« 死刑容認 85% | トップページ | 民主党・石川議員の離党は波乱の幕開け »

2010年2月 9日 (火)

民主党・石川議員に対するマスコミの大嘘

今日9日(火)「きっこの日記」ブログ上でおなじみの(世田谷通信)が下記のような記事を書いている。これを読んで、連日東京地検特捜部べったりの出鱈目報道を続けたテレビ・新聞マスコミの正体をじっくり味わった貰いたい。

民主・石川議員が報道内容を全面否定」(世田谷通信)

東京地検特捜部に異例の逮捕、起訴をされた民主党の石川知裕衆議院議員が、9日午後6時35分から地元の北海道十勝市で会見し、マスコミ各社が検察のリークを元に報道して来た内容を全面的に否定した。石川議員は冒頭で支持者らに心配を掛けたことを謝罪した上で「私が小沢氏の秘書をやっていた時に政治資金報告書の記載ミスをしたことは事実だが、水谷建設などから不正な金をもらったことはいっさいないし、その原資を隠すために(意図的に)虚偽記載したわけでもない」と全面的に否定し「離党や議員辞職はせずに、地域の代表として1日も早く国会で活動して欲しいという支援者の声に応えたい」と決意を述べた。石川議員も小沢一郎幹事長も終始一貫して「水谷建設などから不正な金は1円たりとも受け取っていない」と発言し続けている上に、東京地検特捜部がこれほど強硬な捜査をしてもまったく証拠を見つけることができなかったわけだが、今回、東京地検特捜部が捜査の決め手とした「石川議員に現金5000万円の裏金を渡したと証言している水谷建設の関係者」は、現金受け渡しの場所に現われた石川議員のことを「童顔で長身の男だった」と述べている。しかし石川議員は決して長身ではなく、この人物の信憑性にも疑惑が向けられている。

1月31日に放映されたテレビ朝日のサンデー・プロジェクトでも水谷建設関係者の供述はいかに現実ばなれをしているかをコメンテーターが強調していたが、下の記事はその証拠のひとつと言えよう。

「民主・石川議員が水谷建設に激怒」(世田谷通信)

東京地検特捜部に異例の逮捕をされていた民主党の石川知裕衆議院議員は、保釈された2月5日、新党大地の鈴木宗男氏に電話をして、小沢氏側に裏金を渡したなどと事実無根の供述をした水谷建設の関係者に対して「水谷建設の人がいれば、ぶん殴ってやりたい。いい加減な調書を検察の誘導に乗って作られ、大変な目にあった。頭からウソ話に乗り、取調べをした検事もとんでもない」と憤慨していたことが、鈴木宗男氏の「ムネオ日記」の2月5日付の記事で明らかにされた。一部では、東京地検特捜部が刑務所に収監されている水谷建設の社長に対して「早期の仮釈放」をちらつかせて供述をさせたとの噂もあり、今回の石川議員の憤慨ぶりや、これほど強硬な捜査をしても水谷建設からの裏金が渡った証拠がまったく見つからなかった事実を見れば、真実は誰の目にも明らかだろう。今後の裁判の過程で、誰が嘘をついているのかは明確になるだろうが、何よりも重要なのは「誰が嘘をつかせたのか」ということだろう。(2010年2月9日)


これでもまだ、市民の味方を決してしないテレビ・マスコミの報道を鵜呑みにし、彼らの世論調査を信用し続けろと言うのだろうか。

|

« 死刑容認 85% | トップページ | 民主党・石川議員の離党は波乱の幕開け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/33313507

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党・石川議員に対するマスコミの大嘘:

« 死刑容認 85% | トップページ | 民主党・石川議員の離党は波乱の幕開け »