« 2010年3月21日 - 2010年3月27日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »

2010年4月4日 - 2010年4月10日

2010年4月10日 (土)

マスコミは民主党が大嫌い

最新「世に倦む日々」を覗いてみた。購読しているのだが、このところ忙しくて読んでいなかったからだ。いつもの如く主張は明快だ。新聞・テレビマスコミは既定路線ある。このブログが主張するように旧来の自民党を支持し、民主党の政策を非難し続けることだ。

違法献金などは自民党の首領級を叩けば埃の立たない者などひとりもいない。それでも小沢一郎と鳩山由紀夫、この場合は親の金だが、を叩けば民主党の支持率は確実に落とすことが出来る。消費税も朝日の社説は堂々といつ上げるのだと言いまくり、沖縄の負担を減らそうとする鳩山由紀夫の態度を反米だと叩く。「マスコミよ、お前はどこの国の新聞だ」と言いたくなる。それでは抜粋を紹介する。

何故、自民党は生まれ変われないのだろうか。一昨年、福田康夫が政権を投げ出して麻生太郎を総裁にしたとき、自民党は5人の総裁候補を立て、バスを仕立てて全国行脚に繰り出した一幕があった。明らかに衆院選前の選挙キャンペーンであり、政権交代に勢いづく民主党に対する反撃の宣伝工作だったが、このとき、報道ステーションがどこかの自民党県連を取材して、面白い内部情報を伝えていた。20数か所の地方都市で開催された総裁選の立合演説会は、党中央の動員要請にも拘わらず、どこもガラガラで、県連も本腰を入れて集客に動いてなかった。小泉構造改革で地域の経済と医療をボロボロにされ、従来の支持者も自民党から離反していて、その県連幹部は自嘲気味に、「一ぺん選挙に負ければいい」と口にする始末だった。選挙に負けて、下野して、頭を冷やして、一から出直せばいいと言っていたのである。テレ朝らしい「政権交代」のプロパガンダの一環だったが、地方の自民党県連の深刻な内情を浮かび上がらせた報道だった。そして、約1年後、その報道のとおりの結果が訪れた。この与謝野馨の新党の騒動を見ながら、件の県連の幹部はどう思っているだろう。下野から半年が経ったが、自民党は選挙敗北について正しく総括をせず、新しい政策理念を掲げて党を再生するという動きを起こさなかった。通常であれば、その動きが起きていて当然なのである。地方組織から自民党の反省会が始まり、小泉構造改革が槍玉に挙げられ、戦犯が追及され、新自由主義を清算した新しい路線が定置されなければならなかった。

それが自民党が生まれ変わるということであり、野党としての再建と挑戦が始まるということである。攻守ところを変えた二大政党の攻防の新時代を迎えるということだった。だが、自民党はそうした政党本来の再生の試みに動かなかった。何故なのか。秘密はマスコミにある。この半年間のマスコミの政治論調を見てわかるとおり、マスコミが正論としている政策は、与党の民主党ではなく野党の自民党のものなのだ。マスコミが自民党の政策を支持していて、親米新自由主義の構造改革路線を正論として定礎したままだから、自民党は反省も総括もできないのである。その必要がないのだ。国の重要政策を見てみよう。消費税について、マスコミは即大増税に賛成であり、民主党の4年間据え置き策に反対である。普天間移設について、マスコミは現行案の「辺野古沖」に賛成であり、日米同盟を危うくするなと言い、「辺野古沖」に戻ろうとしない民主党を批判している。郵政民営化見直しについて、マスコミは亀井静香を袋叩きにし、民から官への逆戻りだと罵り、小泉構造改革の郵政民営化こそが民意だと咆えている。政治的公平であるはずのマスコミは、実は明確で強烈な意思と路線を持った一つの政治勢力であり、めざす路線を国民が支持するように刷り込みを続けている。新聞とテレビで徹底した世論工作を続けている。マスコミの路線と政策が自民党のそれと同じであり、だから、自民党の政策はマスコミから批判されることがない。選挙で負けても、自民党にはマスコミが味方している。マスコミ報道において、日本の政治の正統は自民党であり、異端が民主党なのだ。

マスコミの異常さが分かる。彼らは国民の味方をけっしてしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

柏崎刈羽原発が700年分の放射性物質を排出」(世田谷通信)

表題は日本の原発の中でも飛び切りのデタラメな発表を続けている東京電力・柏崎刈羽原発にまつわる事実をそのまま報道している「きっこの日記」からの抜粋だ。巨大地震の発生で何も被害が出ないはずがない。7億ベクトルもの放射性物質「ヨウ素」が放出されたとなると地域住民、特に子供たちに健康被害が出てこないか心配だ。

「2007年7月に起きた新潟県中越沖地震によって、耐震強度を偽装して建設されていた柏崎刈羽原発は大破して黒煙や水蒸気を大量に放出したが、東京電力は「環境や人体には影響がない」とコメントした。しかし市民団体による調査で、翌年春の原発周辺のサクラの花に大量の奇形が発見されたことや、付近の海で異常に巨大化した魚介類や奇形魚が増加した。こうした報告を受けて、物理学者で環境経済学者である槌田敦氏が試算したところ、柏崎刈羽原発は地震から2日の間に、通常の原発が1年間に放出する量である100万ベクレルの700倍にもあたる7億ベクレルもの放射性物質「ヨウ素」を放出していたことが分かった。槌田氏が「問題はこれだけ大量の放射性物質を出しながら、排気筒の放射線モニタには全然変化がなかったことです。これまで東京電力は、この放射線モニタを根拠に放射性物質は自然界のレベル以上は出していませんと主張していましたが、それが当てにならないことがはっきりしました。原発の排気筒から出る放射性物質は、大量の空気で薄められているだけなのです」と指摘した。(2010年4月6日)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月21日 - 2010年3月27日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »