« 英検1級合格記録 TOEICは議論の対象にはならない | トップページ | 英検1級合格記録 1次試験まで1ヶ月 »

2013年12月25日 (水)

英検1級合格記録 1次試験まで1ヶ月!!

1級試験日までちょうど1ヶ月だ。1ヶ月の追い込み次第で合否が決まることもある。僕はいつも強調しているのだが、1ヶ月間はドリル練習を繰り返すことをお勧めする。過去問題3回分を繰り返し解くのも重要だ。英作文なら英作文を毎日、テーマは同じでも表現方法、つまり単語や熟語を変えるだけでも英作文はどんどんよくなる。また、単語と熟語は21点取れるようにする。これは、どんな問題でも、例えばウェブで引いてきた単熟語問題で8割コンスタントに取れるようにする。これが、21点を取る目安だ。ここで確実に点数を稼ぐのも重要だと僕は思う。なぜなら、合否を決める大きな要素の長文穴埋めと内容一致は得意不得意なテーマで得点は大きく上下する。医学や遺伝子工学がテーマになることもあれば、歴史問題が出ることもある。どのテーマも書かれている事実は新しい発見や、その筆者なりの独自の見解だったりする。ここで、ある程度知識があったり、そのテーマが好きだったりすると点数は上に動くし、全くなじみのないテーマだと全く得点が出来ないこともある。リスニングもパート2は論文、今日的テーマの論文から出題される問題が続くことがある。これも瞬時の判断を4択を見て決める場合も知ってるいるいないで大きく結果は違ってくる。その意味では英作文と単熟語で確実に点数を嵩上げしておきたいものだ。確実に点数が稼げるものを作って、試験に臨もう。

|

« 英検1級合格記録 TOEICは議論の対象にはならない | トップページ | 英検1級合格記録 1次試験まで1ヶ月 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210330/54375583

この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級合格記録 1次試験まで1ヶ月!!:

« 英検1級合格記録 TOEICは議論の対象にはならない | トップページ | 英検1級合格記録 1次試験まで1ヶ月 »