« 2013年8月4日 - 2013年8月10日 | トップページ | 2013年8月18日 - 2013年8月24日 »

2013年8月11日 - 2013年8月17日

2013年8月17日 (土)

英検1級合格記録  今頃国際バカロレア

どこのサイトかは忘れましたが、北米でも欧州でもTOEICなんて誰も知らないと書いていましたが、確かに大学を出た英国人の同僚たちは、その存在を知りませんでした。英国には英国の、フランスやスイス、ドイツ各国にはそれぞれ欧州内の大学へのアクセス資格があるからでしょう。僕の娘たちがIB、国際バカロレアを取ったのは、もうかれこれ20年も前のことになるのですが、今頃日本の高校で、それも日本語でIBが取れると騒ぎ出しました。確かに、その当時でも、米国人の同級生はコロンビア大学、日本人の男の子の友達はロンドン大学へ進学したと聞いています。僕の長女はスイスの本部が数学の点数を付け間違え、その段階で、そのようなこととは露知らずK大を受けて落ちました。後日2点ほど上に訂正された成績証明書が送られてきましたが、それは既に、彼女にはどうしようもないことでした。その後中国地方の国立と都内の国立に入学を許されました。次女は私立はR大、国立は隣県のひとつが受け入れてくれました。都内国立H大は落とされたようでした。ふたりともIBは35点から36点、これだと欧米の難関大学に漸く入れるレベルだったようです。しかし、日本の高校で、日本語以外の外国語が2カ国使えるレベルでIBが取れる学生を養成できるのですかね。少々心配です。また、英検1級取得に戻りましたが、国内の相当の難関大学を出ても英検1級取得者はそんなにはいません。外資とかに流れていったり、早々に欧米の大学を出て、日本には住んでいないのかも知れませんね。それにTOEIC950台でも英検1級は受からないのは確かなようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 IB(国際バカロレア)を持つ子供たち

フランスの普通リセに通う子供たちは準エリートだと前回、このブログに書きましたが、それは、彼ら彼女らが、その進路を日本の中学2年の段階で、強制的に分けられるからです。進学を目的とした普通リセ と高校卒業後、職業に就く職業リセに早い段階で振り分けられ人生のコースがはやばやと決められます。普通リセ、パリを中心に存在する有名リセはエリート校と目されています。それはフランス独特のエリート制度で、これは現在、EU統合で段階的に廃止されているようです。まあ、それは兎も角、そのエリートリセにはグランゼコールに進む準備校が併設されており、高校卒業後1,2年でグランゼコール受験資格を取り、それぞれのグランゼコールに挑戦し、選抜されて行きます。フランスの本当のエリートはENA,シアンスポ(政治学院)、ポリテクニーク(理工科学校)など7つのグランゼコールから生まれます。医師、弁護士などの専門家養成大学過程は別にして、一般大学、(国立しかありませんが、)を出ても、4人に1人の若者が失業している現状では仕事はありません。日本の子供たちでも、そんな環境で鍛えられれば、フランス語、英語での発表能力は図抜けたものになります。僕は62歳の段階で営業プロジェクトの部長職を降り、最後の2年間はゼロから、3,4年勤務を経た25人ほどの社員のための教育プログラムを立ち上げ、実践しましたが、英語での発表能力は極めて低かった記憶があります。上智、慶応、早稲田、立命、今はもうない大阪外語大を出ている子達でした。TOEICは940点から710点位まで、英検1級取得者は1人もいませんでした。せいぜい準1級がふたりだけいたかな?英語でのプレゼンなどさせていなのだから当たり前です。しかし、これを見るとやはり、英検1級合格は結構難しいのかなとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

英検1級合格記録 難関2次試験の攻略法は?

実際のところ、そんな簡単に2次試験スピーチが攻略できるものかどうか、なんとか4度目にぎりぎりで合格した今も、僕は判らない。確かに1回目の2次試験で合格した方も沢山おられるだろうが、それは訓練をして手に入れた能力と言うよりは、英語での発表能力に優れており、何でも口から思ったことが出てくる状態の方だろう。1次はいわば筆記試験だけに過ぎないので、従来の試験勉強の延長でこなせるだろう。もちろん、リスニング問題は結構骨だろう。ただ、これも21,2点を取ることを目標に据えるなら、1日2時間はどんどん問題を聞き、過去問題を解くのに慣れるしかないだろう。1年間、毎日聞き取り、問題をこなせていれば、確実に聞く力は付く。 しかし、英語での発表力と言うのは別ものだろう。この試験のフォーマットにきちんと当てはまらないとなかなか、合格は難しそうだ。第1回目の試験は56点で不合格Aだったのだが、この時はボデイを補強する二つ目のサポート文がすっぽり抜け落ちた。時間がないだろうとあせってしまい、1分強でスピーチが終わってしまったのだ。結論もきちんと言い切れなかった。多分、「インターネットの功罪」を選んだような気がするが、結論として、是非を言い切れなかった。それが、みそだろう。もし、是非をはっきり言い切っていれば、なんとか1回で受かったかもしれない。ただ、課題の数をエッセイにして、漫然とこなしても受からないと思います。手を変え、品を変え、口に出して、表現して見る必要がありそうです。英字新聞で、今話題のトピックスを覚え、口に出して練習するのも有効でしょう。僕はスマートフォンに歩きながら即興でスピーチを吹き込み、2分で言い切る練習を散々やりました。なかなか2分では収まらないか、短すぎるスピーチで終わる失敗ばかりでしたが、1ヶ月も練習すると何とか時間内で収まるようになります。その際、きちんと聞き取れるように話しているか、チェックするのも大切です。明確な発音でないと受からないと思います。仮になまっていてもネイテブが理解すればよいのです。僕は日本語とフランス語のなまりがあることは1分の自己紹介に入れてからスピーチを始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格まで 2次試験と国際バカロレアの関係

以前にもこのブログで書きましたが、、僕には、とっくに成人・独立した娘が2人います。僕が、6年ほどパリに駐在した関係で,彼女等は英語・フランス語の私立リセに合計8,9年通い、他の日本人の子供たちと一緒に国際バカロレアをとりました。帰国後、彼女たちは、友達も含めて大学1年のときに仏検定・英語検定の準1級あたりをなんなく取っていました。まあ、帰国子女たちの世界は狭いですから一種のブームのようなものなのでしょう。大学は慶応・早稲田あたりと首都圏の国立でした。上智は少なかったと思います。この学校はイエズス会が経営している割には仏語圏からの帰国者には冷たく、北米や英国からの帰国子女には優しかったような印象を受けました。イエズス会はパリで発足したのですがね。おもしろいものです。さて、2次試験、彼、彼女たちは受かる訳です。例えば、フランスのIB試験には、伝統的な口頭試問があります。フランスの上級高校レベルでのバカロレアは、旧制高校のレベル試験です。日本の新制高校のレベルでは有りません。なんと、哲学の口頭試問があるのです。さすがに、これには家庭教師をつけて対応しましたが、口頭試問、オーラルで短時間に面接官の前で発表する事態には、彼ら彼女らは慣れているのです。従って日本の英語やフランス語の2次試験に簡単に受かる訳です。訓練時間が僕等とは違いすぎます。さて、そんな経験のない純粋日本人はどうしたもんでしょう?僕はパリにいただけで、ロンドンには本社機構があったものの英語圏で仕事はしたことはありませんでした。英語の発音も直したこともなければ、気にしたこもなかった。日本資本の会社でしたし、僕等は対外部で顧客の立場でしたから、相手は必死に合わせたのでしょう。まあ、メールは英語が共通でしたが。しかし、口頭試験ともなれば、日本国内で育ったものには不公平感は否めない。発音については、今の時代、もう少し多様性を認めてもいいのではないかとすら思ってしまう。発音の配点は低めで良いでしょう。発想の創造性を配点に入れれば良いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

英検1級合格まで 甘くない2次試験 続き

そう、殆どのブログやサイトは極、一部を除いて2次試験の大変さをあまり書いていない。どうしてだろう。英会話塾などの宣伝はともかく、「目指せ英会話マスター」サイトなどを除き、2次面接・スピーチに合格するのも大変だとはどこにも書いていない。主催者側もサラッと流しているだけだ。合格率が60%と言うのは、一人の受験者が3回目とか4回目でなんとか受かったかどうかの数字だろう。4回目でも失敗して1次から受けなおす人がどれくらいいるのだろう。前回も書いたが、既存の参考書はCDを含めて殆ど役に立たない。旺文社の一連の参考書も参考にはならない。殆どの1次試験合格者は2回目か3回目のころには実践的な訓練をしてくれる英会話塾にでも通っているのだろうと、僕は想像する。さて、このブログ主、3回目の失敗で呆然とした後、結果としては、後の祭りだが、本文で2つの目の主題を補強するコメントをさらっとでもいれ、多分時間はないのでそうするしかないのだが、結論を言い切る。そうすれば何とか受かるのだろうとは思った。そこで、最後の4回目までには、あるサイトで購入した想定問題と音声を20題、シャドーイングし、結果的には本文を暗記してしまったのだが、それを毎日1クールはこなし、過去問題からランダムに抜き出したトピックスで毎日1話、2分で話しきるようにした。結局、似たような問題は全く出ず、ただ、即興でそれまでこなした表現を一部取り入れ、ぎりぎり2分は不完全ながら言い切り、質問にはきちんと答えたのが良かったのだろう。ただ、何度も言いますが、想定問題集に類似したような問題はまず出ません。従って、何でも話せるようにして、それを録音、再生してみることを試験日までにひたすら繰り返すしかないのだろう。それでも、合格するかしないかぐらいだろう。僕はぎりぎり61点と言う、薄氷を踏むような点数で合格したから偉そうなことは全く言えないのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英検1級合格まで  2次スピーチ編、これが甘くない!

このブログ主の気まぐれにお付き合い頂き申し訳ないのですが、今現在は他の資格試験勉強に没頭しておりますので、今回は手短に済ませたいと思います。さて、2次スピーチに落ちた2回目は結構呆然としました。全く受かるような根拠はなかったのですが、1回目は準備の時間もありませんから、無手勝流で望み、英国人の女性評価委員の方から、「発音が悪いので良く聞き取れない。」と、とほほな言われようでも56点、不合格Aでした。2回目スピーチ原稿は300題ほと3ヶ月の間に用意したのですが、いくら短時間とは言え、1題書き出すのに15分ほどは掛かります。それを暗記したわけでもありません。剛の者はすべて暗記して置いて受かったと、言う話を聞きますが、これは殆ど運が良いとしか言いようが有りません。大体、用意したものとは関連しない話題が出るほうが多いですし、そうなると応用がその場では全く効きませんから、途端に、万事休すとなります。多分質疑応答にも、ほとんで答えられません。さて、その2回目、5個の問題、全てわかりませんでした。1分ですからね。その間にトピックスを選び、正しいスピーチをするのは至難の技です。やむなく「、どんなpublic serviceに国は税金を投入すべきか、またはすべきでないか?」と言うようなものを選んだのですが、大体、このpublic serviceの概念を英語でつかんでいるわけもないので、見事に不合格Bで落ちました。46点でしたね。会話はまあ、フランス語が中心ですが、ヨーロッパ人とは長く話して来ましたから、慣れてはいました。しかし、仕事と試験は全く別ものです。大体、大人のほうが、抽象概念を話す機会なんてありません。多分、極簡単に学校教育の話でもすればよかったのでしょうが、その場では、とても思いつきませんでした。従って、参考書は役に立たないし、どうしたら良いか途方に暮れました。良く関連するブログで、「俺は会話は得意だから、軽く受かった」と言うようなことが、書いてありますが、怪しいものです。ネットには何でもかけますからね。あ、こちらも根拠ないですかね。すみません、出かけるので、続きは次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

英検1級合格まで  単語編

 

英検1級1次試験突破は多読と多聴の力技で乗り切ったと言っている人がいる。まあ、留学経験があるような人だろうが、それも一理ある。僕も少なくとも単熟語はオリジナルテキストの多読で乗り切った。あるハード・ボイルド小説を読んでいると、banter ひやかし、smug 自己満足、うぬぼれ、stumble まごつき、ためらうと言うような単語が2,3ページのうちに現れた。全ては1次試験にそのまま出てくる単語だ。そう、1次試験に出てくる単語は別に難解な訳でも何でもなく極普通に大人の読む小説にはそのまま出てくるものなのだ。それに、これは別の法廷小説だが、araignment 罪状認否、verdict of acuittal 無罪評決、plaintiff 原告、これらも全て1次試験には普通に出てくる。その意味でも力技の多読の無駄ではない。

それとまた、スピーチネタ、weapons of mass destruction , WMD, armes des destructions massive ADM は英語とフランス語では微妙に、このようにニュアンスが違う。ただ、文脈contextは同じなので、どちらもスピーチは同じように組み立てられる。

それと、これは1次試験ネタとは全く関係ないが、今読んでいる警察もので、会話文で They  an item ?と言う表現が出て来た。ふたりは関係していたのか?と言うぐらいの会話だが、これも沢山読んでいないと判らない表現だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

英検1級合格までの軌跡 60歳からの挑戦

フランス語の知識が英検1級合格の役に立つか?まあ、役には立たないだろう。ただ、1級2次試験に3回続けて落ち、さてどうしたものかと途方に暮いれていた時にあるサイトにたどり着き、2万円払って20課題の音声録音と、そのシャドーイング マニュアルをネットを通じて買った。結果としては、その20課題のトピックスを暗記したような形になり、どのような話題でも自分なりに加工して2分でスピーチできるようにはなった。そのお陰で合格したかと言われると、どうもそんな気はしない。実際のところ、現実の課題は例により、それまでに暗記した課題とは全く関連のないものだったし、その試験の出来もぎりぎり合格で、とても満足jのゆくものではなかった。それでも、スピーチの設問は時事にかなったものばかりなので、英語での課題設定とフランス語のニュースから取った話題は驚くほどよく似ている。例えば:

It is very difficult to have a clear answer regarding safty of genetically modified crops ,because genetic modification involves the technology still relatively young...

L'interet des OGM, organismes genetiquement modifies, Cest qu'on les a preparees a cela en laboratoire. C'est le probleme que les scientifiques n'arrivent pas a se mettre d'accord pour savour si les OGM sont bons ou mauvais pour la sante et pour la nature.

とまあ、殆ど同じような話題と表現がたちまち見つかる。その意味では1級レベルの勉強はどちらの言語でも、表現力をつける勉強にはなるか?また、どちらの言語でも、ある程度自由に型から少し単語を変えて話せるようになれば、スピーチな幅は広がる。その意味では多言語をあやつれるほうが、後々役には立つだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

英検1級合格まで フランス語勉強のコンテクストで

さて、英仏単語として思い出すのは、例えば貸切セダン(古い!)の専用運転手、英語でもchauffeur と言うのは良く知られている。語源は「釜焚き」のことだ。蒸気機関かね?ここからフランス語では暖房器具chauffage(le)となる。例文として Le chauffage est en panne,The heating isn't working と出ている。フランスへゆくと、やたらといろんなものが壊れていて、例えば一番絶望的な気分にさせられるのは、あるアパルトマンの10階に用があるとして、1階、フランスでは、ご存知のように地上階 rez de  chaussee から始まり1階、2階となる。その地上階に止まっている年代物のエレベーター lift ,ascensur (le) の扉に en panne , out of order と張ってあることだ。そう、いろいろな所で en panne に旅行者はぶつかる。これはLa greve, strike と並んで、旅行者を悩ます単語だろう。こうしてみると、あんまり英語とフランス語の単語に共通点はないようにも見受けられる。ただ、より困難な外国語を身につける方法を知っているものは英語、英検1級の勉強でも途中ではあきらめな意志力は付くような気がする。付かないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格までの軌跡 実はフランス語が主だった!

英語書籍はずっと読んできたものの、62歳で英検1級を受験するまで、主に仕事で接するのはフランス語圏の人々、マグレブ諸国の外交官たちが多かった。もちろん、フランス人と接する機会も現役時代は多く、革命記念日には何度か在日フランス大使館に招待もされた経験もある。英語の勉強は大学1年の時に英検2級を取って以来、ずっとご無沙汰だった。定年後を見据えて、英検1級の勉強をはじめ、市販の参考書も一通り目を通してみた。一番役に立ったのは、やはり模擬試験形式のテキストだった。ただ、これなら過去問題を印刷して、何度か取り組めば済むことでもある。英検1級の勉強とフランス語の知識に関連はない。ただ、難解な単語はニュアンスは違うが共通点は多い。archive, surveillance ,clandestine、これは僕が2次試験面接のときに使った単語だが、全て英語でも使う単語であるのはご存知の通りだ。面接試験前の1分自己紹介では、家族は3ヶ国語使いであること。試験に臨んで発音は日本語、フランス語なまりがあることを最初に断ってからスピーチを始めたほどだ。まあ、何とか最低限の成績で受かりはしたが、スピーチの冒頭からシュルベイヤンス surveillanceとやってしまい、これでは受からないだろうと思ったほどだ。ただ、単語力と言う点ではフランス語をやっていると1級の単語で類推のつくものは多く、その点では有利だったろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

英検1級合格まで  実は2次試験も難関!!

2次試験は合格率60%とか、どこかのブログに出ていたが、これは多分1次免除を4回受けて、何とか合格した人の平均ではないかと密かに疑っている。帰国子女ならいざ知らず、英語圏に留学していたか、仕事で長期に滞在した人でもない限り、特に発音はなかなか身につかないし、とっさに2分間話せといわれても、余程訓練をつまないと身につかない。これは1級1次合格者なら、誰でも潜在的に身についている単語や熟語を、体系的な表現力にまで高め、音に出す訓練が欠かせない。テーマを決めて2分で言い切る何かを持っていないと、多分1回で合格するのは難しいだろう。英字新聞、タイムや単行本を読みきり、テーマを想像して常に口に出してみる訓練は欠かせない。どのようなテーマでも何とか語りきれるようになれば、何とか合格点に近づくだろう。そのように思えるように毎日訓練するしかないのだろう。別に難しく語る必要はないが、簡単でもいくつかの、異なる言い回しで一つのテーマが語れなければならないのだろう。しかし、それが難しい。1次試験を2回受け、合計で5回目とか6回目とかで合格した人も決して少なくないようだ。1次を受けなおすには、実力があるとはは言え、エネルギーはいるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英検1級合格まで  単熟語力を付ける

良く言われるように単語・熟語は13,000語から15,000語位は覚えておかないと合格はおぼつかないといわれている。2年分ほどの過去問題を解き80%の出来が常態となれば、単熟語問題は卒業だろう。いくらでもある無料の1級単語問題を解いて確かめてみよう。出来るだけ印刷したもので訓練を重ねてみよう。試しに準1級問題も解いてみよう。こちらは90%の出来を目指そう。準1級単熟語が8000語ほどとすると、5000語から7000語は身についていなければならない。5回ほどメモを取り、確実に覚えきろう。同時にペーパーバックを読みきろう。覚えたての単熟語が必ず、いくつか出て来て嬉しくなるものだ。それが確実に脳内に定着するこつだ。単熟語を無理に暗記しようとしてもなかなか身にはつかない。力技で100個覚えては、続けて別のペーパーバックを速読する。それが、長文解読の力がつく近道でもある。 頑張ってやってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月4日 - 2013年8月10日 | トップページ | 2013年8月18日 - 2013年8月24日 »