« 英検1級合格記録 リスニングを捨てる!? | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士試験にむけて »

2013年11月29日 (金)

英検1級合格記録 通訳案内士資格に向けて

本来、英検1級資格取得を目指したのは、外国語では唯一の国家資格となる通訳ガイド資格を取ろうと思ったからだ。英検1級資格を取れば、通訳案内士の英語試験1次が免除されるとはるか昔、あるウェブで読んだからだった。もちろん、それが、た易い方法だとは思ってはいなかったが、1次試験は2012年の6月に合格したものの、2次試験に散々てこずり、実際に資格を手にしたのは去る7月7日の試験に合格してからだった。それも最低のぎりぎり。従って2013年度8月の国家試験を受験することは出来ず、これは2014年の8月まで待たなければならない。その受験科目は日本歴史、地理(世界遺産含む)それに一般常識。いずれも合格点水準はさほど高くないと言われている。まあ、英語を除けば関門は高くする必要もないのだから、当然と言えば当然なのだが、1級資格保持者は、この国家資格をたいていは持っている。もちろん、それで食えるわけではない。そんな中、ウェブで「日本史検定2級」に合格すれば通訳案内士試験での受験が免除されると出ていた。合格点は60点以上とか、問題集を買い、何度か問題を解いているが、これは大学入試レベルだろう。この日曜、12月1日に受験する予定だ。まあ、来年の8月まで何もしないのも芸がないので、受けてみる。さて、どんな結果となりますか?またまた、余談だが、弁護士を始め、司法書士や行政書士が詐欺などの犯罪行為で逮捕されることが、このごろ多い。税理士にしてもそうだ。小役人を情報詐取に巻き込みふたりして逮捕されている。今日もストーカー行為にからんで、どこかで行政書士が逮捕されていた。いつも書いていることだが、競争が激しいとやくざや探偵と組んで違法行為を繰り返す輩が多い。国家資格を取ったからといって、そのまま食えるほど世の中は甘くない。自戒をこめて。

|

« 英検1級合格記録 リスニングを捨てる!? | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士試験にむけて »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54091589

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 通訳案内士資格に向けて:

« 英検1級合格記録 リスニングを捨てる!? | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士試験にむけて »