« 英検1級合格のためにやるべきこと! | トップページ | 英検1級合格までの軌跡 単語力と英作文力 »

2013年7月29日 (月)

英検1級合格記録 60歳からの挑戦!仏語が得意?

僕は60歳を過ぎてから、社内研修プログラムをゼロから立ち上げることになった。それまでは営業管理職、上級管理職を10年程続けていた。62歳になり、定年が見えてくる中で、総務に移動となり、30名ほどの3年目までの社員を対象に、色々な研修プログラムを企画し、立ち上げた。その中にもちろん、英語研修も含まれていた。社員のレベルはそれなりに高く、英検は準1級なら2名ほどいたし、TOEICも860点台は1,2名いた。ただし、英検1級は、部長職の女性が1名持っていたが、3年目までの社員の中にはいない。東京、大阪、名古屋、福岡で約400名が働いていたが、1級ホルダーはたったの1名。ただし、ロンドン本社や欧州の支店網で働く日本人については不明、そちらでは600名ほど、殆どはヨーロッパ人の社員だが、香港を含めて、どれだけの人が1級を持っているかは今でも判らない。僕は大学の1年のときに2級を取ったが、その当時の米国の人種差別やベトナム戦争の理不尽さにとことん愛想が着き、英語の勉強はやめてしまい、会話の勉強はフランス語に切り替えた。学部は外国語とは関係なく、結局全て独学でやって来た。4年次には、基礎的な会話ならフランス語で出来るようになり、出来たばかりのパリ支店に東京採用でもぐりこみ、23歳で1年研修で出た。それ以来、日本で営業したり、長期出張でパリやロンドンへは何度も出向き、30代後半から40代前半の足掛け6年、パリで駐在生活も体験した。2人の子供たちもIB、インターナショナル・バカロレアを30点台半ばの成績を取るまでになった。いまなら世界中の1流大学へ入学できる成績だった。それは、兎も角、僕は仕事と会話はほとんど、フランス語で済まして来たので、研修企画責任者になった当初、63歳で英検1級の1次しか持っていなかったにも係わらず、ホルダーと、研修社員に言った手前、2次については、結構プレッシャーを感じた。ただ、英語研修はネイテイブの他に、欧州人、仏語を話すマグレブ諸国の外交官に講師をお願いしたので、僕は講師とはフランス語、生徒にはひどい日本語なまりの英語で英語研修時間は通した。そんな中で、2次試験に何度も臨むことになった。会社は64歳になり、満期退職。ささやかな年金も満額支給となった。余談だが、フランス政府からも60歳から、年額数千ユーロに過ぎないが、生きている限り年金が支給される。さて、このブログはそんな、殆ど英語は会社人生を通じて不勉強だった60過ぎのじいさんでも英検1級に合格した顛末を次回からは、この場でお話して行きたい。

|

« 英検1級合格のためにやるべきこと! | トップページ | 英検1級合格までの軌跡 単語力と英作文力 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

KATO様

ご理解頂きありがとうございます。気楽にご覧頂き、コメントをいただければ幸いです。語学はNHKで十分です。ご存知でしょうが、きちんと講座を使えば2年でものになります。がんばって下さい。


ほうろうおす拝

投稿: はぐれおす | 2013年12月 9日 (月) 09時47分

はぐれおす様

ブログを拝見し、安易にブログ開設についてアンケート形式でお伺いしましたことお許し下さい。

最初のお伺いに対するお返事やブログの内容から拝見して、ブログを継続されているご意図を汲むべきでした。

たいへん失礼なアンケート送信いたしました。
お詫びします。

私も見習って、ラジオでの英語講座などで少しでもヒアリングをしようと思います。

お返事有難うございました。  kato

投稿: kato | 2013年12月 9日 (月) 01時32分

カトー様

ネットでアンケート調査と言う方法では、そちらの意図及び団体の存在の真偽すら確認することもできませんので、その手法そのものが安易ではないですか?お互いに氏素性がわからないのが、ある意味ネットの自由さでもあります。お互い自由に発言、発信していてこそのブログ、ブログの匿名性の気楽さです。堅苦しく調査に応じるのは、僕のスタイルではないので、残念ながらアンケートには応じられません。僕のつたないブログから主旨、意図を汲んでいただくのはご自由に。

はぐれおす

投稿: | 2013年12月 7日 (土) 11時39分

はぐれおす様
早速のお返事有難うございます。
目標を持って、体力気力資力を注いで自分をアップするお姿は興味ある分野が違えど、励みになります。
さて
ブログを拝見しメールさせていただきましたが、こちらの詳細をお伝えせず失礼しました。
大変失礼なお願いかもしれませんが、以下についてご協力いただければ、ありがたいです。
よろしくお願いします。  kato


シニア世代のブログ作成者に対するアンケートについて(ご協力のお願い)

 時下、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
 さて、唐突なお願いのメールを送付することをお許しください。
私たちは、神戸市(消費生活課)が開講している「神戸コンシューマー・スクール」の受講生で、「インターネットのあるべき姿」について研究しており、シニア世代でブログをされている方にアンケート調査を実施したいと考えております。お忙しい中まことに恐縮ですが、以下のアンケートにご協力いただけますよう、お願い申し上げます。
平成25年12月5日
                                        神戸コンシューマー・スクール(第5期)
インターネット研究クループ 一同

[アンケートの主旨]
私たちは、当初「シニア世代にとってインターネットは難しく、苦手意識を持たれている方が多いのではないか」と考えていたのですが、研究調査を進める中で、この世代の多くの皆さまがインターネットを巧みに活用されていることがわかりました。
そこで、現在ブログという形で情報発信され、ネットについて知識とご経験をお持ちと思われる皆さまにアンケートをお願いしたいと存じます。以下の8つの質問にご記入のうえ、katoのメールあて、あるいは掲示板上にてご返送をいただけたら幸いです。
なお、本アンケートの結果については統計的な利用のみで、個人が特定されるような形での利用は一切いたしませんので、ご理解とご協力をお願いいたします。

問1.何歳の時からブログを始められましたか。よろしければ、開設期間もお教えください。

問2.ブログを始められた動機やきっかけをお教えください。

問3. ブログを始められ、反応はいかがでしたか。

問4. ブログを始められ、生活は変化しましたか。

問5. ブログを続けるにあたり、気をつけていることはありますか。

問6. ブログされていて、困ったことがありますか(ありましたか)。

問7. ブログだけでなくSNSも利用されていますか。

問8.そのほかのご意見や、これからブログを始めようという方へのアドバイスがあれば、
お書き下さい。

ご協力、ありがとうございました。

投稿: kato | 2013年12月 5日 (木) 22時36分

KATO様

はじめまして。

ブログ開設の経緯は、このブログで再三触れている通りです。僕も検索で1級や通訳案内士のことを知りましたし、1級ホルダーや通訳案内士ブログで情報を集めましたので、僕もそれに続きたいと思いました。それが、これからそれらの資格を目指す方たちの参考になれば幸いだと思うからです。

このブログを続けていられるのも、自分の記録のためと独学だとみなさん、相談する人がいません。それは僕もそうでした。また、1級ホルダーの方に助けられました。これからの方、資格ホルダー方たちを意識して書き続けています。外国語は高額な授業料を払ってまで身につけるものではないでしょう。もちろん、それなりにお金は掛かります。しかし、それは合理的使うべきでしょう。それが、僕の考えです。ご参考になれば。勉強は孤独です。またその中で集中しないと高度なレベルには、僕のような凡人では達することはできません。

はぐれおす

投稿: はぐれおす | 2013年12月 5日 (木) 14時18分

はぐれおす様。

はじめまして、katoと申します。

60歳からの挑戦という検索でこのページを知りました。

英語の英検からさらに通訳資格を目指されているようで、目標に向かっての計画や経緯を書かれており大変参考になります。

ブログ開設のきっかけや継続の工夫について、差し支えなければお伺いしたいのですが、質問させてもらってもかまいませんか?  kato

投稿: kato | 2013年12月 5日 (木) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/52655636

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 60歳からの挑戦!仏語が得意?:

« 英検1級合格のためにやるべきこと! | トップページ | 英検1級合格までの軌跡 単語力と英作文力 »