« 英検1級合格記録 難関リスニング試験 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニングを捨てる!? »

2013年11月27日 (水)

英検1級合格記録 リスニング力はつくか?

1次試験の話題なのに、2次試験インタビュー時に沢山見かける帰国子女の話から始める。別に2次試験に限らないが、1次試験リスニングからして帰国子女には圧倒的に有利だ。別にひがんで、こんなことを書いているわけではない。これもいつものように書いているように、15年も前に手を離れた二人の娘は、英語圏ではないものの欧州で育て、英語は第二外国語だった。IBと呼ばれる仏語と英語での大学入学資格を持っていたので、欧米の大学はその資格だけで入れた。ふたりとも結局は首都圏の国立大学を出たが、会話も読み書きも、フランス語では僕は全く、当然のことながら適わない。長女には米国人少女の親友がいたので、英語も発音は全く適わない。帰国子女のリスニング力や発音には、そのように実感で、身近に彼女たちがいたころに、やと言うほど経験している。1次試験の受験経験者によっては、リスニングはほとんど捨てて、13点でも、筆記試験だけで67点でも受かる方法を提唱している。しかしだ、リスニング力は必ず付く。1級リスニング問題過去6回分の音源を自分のウォークマンやスマートフォンにパソコンから録音し、ドリルを3ヶ月から6ヶ月徹底して繰り返せば、仮に中高年でも、リスニングで26点から27点は取れるようになる。もちろん、そらで問題が全て理解できるようにし、回答スピードもつけなくてはならない。ここはいわば、反射神経を養うのだ。そうすれば、リスニングは決してハンデイではない。

 

|

« 英検1級合格記録 難関リスニング試験 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニングを捨てる!? »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54071636

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 リスニング力はつくか?:

« 英検1級合格記録 難関リスニング試験 | トップページ | 英検1級合格記録 リスニングを捨てる!? »