« 英検1級合格記録 1次試験まで18日 リスニングの極意 | トップページ | 英検1級合格記録 1次試験まで16日 祝東京語論 »

2013年9月27日 (金)

英検1級合格記録 後17日で何が出来るか? 祝東京五輪

1

0月13日(日)試験当日の朝まで何が出来るか?1級1次試験の開始時間は13時半だったように思う。僕は神田駿河台と広尾、合格したのは九段下と都心で受験した。リスニングのことを考えると、試験会場には1時間以上前に到着し、演題の真下から2,3列目後ろの真ん中の席に座ったほうが、CD再生時の音が聴き易いように思う。その位早く到着すれば、座る席は選び放題だ。50人ほどの受験生が座る教室で、1次試験に合格するのは、3,4人といったところだろう。当日の朝もいつもと変わらず「7日間で完成、完全予想問題」を解き、歩いている時はリスニング音源を聞く。電車の中では難解単語の克服を最後までチェックする。そう、日常のルーテイングは変える必要はない。新しい参考書に手を出してもいけない。巷にはあまたの1級1次試験参考書が溢れている。ネットでもその類の参考書の宣伝だらけだ。個人差はあるが、役に立つもの、まあ、旺文社系は手前味噌のようなものなので、ある程度訳にたつのは当たり前だが、全く役に立たないひどいものも多い。僕には服部某と小林某の書いたものは全く役に立たなかった。ネットでも参考になるもの、ならないものと色々だ。それは個人差があるのだから仕方はない。相性のようなものもある。それでも、2次試験用の参考書やCDなどと比べれば、1次試験対策書はまだましか?2次試験対策書は数も少ないが、それ以上に参考になるものは少なかったと言う印象を今でも、僕は持っている。そう、これも持論のひとつだが、もし、リスニングを捨てるなら、英作文は20点以上取らなければならない。そのためには定型化した英作文を「目指せ英会話マスター」ブログなどを参考にどんどん書いて置こう。そして単熟語、22点を取るためには、どこにも隙がないほどの力が必要だ。今日も一日のリズムを崩さすドリルで練習を積もう。

|

« 英検1級合格記録 1次試験まで18日 リスニングの極意 | トップページ | 英検1級合格記録 1次試験まで16日 祝東京語論 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/53405475

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 後17日で何が出来るか? 祝東京五輪:

« 英検1級合格記録 1次試験まで18日 リスニングの極意 | トップページ | 英検1級合格記録 1次試験まで16日 祝東京語論 »