覚せい剤使用の証拠は出ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

「酒井法子容疑者の供述内容」

人気ブログランキングへ

記事に興味がございましたらポチっとよろしくお願いします。

8月9日の世田谷通信によれば、覚せい剤取り締まり法違反で逮捕され、東京湾岸署で取り調べを受けている酒井法子容疑者は覚せい剤については去年の夏ごろから主人の高相祐一容疑者に勧められて吸引を始めた。と供述していると言う。だが、「酒井容疑者が覚醒剤をやっているという噂は5年以上前からあった。芸能界ではタレントだけでなく、ヘアメイクさんやスタイリストさんまで知っている有名な話」だと酒井容疑者に距離をおく多くの芸能関係者は語っているとの証言を捜査当局は得ており、酒井法子容疑者の供述は虚偽の可能性が強いと見ている。

また、」「酒井容疑者や高相容疑者と仲良くしていた芸能人のグループは、みんな薬をやっているから近寄らないほうがいいというのは、芸能人なら誰でも知っている」常識だとの証言が集まっている。そこで、捜査当局では、今後、毛髪の検査なども実施して、過去数年に渡っての薬物使用履歴なども特定するという。また高相容疑者が供述した複数の人物の裏づけ捜査にも着手したという。さあ、これで大手芸能事務所に所属する歌手やタレントの逮捕がいよいよ近いかも知れない。数々の迂回献金疑惑で名前が挙がっていても逮捕されることのなかった大物自民党代議士も8月30日以降はどうなるか分からない。それと同じような権力構造の地殻変動がまず芸能界で先に起きているのかも知れない。

あたらしい時代の予兆はこんな愚劣なニュースで顕在化されてゆくのかも知れないと思う今日この頃だ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子・高相祐一シャブ中夫妻と仲間たち

人気ブログランキングへ記事が気になったらポチっとお願いします。

「きっこの日記」は志の高いブログだ。ただ、話は堅いばかりでもない。彼女は芸能人の話題も豊富に掲載している。話題の押尾学や酒井法子の麻薬乱用事件も独自の視点と情報網でいち早く取り上げている。彼女のブログには「武士は食わねど高楊枝」的な潔癖さと正義感が溢れている。まあ、法の下の平等などどいうお題目を大上段に振りかざす訳ではないが、自民党の力を借りて覚せい剤やコカインを使っても捕まることのなかったタレントや芸能人の名前を「世田谷通信」で取り上げたくてうずうすしている。彼女の元には高相祐一が警視庁の取り調べで早々にウタッタ覚せい剤使用仲間、それも10数人に上る大物芸能人や大物政治家の孫の含まれるリストが集まっていると言う。

押尾学が自由に出入りを許されていた六本木ヒルズにあるセックス部屋。卑劣・臆病にも程がある押尾学は愛人の銀座ホステスの様子がおかしくなると、全裸の彼女をさっさと見捨てて六本木ヒルズのセックス部屋から逃げ出している。さて、その六本木ヒルズと言えばホリエモン。自分勝手の権化、堀江貴文と親しかった下着通販会社女社長はホリエモンが捕まりそうになると彼からの電話にも出なくなり、堀江貴文が東京拘置所に収監されると堀江のホの字も口にしなくなり、周囲の友人には「あんな人は知らない」とまで言い出したそうだ。

この女社長は一時マスコミへの露出も多かったN・Mではないかとネット上では言われている。彼女はITや新興ベンチャー社長と親しいばかりではなく、若手女性歌手の相談相手にもなっていたと、これは一般紙に出ていた記事だ。相変わらず出版界をにぎわしている佐藤優はインテリジェンスの90%は公開情報で分析出来るといつも言っている。それほど大袈裟な話でもないがその若手女性歌手は大手芸能事務所の男優と恋仲だが、その芸能事務所所属歌手や俳優のスキャンダルがテレビ・スポーツ紙に載ることは過去なかった。それほどの影響力を持つ芸能事務所はさほど多くない。

そこで厚労省直属の麻薬取締事務所の出番だ。8月7日の「世田谷通信」でも触れているが自称プロサーファーは件の大手芸能事務所所属大物芸能人夫妻とはサーフィンを通じて親しかったという。この高相祐一・酒井法子シャブ中夫妻との繋がりを関東麻薬取締事務所は独自に捜査するだろう。握りつぶし圧力が警視庁に効いても厚労省には効かない可能性も高い。ここ数日は「世田谷通信」から眼が離せない展開になって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月2日 - 2009年8月8日 | トップページ | 2009年8月16日 - 2009年8月22日 »