« 英検1級合格記録 誰でも受かる通訳案内士試験!? | トップページ | 英検1級合格記録 スピーチ試験ドリル »

2013年12月23日 (月)

英検1級合格記録 TOEIC840点の波紋

TOEIC840点などに通訳案内士試験の英語科目1次免除が広がり、これからの受験者や既に英語の通訳案内士資格を持っている人たちに衝撃が走っている。TOEIC840点は英検準1級に合格するか、どうかの低い水準だが、そのレベルでは通訳案内士試験で2次に受かるのだろうか?すこし、心配になる。TOEIC840点では英語によるコミュニケーションもままならないのではないだろうか。まあ、それは余計なお世話だろうが。英検1級2次は辛うじてスピーチと会話能力を試すことが出来る。その意味では英検1級2次が唯一国内ではスピーチ力が付く資格試験だろう。僕は英検の2次試験は4回も受け、それも辛うじて受かった口なので偉そうなことは全く言えない。その苦い経験を反省して毎日1題はスピーチ練習を続けている。何でも話題に出来る訓練はいざと言うときに役に立つだろう。要は、何を外国人に聞かれても答えられる自信を日ごろからつけておくことは重要だろうと僕は思う。これは別に通訳案内士試験だけを意識してのことではない。年明けにフランス人の古くからの友人が欧州人や日本人をお昼によんでくれるので、そんなときには、フランス語や日本語、英語でいろいろな話題が飛び交う。こちらも何か話題を提供しないと具合が悪い。その場合に使える英語やフランス語の語彙を増やしているのだが、そんな場合、英語やフランス語併記の単語帳は大変役に立つ。僕は日本の和食から外交関係用語まで網羅されているものを利用している。ただ、試験ドリルを勉強するよりは、そのような楽しみがあったほうが励みになる。副次的なものだが、地理や日本歴史、文化史を勉強しなおすと自信もついてくる。

|

« 英検1級合格記録 誰でも受かる通訳案内士試験!? | トップページ | 英検1級合格記録 スピーチ試験ドリル »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54355776

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 TOEIC840点の波紋:

« 英検1級合格記録 誰でも受かる通訳案内士試験!? | トップページ | 英検1級合格記録 スピーチ試験ドリル »