« 英検1級合格記録 穴埋めと内容一致 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳ガイド試験 祝東京五輪 »

2013年12月14日 (土)

英検1級合格記録 リスニングを捨てる

このブログで再三書いていることだが、筆記で合計60点取れれば、合格への道が見えてくる。その内訳は以下の通りだ。

1.単熟語で21点。これはウェブ上での問題やパス単を8割以上解ければ取れる。

2.長文問題。穴埋めで5点。長文一致で18点。合計23点。各々1問づづ不正解とする。

3.英作文。最低でも18点。これはモデル作文を20題ほど覚えることで取れる点数。

4.リスニング。最低で18点。パート1、8点。パート2、4点。パート3、6点。パート4、0点。

英作文はもう1,2点取れるだろう。そうすれば、仮にそれが駄目でも80点。また
81点。


これで、最低限合格圏内だ。海外赴任経験がない中高年や普段ネイテイブと接する機会がない。接すること出来ても多く話す機会がない若い人はリスニングはなかなか訓練できないので、これくらいで良しとした。海外旅行したくらいでは、聞く力はつかない。また、映画をただ見たくらいでもリスニングなど出来るようにはならない。僕は英語圏での生活の経験はないが、22-3歳のおり、フランスに一年暮らし、仕事でも、生活でも日本人の手助けは無かったので、一人で切り抜けたが、このくらいの生活でないと言葉は、基礎があっても聞き取れるようにはならない。リスニングドリルは重要だが、4択については、ほとんどの合格者は無意識で答えが選べる段階に達している。そこでの27点平均だ。ここではリスニングを捨てても合格する方法を取ってみるのもひとつの手だ。

|

« 英検1級合格記録 穴埋めと内容一致 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳ガイド試験 祝東京五輪 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54254326

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 リスニングを捨てる:

« 英検1級合格記録 穴埋めと内容一致 | トップページ | 英検1級合格記録 通訳ガイド試験 祝東京五輪 »