« 英検1級合格記録 リスニングで高得点! 祝東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への道 »

2013年12月17日 (火)

英検1級合格記録 合格者はリスニングが得意!

1次合格者は平均85,6点を取っていると聞く。1次合格者は押しなべてリスニングの点数が高い。その理由は推定でしかないが、①帰国子女がリスニング点数を押し上げている。彼女・彼らはリスニングと発音では、大人になってから外国語を始めてものにはかなわない。1級は都心で受験すると、Sインターなどの女子中、高生を沢山見かける。2次にも同様に、本当に小さな子たちがいる。なにしろ、こちらは4回も2次を受験(笑)したので、これは事実だ。まだ、本当に子供たちが1次を突破して、2次会場で必死に直前ドリルに取り組んでいる。忘れてはいけないのは、ただ、帰国子女だからといって1次、2次に合格するわけではない。1次の単熟語のレベルは半端ではないので、あの中・高生たちはどうやって突破してきたのだろうと思ってしまう。もちろん、高校3年レベルなら、読本も大人の読むものなので、それは分かるが、中学生に、現地校ではありえないレベルの単熟語を仕込んでいるのだろうか?なぞは尽きない。僕の娘たちも大昔の帰国子女だが、英語圏ではなかったので、細かいことは聞いても分からない。②帰国子女でなくても、女性の合格者はリスニングの点数が高いのではないだろうか?元来、女性は言語能力が男性より高い。それは赤ちゃんの言語発達速度を見ていれば、ここで語ることでもない。女性は自分の脳をコンパクトに効率よく使い、言語、計算などで早くから男性を圧倒する。能力の高い女性たちは、国内の男文化の壁を乗り越えるべく、早くから海外で活躍していたものだし、今は、その傾向は益々強まっているのだろう。帰国子女と女性受験者がリスニングの点数、合格者平均点数を押し上げいるのだろう。リスニング34点中27点はなかなかの高得点だ。ちなみに、僕は1次、3回の受験で24点、25点そして最後に26点と、どうしても合格者平均の27点は突破することが出来なかった。

|

« 英検1級合格記録 リスニングで高得点! 祝東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への道 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54284008

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 合格者はリスニングが得意!:

« 英検1級合格記録 リスニングで高得点! 祝東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳案内士への道 »