« 2013年10月6日 - 2013年10月12日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »

2013年10月13日 - 2013年10月19日

2013年10月19日 (土)

英検1級合格記録 難関2次を突破するには? 祝東京五輪

そこで、3回目の挑戦の前には、多少はトピクスについて話せるようになってきた。しかし、スマートフォンのストップウオッチ機能を使い、即興のスピーチを吹き込むがつかえ、つかえしてしまい、どうしても2分以内には収まらず、また、ランダムに選んでみたトピクスでも即興でスピーチが出来るレベルにはどうしても達しなかった。相変わらす、スピーチ用の原稿はメモ書きのように15分以内に1題、朝一番で作成していたが、とてもスピーチには応用できない。そのような有様のまま、3回目の面接テストとなった。トピクスは「インターネットの規制の是非」を選んでみた。これはいけると思ったのだが、スピーチ時間を気にし過ぎて、結論があいまいなまま、1分20秒くらいでスピーチは終了してしまい、その上、日本人面接官の質問に対して、えんえんとネット上の子供のいじめなどで持論を展開してしまい、英国人試験官からの質問には答えきれず時間切れ。結果は48点とまたして1回目よりひどい成績で不合格。

いよいよ、4回目で1次免除が切れるので、これはまた1次から出直しかと考えていた。それでも気を取り直し、最後の3ヶ月に向けて、20本のトピクスを1日で必ず口頭、シャドーイングを繰り返すようにした。1本4分ほど掛かるので、1時間30分はどうしても掛かってしまう。それでも、めげずに歩きながらスピーチを繰り返し、なんとか、どんな話題が出ても2分以内でsピーチが出来るように、最後にはなって来た。シャドーイングと再生そして仮想のトピクスで、一日一題スピーチを言い切る。それが必要な訓練のようだ。なんとか自信のようなものが出来てきて、4回目の受験。トピクスは「監視カメラ社会と個人のプライバシー」を選び、1分30秒くらいは話せたのだが、途中で使うべき単語をわすれてしまい、またまた結論を言い切れず、しかし、試験官に促されて是非は何とか言えた。その後の質疑応答にはきちんと答えのだが、スピーチそのものは失敗の部類。これは1次からやり直しと思っていたのだが、スピーチの成績は最低ラインだったが、応答はそれなりに評価され、発音は1,2点だが前より上がりなんとか合格出来た。やはり、1日1時間30分、20本のシャドーイングと1日1題の仮想スピーチと言う訓練で、なんとかぎりぎり合格出来たのだろう。いやはや、ダイ・ハードな一年だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

英検1級合格記録 苦労した2次試験 祝東京五輪

2次試験スピーチはただ、トピクスに合わせて2分エッセイをどんどん書いてゆけば、発表できて合格すると言うものでもない。2回目の受験の前に300題ほどスピーチ原稿を書き、声に出しては読み、発表の練習をしたが、本番では分かっていそうなトピクスでも、その日ごろの練習は全く役に立たず、またまた中途半端なスピーチで終わり、選んだトピクス自体を良く理解していないのだから、質問に答えられるはずもない。6,7日後にウェブで知った成績は散々なもので38点と信じられない位低いものだった。この時点で本当にハタと困ってしまった。スピーチドリル用の参考書、自分に合ったような2次試験用の参考書は本当に見つからなかった。この時点で学校なり、塾なり探せばよかったのだろうが、どこの学校がよいかも分からないし、他人に教わるの第一苦手だ。学校も嫌いなほうだ。さて、どうしたものだろう。3ヶ月後は3回目の試験だ。しかし、勉強法、ドリルの方法そのものが分からない。ここで本当に行き詰まってしまった。そこで、ウェブ上でシャドーウイングすれば、議題に合わせてスピーチが出来るようになるという音源とテキストを夫婦1回、イタリア料理を食べればなくなる程度の金額で購入した。それから、過去問から作成した議題と音源を聴いては声に出してついてゆくという訓練を毎日朝2時間ほど散歩しながら訓練を始めた。これを3ヶ月間繰り返すと、まだ覚束ないが、すこしはスピーチらしきものを言えるようになって来た。しかし、過去問題からランダムに選んだトピクスに応用が効く水準までにはなかなか表現力は付かなかった。20トピクスを繰り返し、繰り返し音源を聴きながら毎朝2時間は歩いた。トピクスひとつをシャドーイングし、自分の言葉で言い換えることが出来るのには3日は掛かった。習慣と言うのは恐ろしい。雨でも寒くても散歩は続けた。それはシャドーイングと再生をただただ繰り返しては歩いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 11月10日は2次試験 祝 東京五輪

11月10日はいよいよ、1次合格者の2次面接がある。基本は09時30分までに集合だ。僕は神田で2回、市谷で2回受けることになり、1次合格から2次合格まで1年が経過してしまった。もちろん、2次は1回で合格するひともいる。実際のところ、僕も、最初の2次試験は1次から2次までの間が2週間しかなく、その当時はまだ現役で社員教育の企画運営から講師選定、いくつかのプログラムでは講師までやっていたので、とても準備には手が回らなかった。皮肉なもので、この全く準備をしなかった1回目の成績が56点で不合格A、その後合格するまでは、この初回が一番点数が高かった。もちろん、本人はどうして、この初回が不合格ではあるが56点だったのか、今でも皆目見当もつかない。なにしろ、独学でフランス語も英語も身につけて来たので、2回目、3回目と落ち続けると、周りに合格者がいるわけでもないので、相談する人がいない。ふたりの娘はフランス語検定も英語検定も準1級を、首都圏の国立大学生だったときに揃って取って以来、それ以上の興味を示さなかった。僕は外国語は、基本的に独学で身につけるものだと思っている。初級から中級まではNHK講座で十分だ。もちろん、それ以上にのレベルについては学校も必要かも知れないが、個人的には必要はないと思っている。僕は何度も書いているが、フランス語は23歳のときに丁稚奉公でパリで一年間鍛えられたので、会話の基本はなんとか身についた。それとて、日本で基礎を身につけていたからだ。英語については、英語圏に住んだことはない。ただ、この丁稚奉公のときに、ロンドンに出掛ける機会はあり、この時初めて英国人と会話をした。お決まりのように、ホテルに近い地下鉄で、会社近くの駅名を言うが、これが通じない。2,3回大声で連呼して漸く切符が買えるという洗礼をまず、受けた。42年も前の寒い11月の夕刻5時頃、空港から市内行きのバスに乗り、ターミナル駅に着くと雪が舞、強い風が吹いていたのを覚えている。初めてのロンドンは寒くて暗く、予約してあるホテルまでとぼとぼとひとりで歩いた。ことほどさように、街と言うのは最初の印象が肝心だ。ロンドンはいつ訪れても、ひどく寒いと言う印象がある。それから18年あまり後、2人の娘を連れてターナーを観る為に新装されたテート美術館を訪れたときも寒かった。テームズ河河畔に美術館が位置しているうえに、厳寒の1月だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

英検1級合格記録 長文解釈及び時間配分

では、パート3の600語2題と800語1題の長文をどう解いたらよいのだろうか?このパート3では1題、2点しか間違いは許されない。きんちゃんの英語学習日記では、昨日のコメント欄で、2011-3の試験で79点で不合格パート2,3合計で14点と書いてしまったが、パート2,3では合計17点だった。この時はパート2では6点中3点しか取れず、パート3では20点中14点だった。3問間違えば6点減点で、その時点でアウトだ。パート2では6点中5点は取らなくてはならない。穴埋め問題は各問題1点の配点だが、3点づつ2題を各8分で解かなくはならない。元に戻って、全問題で使える時間を整理してみよう。

筆記だけで100分だが、90分前後で終わらせるつもりで掛からないとたちまち時間はオーバーしてしまう。

パート1の単熟語では15分以上使ってはならない。

パート2の穴埋めでは各問題で使える時間はせいぜい8分で計16分。

パート3では600語2問にそれぞれ10分で20分、800語に15分で合計35分。

パート4の英作文には25分。そうすると、どんなに急いでも筆記に91分掛かる。

実際は100分ぎりぎりまでかかり、見直すような時間はない。

僕が言いたいのは600語問題2題に、各々10分で3問を解くのも、800語問題に15分で4問を解くのも、速読をし、正解しなけらばならないと言うことなのだ。さらりと本文と問題を一度読み、それから、本文の文脈を解き明かし、もう一度本文と問題を読み比べながら流れに乗り、本文論旨の全体像を掴み取る。ここまで来ると、一問、一問の答えが見えて来る。速読で本文そして問題と、交互に対話しながら答えをだせないと時間も足りなくなる。

速読しながら文脈はつかむ。知らない単語が有ると言うのは論外だ。それが長文解読だと思えば間違いはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

英検1級合格記録 再挑戦なさる方へ  祝東京五輪

10月13日(日)の1級1次試験は終了した。こんどこそは合格すると意気込んでいても、運悪く失敗する方も多いとは思う。2013年1回目の合格者データを県別で見てみると、例えば福島や山形、新潟県あたりでは、最終的に合格者は数名から、県によってはゼロだ。1級1次受験者がせいぜい50名前後と挑戦するひとも元来少ない。仮に今回失敗しても、ドリルを解き続けていれば、経験から言えるのだが、確実に力はついてくる。合格するにはやはり弱点克服が課題となる。単熟語は20点以上を取るのは当然だが、長文解読でも高得点を取る必要がある。パート2と3で22,3点はどうしても必要だ。長文を即時に読み解く力がないと中々合格は覚束ないだろう。たとえば800語問題は完璧に得点する必要があるし、パート1でも6点中、穴埋めでは6点中5点は必要だ。つまりはパート2からパート3で2問程度しか間違ってはいけない。そう、難解長文は短時間で即答、間違いは2割程度が合格の目安だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 独学の悩み 祝東京五輪

2次試験に限らないが、英検1級レベルでは周りに持っている人がおらず、独学に限らず相談する人、落ちたときに愚痴を言う人がおらず、それが少し困った。僕にはふたりの、とっくに独立した娘が,幸いふたりとも近くにいる。2人ともIB(国際バカロレア)をパリで取り、フランス語はほぼ、母語並。英語もバイリンガルを基礎にする私立リセを出ているので、発音も英国風に近い。二人とも帰国後、フランス語と英語の準1級を大学生のときに取った。幸い次女が近くに住んでいるので、2次試験に落ちては愚痴を言っていた。「試験はフォーマットなのだから、いやでもそれに合わせるしかないよ。」とは次女のいつものアドバイスだった。そのほかは関連する優良なサイトを探し、一級をもっているブロガーと連絡を取り合った。それにしても2次が、こんなに大変とは思いもしなかった。発音はいまさら直せない。僕は英語圏に住んだことはない。英国には数百人が同僚として働いていたので、出張は良くしたものの、それだけのことだった。英国にも英語にもさほど興味を持てなかった。普段j話していたのはフランス語だけだったから、英語の発音はフランス語と日本語なまりの変なものになっている。さて、どうしたものか、発音については英国なまりの2次試験用音源を1回の外食費ほどで買い、これは3ヶ月聴いた。これで多少は矯正出来たかも知れない。(?)なんといっても困ったのは、どんな問題が出るのかも分からない10分面接にどう対応するかだった。2回落ちたときは次は本当にどうしようと思った。100題は即興でトピクスを書き溜めたが、これは全く応用が利かず、設問にはまったく対応出来なかった。合格者はどうも、自分で作成したエッセイを300題は暗記して掛かったようだが、これでは、どんなに時間があっても3ヶ月後には間に合わないし、応用も利かない。さて、困った。それでどうしたかは、引き続き、ブログに書いてゆきたい。最終的に合格はしても、その結果はどう見ても成功とはいえない、反省の残る中途半端なもになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

英検1級合格記録 実は難関2次試験 祝東京五輪

1次試験からまた、3ヶ月後を目指す方は気を取り直してドリルを再開していただきたいが、1次試験を突破した方には難関の2次試験が待っている。ただ、2次試験は4回、一年間1次試験は免除されているので、その間に合格を勝ち取るようにすれば良い。僕は結局4回目まで落ち続け、最後の機会で、それも61点の最低点(60点)で合格した。ウェブで発表を見るまで、4回目もてっきり不合格と思っていて、1次過去問を解き始めていた。まあ、それで1次は再度受験しても受かるだろうとは思っていた。さて、2次試験、僕は独学でフランス語も使えるようになり、パリにも23歳で丁稚(のような待遇)に出て実務のいろはを学び、36歳から6年間、今度は支店次長で駐在した。その間英語は全く使っていない。話は元に戻るが、2次試験、2回立て続けに落ちたときはさすがにあせり始めた。独学なのだから、ウェブで情報を探す位しか手はない。周りで合格しているものがいないのだ。いても数十年前の人では参考にならない。英検1級は平成18年を境に試験内容も難しくなり、方法も変わってしまったからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 難関2次試験対策 祝東京五輪

あくまで、僕の狭い経験に基づくものだが、まず2次試験対策参考書はあまり参考にならない。あまりに個人的な感想だとは思うが、僕には全く参考にならなかった。まず第一に1級2次試験対策用の参考書が殆どない。と言うか、英検1級1次を突破する受験生が10%以下なのだから、まあ、買う人が少なければ出版はしない。商売としてなりたたないのだから。英検サイトに県別の1級合格者数が発表されているが、その合格者数データを見て驚いた。2013年度の1回目分の県別合格者の数字だけ出ているのだが、各県軒並み二桁の受験者数で合格者数は一桁だ。山梨県にいたっては、二桁の受験者数で合格者はゼロだ。これでは、対策書などぞろぞろと出版などしない。また、旺文社の過去問3年分、リスニング対策に、おまけのように付いている2次試験用CD。これとて、、とても役に立たつとはとてもいえない。。模範解答スピーチを聞かされても、さてどうしろというのだ。どんな問題が出るかも分からず、もちろん、事前に分かる訳はないのだが、出題範囲がとても広くて、予想を絞りきれない。過去問を暗記しろとはとてもいえないし、10や20トピクスを暗記したところで無駄だろう。仮に似たようなトピクスが出題しても、1分でトピクスを選び、2分のスピーチを組み立てるのだ。問題5問を読むだけでも20秒くらいは掛かる。その後10秒で、どれにするかを絞り込み、残り30秒で構成を考え、発表しなければならない。暗記では、とっさの応用が利かず、かえってスピーチの邪魔にすらなりかねない。沢山の過去問題からモデル・スピーチを数こなせばよいと言うものでもない。2次試験は実は難関です。どんな問題が出ても即興で2分間のスピーチが出来ないと、とつとつと発表するにしても、時間内で語りきらないと合格しません。もちろん、質疑応答にもきちんと結果をださなくてはなりません。実は2次も難関です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

英検1級合格記録 オリジナル・テキスト John W. Dower

Ways of Forgetting, Ways of Remembering. Japan in the Modern World.

Embracing Defeat. Japan in the wake of world war II

1次試験が終ったから書いているわけではないが、日本が本当に自立しようと思ったら戦後の日米関係を個人でも検証しなおす必要がある。政治家にただ外交を任せておくべきではない。 日米どちらの立場にも立たず、事実を積み重ねて行く手法には知られざる事実も沢山出てくる。戦争責任も本当はどっちもどっち。ベトナム戦争のプロバガンダ手法は、満州国のそれとそっくりだとも著者は指摘している。是非一読して欲しい2冊だ。

                               

Embracing Defeat: Japan in the Wake of World War IIWays of Forgetting, Ways of Remembering: Japan in the Modern World

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英検1級合格記録 1次試験終了! 2次にむけて  

昨日の手ごたえはどうだったでしょうか? 筆記で60点を取れれば、仮にリスニングで20点でも合格出来る。何度もこのブログでも書いているが、リスニング試験合格者の平均が34点中27点と言うのは高すぎる気がする。これは帰国子女が平均点を引き上げているのだろう。僕は不合格だった2回の79点不合格時では25点、合格した85点時でも26点がリスニングでは最高得点だった。英作文は一応、設問に合った主旨で200ワードで書ききっていれば18点から20点は取れるだろう。安全圏で18点で想定してみて、それを含み筆記総計で60点以上取れていれば合格だろう。そうなれば、いよいよ2次試験に向けての準備が始まる。僕は立て続けに落ちたので、偉そうなことは何もいえないが、2次試験まで2週間しかないので準備といっても平常心で臨むしかない。1次試験で英作文を数十題こなしているだろうから、それを援用するのがいいだろう。ただ、言うまでもないことだが、口に出して2分で言い切れるかが、合格・不合格の分かれ道だ。僕は最初の不合格では56点だったが、不合格要因は発音が悪いことと話題に沿ってスピーチし切れなかったことのふたつだろう。発音は今も、いまさら直りはしない。そうなるとスピーチしきる。話しきることが一番大切だと思う。もちろん、発音に自信がある方はもちろん、それを有利点として活用したほうが良いのは言うまでもない。歩きながらでも声にだして2分で言い切る。それを繰り返したい。残念ながら、数をこなせばよいというものではなく、簡単な表現で2分で話しきる。大きな声ではっきり話しきる。それが、合格に結びつくコツだろう。質疑応答については、日ごろテレビ番組で例えば、米国の法廷劇などが8割方聞き取れれば、英語か米語が母語の評価委員の質問ははっきりと聞き取れる。そうなれば、後は焦らず受け答えすればよいだけだ。ただ、イギリス語は慣れていないとやや聞き取りにくいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

英検1級合格記録 1次試験当日! 祝東京五輪

試験当日にやるべきこと、または自分なりの当日スケジュールを想定してみる。

06:30 起床、軽い朝食。

07:00 難解単熟語、覚え残し、最後の克服を1時間。

08;00 長文内容一致を過去問から45分で解いてみる。

09:00 出発前の点検、受験票、身分証明書、筆記用具、交通情報を調べる。(写真予備)。

10:30-11:00 余裕を持って自宅を出る。リスニング音源を聞く。車中で単語チェック。

12:00-12:30 会場到着。手続き後教室へ。音源が聴きとリ易い席に着く。

12:30 席で英作文を一題こなす。

13:00 受験書類を速やかに記入。10分でもリスニング音源を聴き集中。

13:30 1次試験開始、最後の大勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月6日 - 2013年10月12日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »