« 英検1級合格までの軌跡   長文解読 | トップページ | 英検1級合格まで  単熟語力を付ける »

2013年8月 9日 (金)

英検1級合格まで 単熟語の習得

25問出る単熟語のは、予想問題を多数解いてみて80%こなせるようになれば、合格ラインだ。無料サイトが無数にあるので、それらを解いてみたらよいだろう。一つの単語を覚えるのには5回の書き出しを行い、ポストイットに4つほどを書き留めて持ち歩いたらよいだろう。通勤や通学時に手帳にでも貼り付けて覚えるのだ。そして覚えて先から捨てる。それの繰り返しで現在の単語力を飛躍的に伸ばすことが出来る。熟語はもっと覚えやすいと思うので、面倒がらずに続けて欲しい。毎日休まずやり遂げる意志があれば、続けられる。そして、多読だ。気に入った洋書の最初の10ページを読みきれば続けられる。おもしろくないと思ったら、無理には読み続けないことだ。別の本に取り掛かればよい。それが洋書を読み続けられるこつだと思う。それでは、頑張って!!

追伸

つくづく、欧州語は文法的にも、語源的にもよく似ていると思う。僕はフランス語を主に使って来て、30年ほどの空白期間の後、英検1級に挑戦した。62歳になっていたが、先を見越して退職後の役に立てばと、4回目の挑戦63歳になっていた2012年の第1回で1次合格、この間、社員教育をやりながら2次試験に臨んだが、4回目の1次試験免除の最後の機会で漸くぎりぎりの点数で合格。2級は大学1年の時に取った覚えがある。それはそれとして、英検試験が一段落したので、フランス語をやり直しているのだが、例えばフランス語の一表現、 joue  son role ... play his role .  empeche les enfants de s'epanouir ... prevent  the children   from blooming.

まあ、ここに出てくる単語は似ていなが、文法はそのままなのだから欧州語圏の人たちは、もちろんハンガリー、フィンランドなどの人たちは違うが、お互いの言葉を勉強するは本当に楽だと思う。

|

« 英検1級合格までの軌跡   長文解読 | トップページ | 英検1級合格まで  単熟語力を付ける »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/52810710

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格まで 単熟語の習得:

« 英検1級合格までの軌跡   長文解読 | トップページ | 英検1級合格まで  単熟語力を付ける »