« 英検1級合格記録 11月10日は2次試験 祝 東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 難関2次を突破するには? 祝東京五輪 »

2013年10月18日 (金)

英検1級合格記録 苦労した2次試験 祝東京五輪

2次試験スピーチはただ、トピクスに合わせて2分エッセイをどんどん書いてゆけば、発表できて合格すると言うものでもない。2回目の受験の前に300題ほどスピーチ原稿を書き、声に出しては読み、発表の練習をしたが、本番では分かっていそうなトピクスでも、その日ごろの練習は全く役に立たず、またまた中途半端なスピーチで終わり、選んだトピクス自体を良く理解していないのだから、質問に答えられるはずもない。6,7日後にウェブで知った成績は散々なもので38点と信じられない位低いものだった。この時点で本当にハタと困ってしまった。スピーチドリル用の参考書、自分に合ったような2次試験用の参考書は本当に見つからなかった。この時点で学校なり、塾なり探せばよかったのだろうが、どこの学校がよいかも分からないし、他人に教わるの第一苦手だ。学校も嫌いなほうだ。さて、どうしたものだろう。3ヶ月後は3回目の試験だ。しかし、勉強法、ドリルの方法そのものが分からない。ここで本当に行き詰まってしまった。そこで、ウェブ上でシャドーウイングすれば、議題に合わせてスピーチが出来るようになるという音源とテキストを夫婦1回、イタリア料理を食べればなくなる程度の金額で購入した。それから、過去問から作成した議題と音源を聴いては声に出してついてゆくという訓練を毎日朝2時間ほど散歩しながら訓練を始めた。これを3ヶ月間繰り返すと、まだ覚束ないが、すこしはスピーチらしきものを言えるようになって来た。しかし、過去問題からランダムに選んだトピクスに応用が効く水準までにはなかなか表現力は付かなかった。20トピクスを繰り返し、繰り返し音源を聴きながら毎朝2時間は歩いた。トピクスひとつをシャドーイングし、自分の言葉で言い換えることが出来るのには3日は掛かった。習慣と言うのは恐ろしい。雨でも寒くても散歩は続けた。それはシャドーイングと再生をただただ繰り返しては歩いた。

|

« 英検1級合格記録 11月10日は2次試験 祝 東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 難関2次を突破するには? 祝東京五輪 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/53642536

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 苦労した2次試験 祝東京五輪:

« 英検1級合格記録 11月10日は2次試験 祝 東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 難関2次を突破するには? 祝東京五輪 »