« 英検1級合格記録 独学のすすめ | トップページ | 英検1級合格記録 2次試験の突破法 »

2013年11月21日 (木)

英検1級合格記録 2次試験、失敗しても次がある!

2013年度第2回検定の2次試験が11月10日(日)に実施され、その結果が19日(火)からウェブで閲覧出来るようになっている。忘れもしない昨年の同時期、僕はまだ勤めていた会社の現役研修部長の仕事を完了してから1週間もたたずに2次を受験してあえなく落ちた。ウェブで、合否を確認する作業はいくつになって嫌なものだ。そのころ、漸く全ての仕事から開放されて、じっくり2次試験に取り組もうと考えていた。しかし、2012年第1回の1次、これは6月10日の試験だったと思うが、その英検1級1次にやっと合格して、7月上旬に受けた2次は56点でまず落ちてしまった。そして立て続けに11月にはまた、落ちて次は3月。これも失敗してしまい、後がない。さすがに3回立て続けに2次試験に失敗したときは、正直焦った。僕は全て独学で来たので、どう対策を採るべきか全く分からなかった。また、準1級を受けた経験もないので、いわば、受験テクニックのようなものもない。その上、英語塾や学校に通ったこともないので、周りに仲間が出来ていたわけでもない。たよりはウェブだけ。そこで、過去問のスピーチ音源を見つけ、スクリプトとともに3月にはドリルを繰り返し勉強するようにした。もちろん、頭のなかで英語でのスピーチを組み立て、声に出して2分間即興でスピーチを繰り返した。結果、最後の4回目でうまく行ったわけではない。辛うじて合格したと言うのが実情だ。ただ、4回も2次を受験すれば、一応それまでに準備したスピーチ・スクリプトと似たような問題が出てくる可能性はある。それを、何とか応用して、こじつけでも何でも、自分の意見でスピーチをまとめれば、合格出来る可能性は広がる。また、言うまでもないが、評価委員からの質問には的確に、手短に答えれば、インタラクションの点数は上がる。僕は、それで嵩上げして貰い、ようやく合格したようなものだ。日々の継続と工夫があれば、4回目までには合格できるでしょう。

|

« 英検1級合格記録 独学のすすめ | トップページ | 英検1級合格記録 2次試験の突破法 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54006551

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 2次試験、失敗しても次がある!:

« 英検1級合格記録 独学のすすめ | トップページ | 英検1級合格記録 2次試験の突破法 »