« 英検1級合格記録 1級合格まで独学が可能!! | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への近道 祝2020年東京五輪!! »

2013年9月 8日 (日)

英検1級合格記録 通訳案内士への最短距離 祝2020年東京オリンピック

2012年6月に英検1級1次試験に合格にしましたが、それまでに1年が既に経過していた。元々、通訳案内士、語学では唯一の国家資格を取るために、英検1級は勉強を始めたものでした。それは、「通訳ガイド試験をはじめからていねいに」と言うブログを見つけて、通訳ガイドに関する英語の1次試験は、英検1級に合格すれば、免除される上に、英語能力も広く深く付くというコメントを読み、挑戦しようと考えたのです。その上、当時、研修運営も担当していたので、英語を含めた社員研修企画の内容も考える上で、英検1次試験に合格しただけだったが、それ以前の受験勉強が、コンテンツを創る上でとても役にたったものでした。そう、皆さん、英検1級に合格して、通訳ガイド資格を取ろう。もちろん、日本歴史、一般常識、日本地理にも合格しなければならないが、平均50点を取れば合格圏内と言われている。僕も実はまだ、受験はしていない。それは、英検1級2次試験に合格したのは7月7日の試験だったので、8月のガイド試験には間に合わなかったのだ。いずにしろ、鍵は語学なので、英検1級合格者でガイド試験を目指した方々は大抵合格している。それは、受験のコンテクスト(文脈)を掴んでいるので、いろいろな国家資格に対しても勉強のコツをつかんでいるからだろう。そう、英検1級と通訳案内士に合格して、2020年の東京オリンピックの役に立とう。なお、もちろん、フランス語はオリンピック競技における公式言語なので、英語とフランス語のマスター、その両立を目指しましょう。このブログでも応援して行きたいと思います。僕もフランス語資格試験にも同時に挑戦し、その歩みも記録して行き、挑戦する皆さんの参考になれば良いなと思います。

Photo_2 IOCのロゲ会長の英語はフランス語なまりです。しかし、滝川某が両手を胸の前で合わせるのは誤解を生まないかな。2014年の通訳ガイド試験、英語は免除になるので、代わりにフランス語を同時に受験する予定。一応、過去問題は全て解いてみたが、合格のレベルには達していない。特に日本語からの、和文仏訳はまだ弱い。英検1級受験を参考に、作文フォーマットをまずは暗記してしまおうと思う。

|

« 英検1級合格記録 1級合格まで独学が可能!! | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への近道 祝2020年東京五輪!! »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/53185393

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 通訳案内士への最短距離 祝2020年東京オリンピック:

« 英検1級合格記録 1級合格まで独学が可能!! | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への近道 祝2020年東京五輪!! »