« 英検1級2次試験に漸く合格 | トップページ | 英検1次試験合格まで »

2013年7月19日 (金)

英検1級2次試験合格顛末記

2012年の第1回で1次試験に合格、それからちょうど1年後、1次免除の4回目挑戦で漸く2次試験に合格した。思えば61歳になった時点でそろそろ退職後が見えてくる。一応、部長職に着き、始めたプロジェクトもうまく立ち上がり、ほぼ、12年。部門として15億を売り上げようになり、利益も10%出ていた。最後の2年はゼロからの社員教育の責任者に着いた。4年目までの社員に英語を含めて教育を施すことになった。講師は社内外に外国人の知り合いは多く、それ自体は困らないが、企画は自分で立てなくはならない。そこで2級しか持っていない英検を1級まで格上げすることにした。はっきり言って、社員の卒業した大学のレベルは高い。特に女性は上智、津田塾、慶応、早稲田は当たり前、男も明治、早稲田、千葉大などの国立出もいる。それなりの教育企画を立てないと馬鹿にされる。そこで、読書が趣味なので、英語、仏語のオリジナルは読み続けて来たので、単語力には自信があった。それでも、試験に出る単語の難しさに最初は驚いた。少なくとも1万語は英単語は知っている自信があったからだ。しかし、過去問を、まず単語に限り解いてみると2回試して25問中19問から20問しか正解が出せなのだ。しかたなく、単語問題集を買った。ただ、実際の1次試験に合格するまでにも1年以上掛かっている。結局、模擬試験問題集、これにはリスニング模試問題は入っていなかったが、筆記試験の時間配分、特に英作文の時間も取るように心がけ、時間内、  100分で問題が解けるようになって初めて1次も合格した。

2次面接は1回目は1次合格から2週間しかなく、もちろん、仕事もあり、それも慣れない仕事だったので、土日以外は時間も取れず、殆どぶっつけ本番で望み、結果は56点、英国人女性の評価委員の先生に発音が悪く、良く聞き取れないといわれる有様。結果的に発音の評価は8点、スピーチは18点だったので、これが祟り、轟沈してしまった。

|

« 英検1級2次試験に漸く合格 | トップページ | 英検1次試験合格まで »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/52519875

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級2次試験合格顛末記:

« 英検1級2次試験に漸く合格 | トップページ | 英検1次試験合格まで »