« 英検1級合格記録 得点配分そしてリスニング力 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング対策II »

2013年8月19日 (月)

英検1級合格記録 リスニング対策

英検1級合格、1次試験筆記では、リスニングを除き60点を獲得することが、安全圏合格の定説となっているようです。単熟語で20点、長文穴埋め・内容一致で20点、英作文で20点、どなたも強いところと弱いところがおありでしょうから、どこかで18点なら、ほかで22点とバランスを取って、兎も角60点を目指す。純粋に筆記テストなら、時間を掛ければ、英検1級はフォーマットを克服すれば60点は取れるようになります。さて、そこでリスニング対策ですが、1次試験合格者、リスニングの合格者平均の点数はなんと27点です。34点満点で80%、8割の出来で合格しています。僕、個人の感想では単熟語の17,8点平均は低すぎると思いますが、どうも合格者はリスニングで点数を稼いでいるようです。しかし、27点は負け惜しみではなく、結構ハードルが高いと思います。これはやはり帰国子女が合格者平均点数を押し上げているのですかね?僕の娘たちも、まあ、英語圏からの帰国ではありませんが、帰国子女でしたと再三書いています。彼女たちは僕のフランス語・英語の発音は、さすがに笑いはしませんでしたが、どうして欧州人に通じるのか、(失礼なことに)内心、不思議に思っていたふしがあります。(本当に失礼です。)それは、さておき、34点中、パート1からパート2では20点、ここで3つ間違えても3点減点ですか、パート3からパート4で14点、ここで2つ間違えて4点減点。まあ、時間がないなかでの写し間違いもありますから、1,2点損をすることもあるとはおもいますが、結構ハードルは高いですよね。僕個人は79点で不合格の2回目、3回目では、それぞれ25点、26点、2012年第1回の合格時も26点でした。結局27点は合格までに一回も取れませんでした。帰国子女恐るべしです。さて、純粋日本人、ここ、日本で育ち、留学経験もない、仕事で英語圏の人たちと接したこともない受験生はどうしたものでしょう。リスニングの壁を突破しないと、仮に筆記で60点を取っていても合格は見えてこないようです。対策はもちろん、あると思います。あると信じたい。確かに大人になってから外国語を始めた人たちは、発音、リスニングに難があるのは仕方のないことです。もちろん、なにごとにも例外はありますが。、それでは、対策のお話は次回に。すみませんが、時間がなくなって来てしまいました。早朝のセミが鳴き始めました。皆様、熱中症にお気をつけて。

|

« 英検1級合格記録 得点配分そしてリスニング力 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング対策II »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/52935813

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 リスニング対策:

« 英検1級合格記録 得点配分そしてリスニング力 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニング対策II »