« 民主党・石川議員の離党は波乱の幕開け | トップページ | 自民・与謝野馨に巨額迂回献金 »

2010年2月13日 (土)

がんばれ国母選手

おなじみ「きっこの日記」、2月12日(金)の模倣タイトルで今日のブログを始めて見た。そう、スノボーで冬季バンクバー五輪に選ばれ成田から出発する際に、ヒップホップの真似事の、いまどきのガキスタイルで制服を着崩していたことで猛烈な批判を浴びた国母選手へのエール記事を紹介したい。まあ、近代五輪は全てそうだが、元々、欧州白人たちのスポーツ競技の中でも冬季五輪は競技種目そのものがヨーロッパ人によるヨーロッパ人のための競技なのだから、欧州の出店、北米やオーストラリアは別にして、非白人には極めて不公平なルールで戦われる国際大会なのだと僕は思っている。そんな中でスノーボードはエスニック感がぷんぷん臭う競技だ。個人的には僕も「きっこさん」の真似をしてではないが、スノーボード競技どころか、冬季五輪に興味はない。フィギュアの浅田真央が見られればそれで良い口だ。ミーハーで結構。そんな人間から見れば、ドレッド・ヘアー結構、ヒップ・ホップ上等ではないか。20年も昔のことだが、娘の一人がバカロレア試験にようやく受かり、成田へ向かえに出ると彼女がドレッド・ヘアーで出て来て驚いた記憶がある。そう、「きっこさん」が言うようにそれも一過性のファッションでしかない。そんなものははしかのようにたちまち消えてしまうものなのだ。ジーンズのずりさげは兎も角、国母選手のヘアースタイルは相当目立つだろうから、日本スキー連盟の役員は、それを見ても何も言わなかったのだろうか?もし、仮に連盟の役員が「髪を切ったら五輪選手に選ぶ」と言えば、その時点で国母選手は出場を辞退していたかも知れない。20歳だそうだから、大学生にもなって30年も前から存在するアフリカ系アメリカ人の、それも10代のチンピラの格好をそれほどしたいかと言えば、したいと答えるのだろう。子供たちの流行はだれも止められない。さて、下段が「きっこの日記」昨日の結論だ。

「‥‥そんなワケで、あたしは、ニポン人の精神性が理解できない朝青龍に「横綱としての品格」を求めることも、オリンピックを「たくさんある試合の中の1つ」としか思ってない国母選手に「ニポンの代表としての自覚」を求めることも、単なる「主観の押しつけ」でしかないと思う。そして、こうした「主観の押しつけ」をしたいのなら、最初から、こうした力士や選手は選ばなきゃいいと思う。相撲界にしても、スキー連盟にしても、実力よりも服装や態度が自分たちの好みに合った力士や選手を選べばいいと思う。自分たちが力士や選手の実力だけを選択基準にしておきながら、あとから何か問題が起こると寄ってたかっての個人攻撃だなんて、アスカ的に言えば「なんかイヤ~ンな感じぃ」ってとこだ。これで、もしも、国母選手がメダルを獲ったら、今、批判してる人たちは、自分たちが批判してたことなんかコロッと忘れちゃって、「オレ流で金メダル!やったぜ国母!」なんて見出しのスポーツ紙をニコニコしながら読むんだろうな。だから、がんばれ!国母選手!あたしが応援してるぞ!メダルを獲って、堂々とズボンを下げて帰って来い!‥‥って感じの今日この頃なのだ♪」

|

« 民主党・石川議員の離党は波乱の幕開け | トップページ | 自民・与謝野馨に巨額迂回献金 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/33358114

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ国母選手:

« 民主党・石川議員の離党は波乱の幕開け | トップページ | 自民・与謝野馨に巨額迂回献金 »