« 英検1級合格までの軌跡 娘たちのIB(国際バカロレア)取得 | トップページ | 英検1級合格 パリで国際バカロレア取得 »

2013年8月 2日 (金)

英検1級合格 娘たちのIB(国際バカロレア)

長女が都内の国立大学に入学して、パリの私立リセで同級生だった子達が何人か、日本に帰っていた。一部の同級生はロンドン大学やコロンビア大学などへと進学していた。日本では当時、IBを評価基準に入れている大学が少なく、2年ほど前に帰国していた僕が願書を貰いに、いくつかの大学を訪ねた記憶がある。それは兎も角、その友達に誘われて、まずは英検準1級を彼女は受けることにしたようだった。特になんの準備もせずに1次筆記は通り、2次面接の日が来た。なんと彼女はその日曜日当日、寝坊してしまった。僕は、その日面接試験日とは聞いていたが、時間までは聞いていなかったのだが、何気なく、彼女達の部屋越しに声を掛けた。長女は「大変だ!遅刻だ。どうしよう!」と僕に聞いて来た。どうも試験開始まで40分くらいしかなかったらしい。僕は「行くだけ行ってみたら」と言い、彼女は大慌てで出かけていった。試験場では、皆、面接を待って並んでいて、、かつての同級生に「○○、なにやってるの」と呆れられる始末。どうも、後一人のところで長女の番だったらしい。それでも結果はなんとか合格した。やはり、日ごろから英語圏の友達と話している帰国子女は有利なのだろう。ただ、その後の人生で仏語、英語の資格がそのまま生かされたわけでもなさそうだ。要はどのようなその後の人生を歩むかの選択次第なのだろう。彼女は英語の教員資格を取ったが、フランス語が生かされる職場ではなかった。ただ、面白いことに、結婚した相手の職場の社長は偶然フランス人で、その後何度か言葉は交わしたようだ。さて、単熟語の話に戻ろう。今読んでいる小説に pathological 病理学的な、mutually exclusive 二律背反、to be monoganous with her 相手を彼女だけに絞って、たった、2ページを英語で読んだだけで、1級1次クラスの単語や言い回しは沢山でてくる。またも多読の勧めです。電子辞書があれば時間は取られません。しかし後で履歴をたどり、脳内に定着していない単熟語は書き出してみてください。2度目には覚えられます。

では、頑張って!!

|

« 英検1級合格までの軌跡 娘たちのIB(国際バカロレア)取得 | トップページ | 英検1級合格 パリで国際バカロレア取得 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/52704225

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格 娘たちのIB(国際バカロレア):

« 英検1級合格までの軌跡 娘たちのIB(国際バカロレア)取得 | トップページ | 英検1級合格 パリで国際バカロレア取得 »