« 英検1級合格記録 60歳からの挑戦!仏語が得意? | トップページ | 英検1級1次合格は単熟語と英作文 »

2013年7月30日 (火)

英検1級合格までの軌跡 単語力と英作文力

僕は結局のところ、61歳から英検1級の勉強を始めた。昨日も書いたが、長年の営業畑から、新規商品開発プロジェクト終了と共に64歳の定年を見越して、会社が、と言うより社長直属で若い4年目までの社員教育を任されたからだ。事務畑の補助者は1名ついたが、企画から内容の策定、実行まで、全くゼロからの立ち上げだった。この中で英語については、英検1級受験を志たのと、社長からの直接命令が同時だったのは幸いだった。他の科目、ITとか発想力などは社内のIT専門家や外部セミナーに参加することで、中身については組み立て可能だったが、英語、これは会話力やスピーチ、英語によるプレゼンは英検1級の1次と2次を参考に、社内事情に合わせて問題が作成できたからだ。英検1級の1次については2012年の6月に合格するまでに結局は1年を要した。この間、1度は飛ばしたが、都合3回受験したことになる。この3回は、それぞれ79点、79点と続けて1点足らずで落ち、3回目に85点で合格した。決め手は単熟語と英作文だった。単語が20点で作文は20点だった。教師は英国人と他はボランテイアで仏語圏の方々にお願いした。英国人の講師の方とは、まずは、マイケル・サンデルの白熱教室のようなスタイルで、初回は進めていただいた。問題提起、フリー・トークのような形だ。やはり女性社員のほうが積極的で優秀でもあったと記憶している。もちろん、司会の僕も、ひどい発音だが、授業中は指示も全て英語で通した。その上で、全員に感想文を200字の制限で、英作文して貰い、講師の方に採点して頂いた。

|

« 英検1級合格記録 60歳からの挑戦!仏語が得意? | トップページ | 英検1級1次合格は単熟語と英作文 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/52670637

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格までの軌跡 単語力と英作文力:

« 英検1級合格記録 60歳からの挑戦!仏語が得意? | トップページ | 英検1級1次合格は単熟語と英作文 »