« 英検1級合格記録 1次試験まで1週間 祝東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 1次まであと6日 祝東京五輪 »

2013年10月 7日 (月)

英検1級合格記録 残り6日間でなにをやるか? 祝東京五輪

いよいよ、最後の7日間に突入した。月曜から土曜日までの6日間でなにが出来るか?10月13日(日)をどうしても最後の1次試験機会としたいものだ。僕も合格まで何度そう思ったか。1次試験に合格するまでに2年を要し、1次に合格した年は会社勤め最後の年となっていた。この1年、3回1次受験のときは合格までの3回で79点が2回、合格した12年の第1回では85点だったから、気合を入れていれば、単語で1点は稼げただろうから、合格期間は1年短縮できただろう。その意味では単熟語も大切だ。最後まで難解単熟語も詰めを忘れないで欲しい。

さて、最後週、別に変わったことをする必要はない。毎日、早朝に1時間半を取り、過去問か「7日間ドリル」をきちんと時間内でこなす。これが大切だろう。本番で長文解読が難解だと、毎回難解だが、自分が得意としないテーマだと、解くのに時間が掛かる。それでも、1時間30時分で全ての問題を解く訓練を積めば、時間制限は身体で覚えられるようになる。これを5日間繰り返す。

全く同じ問題をこなすのは苦痛だろうが、英作文はテーマは同じでも主旨を買えず、例えば単語や熟語を変えて文章を作ろう。そうすれば、表現の幅が広がり自信も付く。それが、2次試験で必ず役に立つ。表現力が付けば、2次試験の問題に対応が出来る。僕のように4回も受けるようなことにはならないだろう。

それはさておき、今は1次試験にだけ集中しよう。いつものドリル練習の習慣を変えず土曜日を迎えよう。土曜日は模擬テストを午前中に2題こなし、余裕があったら難解単熟語の克服に取り組もう。あんがい、それが最後に1点になる?かもしれない。

|

« 英検1級合格記録 1次試験まで1週間 祝東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 1次まであと6日 祝東京五輪 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/53519051

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 残り6日間でなにをやるか? 祝東京五輪:

« 英検1級合格記録 1次試験まで1週間 祝東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 1次まであと6日 祝東京五輪 »