« 井成格の嘘とマスコミによる検察の買収 - 検察リークは廃止せよ | トップページ | 郷原伸郎元検察官の見識 »

2010年1月16日 (土)

市民感覚から遠い東京地検特捜部の感覚

いやはや「きっこさん」が最新日記で書いているように東京地検特捜部はアホ・バカ・マスコミと結託・癒着しながら「鳩山・民主党」つぶしに向け暴走し出した。早急に来年度予算を組んで貰わなければならない、現在、東京地検特捜部は誰も頼んでいないことをやり始めた。しかし、こんな茶番捜査で民主党の支持率が急落することはないだろう。一時的に支持率が下がったとしてもそれはただちに持ち直すだろう。それは「きっこさん」の指摘するように、それがどんな茶番か国民は皆知っているからだ。下記は「きっこの日記」からの抜粋だ。僕らの意識もこの通りだろう。

「アホの集団、東京地検特捜部が、とうとうボロを出しちゃった。そう、小沢一郎の秘書だった石川知裕議員と、その後任の会計担当者だった池田光智氏を逮捕して、西松建設の事件で起訴されてる大久保隆規被告の逮捕状もとったのだ。これで、東京地検特捜部のホントの狙いが、事件の解決や解明なんかじゃなくて、完全に「鳩山内閣潰し」だってことが全世界に知れ渡っちゃった。ホント、東京地検特捜部って、頭が悪いよね。やることなすこと、ぜんぶ逆効果だ(笑)

石川議員も池田氏も、これまで、東京地検特捜部の任意の事情聴取にはすべて応じて来てるし、大久保被告だって、別件で起訴されてるんだから、逃げるワケがない。それに、今回の問題は、いくら金額が大きいとは言え、所詮は単なる「虚偽記載」で、普通は逮捕なんかする事例じゃない。これまでの自民党政権時代に、自民党の総理大臣から閣僚から一般の議員に至るまで、みんなそろってやってたことだ。たとえば、フロッピー麻生の内閣の時も、アベシンゾーの内閣の時も、閣僚の9割が政治資金の「虚偽記載」はおろか、遥かに罪の重い「違法献金」までもが発覚してたヤツもいたのに、誰1人として、逮捕どころか、事情聴取すらされなかった。」 そう、今テレビの前の国民の大部分は過去自民党議員は誰も逮捕・起訴されなかったがこれを片手落ちと呼ばず何を片手落ちと呼ぶのかと東京地検特捜部のやり口に大いに疑問を持っているはずだ。「語るに落ちるとはこのことだ。

|

« 井成格の嘘とマスコミによる検察の買収 - 検察リークは廃止せよ | トップページ | 郷原伸郎元検察官の見識 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/33006100

この記事へのトラックバック一覧です: 市民感覚から遠い東京地検特捜部の感覚:

« 井成格の嘘とマスコミによる検察の買収 - 検察リークは廃止せよ | トップページ | 郷原伸郎元検察官の見識 »