« 英検1級合格  通訳案内士への道 対策本の数々 | トップページ | 英検1級合格記録 1月26日(日)1次試験 »

2013年12月 8日 (日)

英検1級合格記録 通訳案内士試験にむけて

また、また英語には関係ない話を勝手に書いてしまう。2013年度(平成25年)のフランス語通訳案内士の問題と解答をウェブ上で検索してみた。問題は英語ほどではないにしても、少し受験しやすくなっているようだ。英語は全体の5割がマークシート形式になり、問題も前年より易しくなっていたそうだ。さすがにフランス語はマークシート方式までは導入されていなが、仏文の問題を仏語で質問、要約を答える問題が3題。長文を読み穴埋め選択、これは副詞や形容詞を選択する問題で3題。同じ仏文から同義語を選ぶものが3題。その上、2,3行と短くなった仏文和訳が2題。日本の時事問題、事象をフランス語で説明する問題が2題。最後に日本語の語句・表現をフランス語に訳すのが15語句・表現。問題は6設定。もちろん、仏文そのものは雑誌の評論やエッセイそして新聞から取られている記事などなので、9割方理解出来ないと正しく解答できないものの、仏文和訳の負担が極端に減っている。単語力としては8000語から10000語近くは必要だろう。中級の力があるものなら、3000語から5000語を確実に増やせるなら合格の可能性は出てくる。そして極、短くなった和文仏訳。これは時事フランス語が主となるが、表現を簡単にして、単熟語はきちんと仏文に置きかえれるなら、それなりに得点出来そうだ。英検1級ホルダーは上記試験で英語の代わりに仏語や他ので受験できるだろうから、僕の場合はこれからの3ヶ月間で、3000語は使えるフラン語単語を増やしてみようと思う。もちろん、スペイン語や韓国語・朝鮮語が得意な1級ホルダーはそれで挑戦すればよいと思う。 これからは多言語ができないと、中々仕事にならないのではないだろうか。

|

« 英検1級合格  通訳案内士への道 対策本の数々 | トップページ | 英検1級合格記録 1月26日(日)1次試験 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54186866

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 通訳案内士試験にむけて:

« 英検1級合格  通訳案内士への道 対策本の数々 | トップページ | 英検1級合格記録 1月26日(日)1次試験 »