« ここ一連の沖縄基地報道はマスコミの作為 | トップページ | 弁護士 安田好弘の反撃 »

2010年2月 3日 (水)

不起訴は小沢一郎の実質勝利

今日の「世に倦む日々」のタイトルは「嫌疑不十分の不起訴では幹事長辞任は不要」となっている。下段はその一部抜粋だが、2日の記事では「起訴猶予」で決着するのではないかと予測を載せていたが、ここは「不起訴」と決まり小沢一郎の側の勝利となった。検察と癒着しているマスコミはさぞや慌てていることだろう。

小沢一郎は自分の味方をしないマスコミ全体を相手にしていない。従って媚も売らない。個人的には強面権力者そのものの小沢一郎は好きではないが、今のひ弱な民主党には悪党が必要だ。言うまでもなく中世の日本では「悪」とは強い者を指す。「悪源太」が今の民主党には必要だ。これから小沢一郎の逆襲が始まる。1月10日前後に友人とワインを賭けていたのだが、これでワインは僕のものだ。そう、僕は「小沢一郎は起訴されない」のほうに賭けていた。検察庁幹部は小沢一郎との決定的な衝突を避けたのだろう。自民党代議士なら今まで誰も起訴などされていない微罪で小沢一郎を立件出来るはずがない。西松事件でも「法の元の不平等」があからさまになったばかりではないか。参議院選挙でも民主党は大勝する。選挙後に検察批判の世論が沸き起これば、検察官僚たちも無傷では済まない。小沢一郎の復讐が怖くないはずがない。

「一夜明けると、「嫌疑不十分」での不起訴が大々的に報道されていた。朝日新聞も1面トップで出ていて、朝のテレビ各局のワイドショーも同じ情報を一斉に伝えている。昨夜(2/2)、検察幹部からマスコミにリークがあったということだ。しかも、このリークの発信元は最高幹部で、おそらく検事総長の樋渡利秋だろう。こんな情報を下っ端が流せるはずがない。TBSの報道では、検察内部に不起訴に対して異論も出ているとあり、これは特捜部長の佐久間達哉を指すのだろう。本当のところは蓋を開けてみないと分からない。嫌疑不十分の不起訴が最終結論であれば、事実上、これは検察の敗北に近く、小沢一郎は幹事長辞任の必要はなくなる。あれだけ検察の総力を上げた空前の強制捜査をやりながら、証拠を固められず、裁量による起訴猶予にさえ持ち込めなかったということで、検察の捜査失敗の誹りは免れない。同じ不起訴処分でも、嫌疑不十分はシロに近いグレーであり、起訴猶予はクロに近いグレーである。グレーでもシロに近い不起訴なら、小沢一郎に幹事長辞任を迫る刑事責任が生じたとは言えず、すなわち「司法当局の厳正な捜査の結果、刑事責任なしの結論を得た」と開き直って憚ることはない。裏を読めば、報道のとおり嫌疑不十分の不起訴なら、1/31の検察との二度目の事情聴取の席で取引されたのは、幹事長辞任ではなく、可視化法案の提出延期と検察人事への不干渉の二つだったということになる。」

それにしても今夜のニュース・ステーションのフルタチは悔しそうだった。この局も反小沢で固まっていたのだろう。まあ、小沢一郎はテレビ・マスコミも一顧だにしないのだから影響力を行使出来ないテレビ・マスコミは予想が外れて頭の痛いことだろう。

|

« ここ一連の沖縄基地報道はマスコミの作為 | トップページ | 弁護士 安田好弘の反撃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/33239499

この記事へのトラックバック一覧です: 不起訴は小沢一郎の実質勝利:

« ここ一連の沖縄基地報道はマスコミの作為 | トップページ | 弁護士 安田好弘の反撃 »