« 英検1級合格記録 目指せ通訳案内士!! | トップページ | 英検1級合格記録 本番まで22日 祝2020年東京五輪 »

2013年9月21日 (土)

英検1級合格記録 祝東京五輪 「残り23日で何が出来るか?」

難関の英検1級を突破するのに自分ならどうするか?と言うか、どうしたか?残り少なくなった時点で僕がしたことは、1.単熟語で記憶があいまいなものをなくした。その方法は、単純で、分からない単語をポスト・イット式のメモに4,5個書き出して、A4ノートに貼り付けて行く。元の克服単語メモは「出る順単」や「パス単」からまだ、脳内に定着していないものを元に予め作っておく。どんどんあいまいな単語・熟語を書き出し、A4ノートに貼り付けて行き、2,3ページ分が溜まったら、もう一度、ポスト・イットに貼り付けた単語メモノートを見てみる。そして記憶できたものから、そのA4ノートから外して行く。その作業を1時間も繰り返すと記憶があいまいな単熟語はどんどん減って行く。記憶が定着したメモは捨てないで、別に、その辺に貼り付けて重ねておく。外出時は、その記憶したと思う単語メモを、手帳に2,3枚貼り付けておき、通勤や通学の空き時間にもう一度見て、不明なものは、その辺の広告の裏にでもき書き出してみる。これで絶対的に覚えられる。次に、最新版の推理や警察もののペーパーバックを買い、どんどん読み進める。大量の英文を楽しみながら、速読出来るし、単熟語の確認も出来る。その上で、英作文はテーマを過去問から引っ張りだし、一日一題どんな環境でも15分くらいでエッセイを作る。僕は空港でも、オフィスでの昼休みでも、15分は書き出してみた。これは「7日間で完成予想問題ドリル」と併行して進めた。リスニングは問題を常にウオークマンに入れて聴きながしていた。これで、受かるまでの1年間、それぞれ79点、79点、そして85点と点数上がっていった。78,9点取れるようになると、まあさほど、遠くない時期に受かるだろうとだんだん思えてくる。そうなればしめたもので、1次試験突破は次回から次々回で達成できる。合格の予感、これが大変大切だと僕は思います。少なくとも単熟語は、色々なドリルを試しても瞬時に答えが分かるようになります。それでは、頑張って!!

The_gentlemanshour_

受験当時夢中になって読んでいたDon Winslowのサーファー・ハード・ボイルド小説の1冊。著者の東洋思想に対する憧憬もどこかに感じられる。サムライ文化が好きそうだ。

|

« 英検1級合格記録 目指せ通訳案内士!! | トップページ | 英検1級合格記録 本番まで22日 祝2020年東京五輪 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/53334972

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 祝東京五輪 「残り23日で何が出来るか?」:

« 英検1級合格記録 目指せ通訳案内士!! | トップページ | 英検1級合格記録 本番まで22日 祝2020年東京五輪 »