« 英検1級合格記録 またまたリスニング編 | トップページ | 英検1級合格記録  »

2013年9月 1日 (日)

英検1級合格記録 またまたリスニング力強化!

そうです。殆どの1次試験合格者は、地方在住の方を含め、留学や英語圏での勤務の経験はないはずです。それでも、個人の努力で、あの難解な1次試験リスニングを突破しておられる。ここで、この段階で、ほぼ、1割しか、全受験生の中では残らない。例えば、明治大学の一教室を試験会場とすると、一部屋に60人ほどは入ります。その中で、1次試験の段階で5,6人しか2次に進めません。驚くべき数字です。それでも、約一割は合格しています。どの程度のリスニング力があれば、試験に合格するでしょう。その基準は例えば、アメリカやイギリスのテレビドラマが、字幕なしで聞き取れるなら、1次試験の問題は解けます。映画館での洋画、封切りされたばかりの映画は大音響で、音質も数段良いので、オリジナル音声が聞き取れるのは、当然と言えば、当然です。しかし、自宅のリビングでの音量や音響は、当たり前ですが、映画館に比べると数段落ちます。なぜ、こんな当たり前のことをここで書くかと言いますと、実際の試験会場に落ち込まれる再生装置は、驚くべきほど小さなCD再生装置が一台だからです。音質も音量も決して十分とはいえません。僕は、そのリスニング環境を考えて、いつも演題に載った、その貧弱な昔のテレコのような再生装置を真正面に見て、まん前の席。または、そこから、1,2列下がった席に座りました。大切な日曜日の午後の時間とそれまでの努力を無駄にするわけにはいきません。まあ、実際は、皆さん、何度も挑戦なさるのですが。このブログ主も合格の水準に達するまでに3回受験しました。それも1次試験の段階でです。席取りは1時間ほど早く、試験会場に到着すれば、好きな席に座れます。さて、肝心のリスニング・トレーニングですが、過去問題の音源をPCから取り込み、徹底的に間違うことがなくなるまで、訓練を積むべきなのは言うまでもありませんが、楽しく、健康にも良いリスニング訓練方法があります。それは、i phone かwalkmanを使い取り込まれた3回から6回分の過去問題の音源を1日1時間、必ず散歩しながら、聴きながら、きちんと声に出しながら、繰り返し、繰り返しシャドーウイングをすることです。雨の日も雪の日も1日たりと休んではなりません。そうすれば、3ヶ月から6ヶ月後には全て間違えずの声に出していえるようになります。そうすれば、試験に受かる水準までリスニング力は付きます。My_walkman

僕の愛用ウオークマン、取り込んであるのは、

1.英検1級、2次試験用論文20題。

2.Le Petit Prince (星の王子様)

3.Portrait in Jazz

4.The Doors

5.聞いてわかるフランス語ニュース

|

« 英検1級合格記録 またまたリスニング編 | トップページ | 英検1級合格記録  »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/53101753

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 またまたリスニング力強化!:

« 英検1級合格記録 またまたリスニング編 | トップページ | 英検1級合格記録  »