« 開放出来ない記者クラブ | トップページ | 派遣法改正と社民党 福島党首の行く末 »

2010年2月27日 (土)

海外報道とは真逆の日本のマスコミ報道

海外報道とは真逆の日本のマスコミ報道

昨日25日の「きっこの日記」で取り上げているのは一連の日本のマスコミ報道がいかに本当のことを伝えていないかの例証だ。きっこさんが言うように外国の報道が常に正しいとは限らないが、海外の報道と日本の報道が悉く真逆と言うことはないだろう。もちろん、真実を伝えない産経と読売には僕らを欺く理由があるかだ。それは下段の抜粋を読んで貰うとして、誰もが海外メデイアにアクセス出来るこの時代にそんな簡単にだまされことのほうがおかしいと思うのだ。海外の主要メデイアは英語など出来なくて自動翻訳であらましは分かる時代だ。情報を取るのに一手間掛けることすら惜しむその時代そのものを怪しむ。一次情報に当たることでマスコミに騙されないことに僕らは気付く必要がある。それでは抜粋。

まず、普天間報道の嘘。

何よりも迷惑なのが、政治に関する報道だ。たとえば、普天間基地の問題に関して、ニポンのマスコミは「アメリカが怒ってる!」って連呼してるけど、去年の12月10日の日記、「海外の報道は正反対」でツッコミを入れたように、アメリカを始めとした海外メディアでは、次のように報じてる。

そしてNY・TIMESはそんなことは言ってないのに「ニポンの新政権が、アメリカとの「より対等な関係」を作ろうと動き出したため、オバマ大統領を始めとしたアメリカ政府の関係者たちは、ニポンの新政権に対して「我々は我慢強く待ちましょう」と約束した。」

「これは、ハトポッポの論文の時もおんなじだった。ハトポッポの論文は、何ひとつ問題なんかなかったのに、自民党と癒着してる三流アメリカ人が、論文の言葉尻を取ったデタラメな記事を書き、それを自民党と癒着してるニポンの新聞が大ゲサに報じて、あたかも全米が怒ってるかのごとく垂れ流し続けた。だけど、実際には、「アメリカが怒ってる!」って連呼してたのにニポンのマスコミだけで、アメリカの新聞はノープラモデルだった。ようするに、「読売新聞」や「三流軽薄新聞(サンケイ新聞)」の自作自演だったワケで、あまりにもお粗末な世論操作だった。

ここからは検察の国策捜査に協力したことを海外メデイアが報じた事実。

そして、「読売新聞」や「三流軽薄新聞」の自作自演て、自民党と東京地検特捜部が大恥をかいた小沢一郎の問題もおんなじだ。ニポンのマスコミは、小沢一郎のことをまるで犯罪者のように報道し続けてるけど、これまた、今年の1月21日の日記、
「海外メディアは検察を批判」でツッコミを入れたように、アメリカを始めとした海外メディアでは、次のように報じてる。

「検察は、小沢氏の資金調達の調査をするために、彼の側近3人を逮捕した。検察は、小沢氏にダメージを与えるためのストーリーを外部にリークしてメディアを利用している。これは「恥さらしな行為」であり、日本の政治の実権が、政治家ではなく官僚に握られているという民主党の主張を証明している。」

最後はつい最近の国策操作について。

これは、「障害者団体向け郵便不正事件」もおんなじだ。とにかく、選挙の前に民主党に打撃を与えることが地検の目的なんだから、捜査も取り調べもすべてが「民主党の議員の指示で官僚が不正を働いた」っていう地検の創作したシナリオに沿って行なわれた。そして、寝耳に水の濡れ衣を着せられちゃった元厚生労働省局長の村木厚子さんは、小沢一郎の秘書だった石川知裕議員とおんなじに、最初から一貫して「潔白」だって言い続けてるのに、不当に逮捕されて、不当に拘束されて、不当な取り調べを受けた。

そして、昨日の公判の証人尋問で、元係長の上村勉さんは、「検察官は私が本当のことを言ってもまったく聞いてくれず、調書も取らなかった」「私は村木さんと話したこともないのに、どうしても私と村木さんをつなげたい検察は、供述調書を勝手に作文した」「不正は私が単独でやった。仕事が山積みで、目の前の仕事を早く片づけたかったからだ」って主旨の証言をした。これで、この事件も、小沢一郎の問題とおんなじに、地検によるデッチアゲの「国策捜査」だったってことが白日のもとに晒されたワケだけど、当時、民主党の石井一議員が口添えをしてたって断定的に報じてたマスコミ各社は、いったいぜんたい、どう責任を取るつもりなんだろう?」

|

« 開放出来ない記者クラブ | トップページ | 派遣法改正と社民党 福島党首の行く末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/33549307

この記事へのトラックバック一覧です: 海外報道とは真逆の日本のマスコミ報道:

« 開放出来ない記者クラブ | トップページ | 派遣法改正と社民党 福島党首の行く末 »