« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

2009年11月1日 - 2009年11月7日

2009年11月 4日 (水)

鳩山内閣の陰謀?

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

鳩山内閣の陰謀?

最新「世に倦む日日」ブログでは長妻昭厚労大臣が鳩山首相の意向に沿わず、念願の消えた年金問題を解決するために行政刷新担当大臣に就いたことが尾を引いていると書いている。鳩山は子供手当てにも派遣労働禁止にもさほど熱心ではなく、鳩山内閣の本質は、民主党が初期に掲げた新自由主義のままだと言う。菅や長妻を人気取りの具に使い、その本質を覆い隠しているのではないかと言うのが「世に倦む日日」ブログの鳩山内閣に対する批判だ。
おりしも本日の朝日新聞朝刊社説に「15.7%の衝撃」というタイトルが載っていた。言わずと知れた長妻昭の最初の成果、貧困率調査について論評した記事だ。小泉自民党の要、竹中平蔵は日本に貧困問題は存在しないと嘯き、湯浅誠がその嘘を厳しく指摘したのは極、最近のサンプロの中でのことだ。NHKを除く新聞やテレビなどのマスコミは貧困率調査に関心を示さなかった点では自民党と同罪だ。何を取ってつけたように書くのだと感じた。「世に倦む日日」ブログが指摘するように新聞・テレビは財務省が藤井の意向の基、生活保護の拡充や子供手当て支給を妨害していることを批判していない。僕らの味方では決してないテレビ・新聞の動向も、鳩山内閣同様、注意深く監視して行く必要があるとつくづく感じる今日この頃だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

森巣博がおもしろい

人気ブログランキングへポチっとよろしくお願いします。

森巣博がおもしろい

森巣博本物のばくち打ちである。彼にとって小説を書くことは余技なのだろう。常日頃から地下カシノと警察の癒着をおもしろい読み物にしてきているのだが、今回の「二度と戻らぬ」(幻冬舎文庫)はバカラ賭博も花札も知らない読み手にも賭博小説の面白さを伝えてくれる小説だ。日本国内で賭博を生業とするのはもちろん非合法である。我らが森巣博はオーストラリアを本拠とし、世界中のカシノを渡り歩く現代の渡世も人は日本の官僚と警察組織の腐敗をこれまでも鋭く、そして面白おかしく描写して来た。「権力は腐敗する。絶対権力は絶対的に腐敗する」この言葉は森巣博の幾多の、これまでに書かれた小説のモチーフのひとつでもある。もうひとつが私たちの愚かさと脆さであろうか。ひとりひとりの人間の肉体は必ず滅びる。思想や精神性は記憶され記録として残るかも知れないが、僕らが一時を過ごした時代は必ず滅び去る。そして過去の行為は変えられない。ただ個人の過去の行為に落とし前は付けられる。ギリシャ悲劇のような展開にフランス哲学のエロスをまぶしたような不思議なばくち小説だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »