« 英検1級合格記録 1次試験まで46日 祝東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 独学で十分 »

2013年12月11日 (水)

英検1級合格記録 今度こそ1次合格を勝ち取ろう!

何度も同じことを書いているが、今度の1月26日(日)で1次試験に合格しよう。英検1級1次は、世間にあまたある資格試験の中でも難関のひとつであることは間違いない。世間でよく言われるように準1級をまず取り、それから挑戦するもののようだ。ようだと言うのは、僕はそんなことは良く知らなかったので、兎も角、通訳案内士資格に60歳を過ぎたら挑戦しようと考えていた。それは、もちろん、人生の区切りをつける必要を感じたからに他ならない。ある受験情報と言うか技術というかブログを見つけて、しゃにむに、1級をいきなり受け、一年の準備、3回の受験でようやく、1次に合格した時は既に62歳になっていた。受験準備では、まずブックオフでやや古い1級受験参考書と問題集や単塾語問題集などをその店にあるだけ買った。ここでなら、ご存知のように大した出費にはならない。結局あちこちのブックオフや大型書店を回り、出版されているものは大体購入した。と言うのは、僕は極めて飽きっぽい性格なので、そもそも、受験勉強は向いていない。もちろん、1冊づつ、一応は1回は全て目を通し、問題も解いた。まだ、現役だったので、中古書籍だった長文内容一致や穴埋め問題集は、その日にこなす分だけ、コピーをとっておき、ゆきかえりの電車の中やお昼の隙間時間で解いていた。古い参考書だったが、これは十分に役に立った。長文をすばやく解き、答えを見つけておく。オリジナルの解答は家においてあるので、解いた問題が正解か否かは家に帰るまで分からない。毎日模擬テストをやっているようなものだった。結果的には、これが良い練習になったし、力も付いたと思う。毎日模擬テストを違った問題でこなし、帰るまで答えが分からないというのはなかなか、スリルがあってよいものだ。飽きないように色々工夫するのも、長丁場のドリルをこなさなければならない1級1次では必要なことだろう。自分で飽きないようにするのも合格するためのコツのひとつだろう。ただ、誰にでもお勧めするわけではない。飽きない工夫が出来る方は無駄なお金を使う必要はないので、マネをしないでいただきたい。ただ、何度も書いているが、最後の2週間は「7日間予想問題ドリル」を徹底してこなしてみたらどうだろう。こなしきれば1次試験突破の可能性は高いと思う。

|

« 英検1級合格記録 1次試験まで46日 祝東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 独学で十分 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54223876

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 今度こそ1次合格を勝ち取ろう!:

« 英検1級合格記録 1次試験まで46日 祝東京五輪 | トップページ | 英検1級合格記録 独学で十分 »