« 沖縄県民の怒りと失望 | トップページ | 柏崎刈羽原発が700年分の放射性物質を排出」(世田谷通信) »

2010年3月27日 (土)

社民党の裏切り、沖縄県民の怒り

このところ普天間移設問題で揺れる鳩山政権だが、裏ではどんなことが起きているのかと思い、3月26日(金)の「世に倦む日々」に眼を通して見た。昨日の朝日にも出ていたが、国外移設を主張して来た社民党の政権離脱は起きそうもない。福島瑞穂の沖縄県民に対する露骨な裏切り行為だ。もちろん、その可能性がない訳ではない。ここは国外移設が可能であることを広く知らせるべきではないか。下はその抜粋だ。

「逆に言えば、だからこそ、テニアン・サイパン移転は現実的なのである。国外移転が普天間移設案として現実的なのだ。テニアン島も小さな島だが、3/20のシンポジウムでの吉田健正の話では、何とこの島の北3分の2が国防総省の所有地で、しかも国防総省の所有地でありながら全く無人状態で利用されず放置されていると言う。だから、テニアン市長は土地の有効利用を求め、沖縄の海兵隊の誘致移転を言っているのである。軍の所有地である以上、テニアン市はどうすることもできず、また、土地を返還されても市には開発の構想と資本がない。グアムとサイパンへの観光客は(特に日本から)年々減っている状況がある。吉田健正の説明では、テニアン・サイパンを含む北マリアナ連邦州(CNMI:Commonwealth of the Northern Mariana Islands)には、現状、何とわずか海兵隊員2名しか米軍は配備してないのである。CNMI全体でわずか2名の米兵の駐留。話を聞けば聞くほど、私の中でテニアン・サイパンへの移設は現実味を帯びるが、その移設案を日本国内で真面目に検討し提案する者がいない。阿部知子と下地幹郎の二人が1月に現地視察の蜜月旅行をしたとき、グアムの知事は普天間移設に否定的で、理由はわからなかったが、移転受け入れを拒否していた。おそらく、米国政府から事前に手が回っていたのだろう。ところが、テニアン市長と北マリアナ連邦州知事は、日本のマスコミの前で堂々と誘致歓迎を言うのである。二人に米国政府から手が回ってないはずはないが、日本政府の視察団に正式に移設歓迎の意向を伝えた。日本政府として十分に外交交渉の要件にできる事実である。

ここまで書いたところで、福島瑞穂が今朝(3/26)の閣議で昨日の政府案に反対を表明した記事がネットに流れ始めた。時事産経日経読売日刊スポの5紙の記事が出ている。記事の論調が5紙で微妙に違う。読売と日経と日刊スポーツは県内移設の2案に反対を表明したと書き、日刊スポーツは「計画の撤回を求めた」とある。しかし、時事と産経の記事を読むと、福島瑞穂が反対したのは2案のうち、海を埋め立てる勝連沖案で、「埋め立て」による移設に反対したのだと書いている。すなわち、辺野古陸上案への反対は明言しなかったということになる。時事と産経の保守2紙の記者のセンサーがピンと来たのだろう。その意味は簡単で、阿部知子の県外案の変形版である徳之島への「機能移転」とセットになった辺野古陸上案を暗に支持する構えでいるのだ。徳之島と辺野古陸上を組み合わせた移転案なら、社民党として合意して政府内に踏み止まりますというサインを出している。辺野古陸上案というのは、単に民家の上をヘリが通って危険だからというだけでなく、キャンプシュワブ内部の赤土を削り、それが海に流れ出して環境を破壊するという理由で、環境面から問題視されて実現が見送られた代替案のはずだった。福島瑞穂がその経緯を知らないはずがない。政府案は3/31に発表されるという段取りになった。その前に、基本政策閣僚委員会を開いて三党合意すると言う。おそらく福島瑞穂は、辺野古陸上案と徳之島案をセットにした政府案で最終的に了承する気だろう。県内移設は反対と言っていた立場の転換であり、沖縄県民への裏切りである。そのような裏切りの決定をして、次の選挙で社民党に支持者が投票するだろうか。

社民党は連立離脱を覚悟して、基本政策閣僚委では県内移設に絶対反対を貫くべきだ。

|

« 沖縄県民の怒りと失望 | トップページ | 柏崎刈羽原発が700年分の放射性物質を排出」(世田谷通信) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/33958987

この記事へのトラックバック一覧です: 社民党の裏切り、沖縄県民の怒り:

« 沖縄県民の怒りと失望 | トップページ | 柏崎刈羽原発が700年分の放射性物質を排出」(世田谷通信) »